『アーモンドアイ』凱旋門賞断念は本当に正論なのか?

アーモンドアイ

【美浦トレセン発秘話】アーモンドアイ陣営が「ベストのレース選択ではない」との理由で凱旋門賞断念を先日、表明した。

17日、シルクホースクラブのホームページで今年の凱旋門賞の登録を見送ることが発表されたアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄厩舎)。 ...

ビジネス的な観点から言えば「正論」だろう。年商100億円も夢ではない種牡馬と違い、一年に一頭しか子供を産まない繁殖牝馬に付加価値たる勲章は不用。夢への挑戦よりも、無事に血を残すことが牧場にとっては重要である。

それでも…。忘れられないのは、ドバイ遠征中にクリストフ・ルメールが目を輝かせて語った次の言葉だ。

「今まで乗った中で一番強い。ボウマンのウィンクス、スミスのゼニヤッタ、キネーンのシーザスターズ…。アーモンドアイは僕にとって、そんなホースオブライフになってくれる存在だと思う」

昨秋、ジャパンCを世界レコード(2分20秒6)で勝った際には、こんな見解も示した。

「どこからでも競馬ができる万能性、切れ味、スタミナ…。彼女はすべてを持ち合わせたパーフェクトな馬。世界のどこに行っても対抗できる能力を秘めると信じている」

だからこそ思う。ビジネスではなく、スポーツの観点に立てば、その可能性にふたをする行為は競馬史において大きな損失ではないのかと。

例えば大谷翔平は、2年待てば総額2億ドルの大型契約が可能でありながら、わずか55万ドルで海を渡った。そのリスク覚悟の挑戦が間違っていなかったことは、新人王のタイトルが証明した。

ベーブ・ルースが100年前の人物であったように、歴史に挑める才能は、そうそう出現しない。

かつて国枝栄調教師が「10年に一頭どころか歴史的レベルの一頭かもしれない」と愛馬を称したことを思えば、今回の決定には、どうしても無念さがつきまとう。

おそらく文化の違いもあろう。同じ牝馬でも英国のエネイブルは凱旋門賞連覇後も現役を続行。豪州のウィンクスに至っては8歳まで走り続け、GI連勝記録を「25」に伸ばした。

13日、オーストラリアのランドウィック競馬場で行われたクイーンエリザベスS(G1・芝2000m・9頭)はH.ボウマン騎手騎乗、今回がラス...

性別を問わず可能性にふたをしない――。そのチャレンジ精神を育むのは、競走馬へのアスリートとしてのリスペクトだ。

かつて日本には「凱旋門賞に汚点を残した」と叱責を受けた名馬もいた。歴史的挑戦に勇気がいるのも確かである。

改めて言おう。競馬はビジネス絡みのスポーツだが、その原動力は言わずもがな馬券の売上金にある。ゆえにファンの夢に寄り添うことも重要な競馬ビジネスだと思うが…。

果たしてJRAを旗頭とした日本の競馬は、この先どこに向かうのだろうか。

参照元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000073-tospoweb-horse

名無しさん
合わぬ海外レースで怪我でもして血統を残せぬ方が大きな損失や
*****
>スタミナ
あれ?
スタミナはないからドバイターフにしたって言ってましたやん。
名無しさん
競馬ファンの当然の意見なんだよね
でもここに書き込みする奴はダメな理由だけ探してやめることだけ書くw
こういう連中てなんか始めようとしてもダメな理由見つけてなんもしなかった連中じゃないかなw
名無しさん
残念ながら、すべてはオーナーが決めることです。
それが大谷翔平選手のことと根本的に異なります。
アーモンドアイ自身が凱旋門賞に出たいと言うのでしたら、別ですが。
名無しさん
リスクを背負わず、夢だけ追っていれば大丈夫な立場。
ビジネスだしリスクを背負ってるし、夢だけ追っていられない立場。
観点が違うから見解が異なるのは仕方ない。
こうしてああだこうだ言うのも競馬だね。
名無しさん
賞金額から言えば、ドバイワールドカップの方が凱旋門賞よりも格上ではないか?
日本馬に不向きな重い芝ではあえて戦わないというのも、有力な考え方だと思う。
逆に軽い芝の日本のジャパンカップに欧州の有力馬は最近は来なくなった。
名無しさん
渡航費を誰が負担するか知ってるんかこの記者は。凱旋門賞を招待レースと勘違いしてるんじゃないか?
名無しさん
正直距離適性が不安だな…試しに長距離使ってから判断したいところだけど、体力の消耗激しい子なので、テストレースすら難しいのが現実だ。
名無しさん
昔と違って今の凱旋門賞の価値ってそこまで無理して取りに行く意味あるのかなって思う。
凱旋門取らなくても日本馬のレベルはトップレベルと認識されて来てるし、逆に外国馬がジャパンカップ来ればよい。
名無しさん
ファンの夢に寄り添おうが寄り添うまいが、馬券を買う人は買うし、買わない人は買わないのです。少なくともファンや記者よりアーモンドアイのことを解っている関係者の決断なのだから、外野がとやかく言う必要もないかと。慣れぬ海外遠征から帰ってきた途端、腑抜けになられても困るし。
名無しさん
この筆者は自分の視点でしか物事を見られない根っからのアホだね・・・オレと同類
名無しさん
競馬を知らない人でもアーモンドアイを知ってる人はいる。
そんな競走馬は日本に何年に一度かにいる。ディープ、キタサンブラックなど。ビジネス関係無しに夢見ろや。だからファンが離れるんよ
名無しさん
いわゆる使い分け、社台はよくやるけど、海外でやってほしくない。
ドバイWC勝った時だって、トランセンド、ブエナビスタ、ヴィクトワールピサ3頭を送りこんでやっと勝てた。
当時は馬券を売ってなかったけど、売ってたら間違いなく3頭の中で一番人気がなかったヴィクトワールピサが勝てた。
単に一番強い馬が行けば勝てるってものじゃない。競馬だから。
名無しさん
JRAに別に責はない。
ひとえに吉田ファミリーの都合。
名無しさん
すべてを知っているのは、騎手でなくて、調教師。。。
名無しさん
この記事でそういう考えを植え付ける事の方が大きな損失をうむと思う。何頭も凱旋門に出たあと戦績が悪くなったり、本来のポテンシャルを出せずに終わってしまった。結局はオーナーが決める事。大谷は自分の意志で決めてやった結果。根本的に違う。
名無しさん
凱旋門賞にこだわりすぎ。
陣営がアーモンドアイに適さないレースと判断したんだから、それを尊重すべきでしょ。
強い馬が出てきたら適性に関係なく凱旋門賞のことを論じ始めるのはやめてほしい。
名無しさん
輸送で疲れたりレース後の消耗の話聞いたら断念が悪いとは思わない
名無しさん
まあ適当な理由を後から付けてるけどビジネスだろうね。
一口馬主仲間たち含めて一切意見を求められる事が無かったし。他の馬の時はアンケートみたいなもんが来る時あるんだがな。
名無しさん
金より夢を追って欲しかった。
競走馬の体を考えた結果なら致し方ないけど。
名無しさん
それについては、色々な意見があって当然だと思いますし、最後にはオーナーの意向ならば仕方のないことです。
ただ、凱旋門賞に挑戦する以上に不安な点として、日本の馬場を走らせることの危険性だと思います。
昨年のジャパンカップのように、競馬ゲームのような時計で走って、よく無事だったなと思ったものです。
名無しさん
日本調教馬史上最強牝馬の可能性すらあるかもしれない馬が遠征で潰れて
しまう可能性だってある。もしそれが起こったらそっちの損失の方が大きい。
それに走りのスタイルから欧州の馬場はまぁ合わないだろう。
馬にとって合う環境をしっかり選ぶのが陣営の役目でもある。
この記事書いた人アホですな。
名無しさん
これも競馬。
ROKUSU
オーナーが決めること
日本で何戦か観れるしそれも良し
名無しさん
どちらにしてもファンに向けて簡単でもいいから理由は言って欲しかった気がしますσ^_^;
あと来年でも良いと言う理由ならどんなスポーツでもそうですけど良くも悪くも一年で変わるので来年行く気なら今年行った方が良かったと思います。
名無しさん
フランスの馬場とあちらは雨季。日本の競馬とフランスの競馬は異種競技。
名無しさん
馬の体質や健康状態を優先にされた結果でしょうし、凱旋門賞断念は全く悪い選択ではなかったと思います
東京芝2400を2分20秒で走るような馬が凱旋門で好走するわけがないのは一目瞭然
競馬歴のある奴なら誰だってわかるだろうと思う
名無しさん
調教師が距離が長すぎるというのであれば無理。
さらに長い芝、馬場が重すぎる。
妥当な対応。
名探偵コメソ
フランスで凱旋門賞を勝たせてもらえていない事実も、加味しているのだろう。
名無しさん
クラブ馬だし東京の2400のレコード出す馬がロンシャンに合うかと言えばかなり疑問
ファンの期待だけではこの馬が凱旋門賞走らせないといけない根拠にはならないと思う
遠征のリスク、負担を軽く考えてないか?
名無しさん
勝てないからね。
あの長い長い直線じゃ無理だね。
惨敗して馬が駄目になるのを考えれば当然行かないほうがいいの。
名無しさん
クラブの馬だから仕方ない、個人オーナーだったら行ってくれたかも。
でもキタサンブラックも結局国内専念だったしな。
競馬はまずはビジネスだよね。
名無しさん
結局は一口オーナーの事を考えれば欧州遠征がネックになるんだろうな。欧州だけじゃない、海外遠征自体がネックなんだろう。
それで次走は安田記念・・・。万が一超不良になったらどうするんだろう。
ここは手堅く牝馬G1路線で一口オーナーを喜ばせた方がいいのでは。
ヴィクトリアマイル→エリザベス女王杯→ジャパンカップで引退。
名無しさん
凱旋門賞へ行くなら3歳で行った方が良いのだけれど日本の場合、3歳で古馬を含めてもおそらく現役最強と謳われる馬は、大抵JCを目指してそこで結果が伴うといよいよ来秋に凱旋門賞という流れですよね。日本の場合、風土や気候の違いもあり欧州のような馬場の競馬場を作ることも難しく時代を逆行するようなタイムが遅くなる競馬をJRAが目指さないですよね。ともあれ今後は国内専念でJC2連覇を最大目標で有馬で引退でしょう。
名前はありません
馬はオーナーのもんだからな。個人馬主なら浪漫を求めるのもありだが
でもそれも周りが強要するもんじゃないよ
損失がどうとかいいつつ浪漫を押し付けてないか?
名無しさん
凱旋門に執着するのも
ビジネス優先するのも
両方人間のエゴだろ。
アーモンドが無事に引退まで
走れるレース選択を
名無しさん
日本人の凱旋門賞崇拝が理解できない
日本で走ってくれるんだからそれでいいじゃん
凱旋門行っておかしくなった馬を何頭も見てきたと思うんですが
名無しさん
この人競馬というものを知ってるの?
上っ面しか知らないとしか思えない。
名無しさん
文句があるならシルクへどうぞ
名無しさん
勝算薄いのわからんのね。行けば勝てると思ってるバカ。
S
ただでさえ脚元に不安が残る馬であるのに、夏明けぶっつけで凱旋門使うことのメリットが理解できない。
ローテーション的にも桜花賞→オークス、秋華賞→ジャパンカップ以外は2ヶ月以上間隔空けて使っているのだから、海外渡って競馬して帰ってきて1ヶ月余りでジャパンカップ使う訳にはいかない。
賞金的にも日本のG1より高額に設定されている海外G1は稀。
日本を代表する馬と言えどクラブ馬、繁殖も期待されている中リスクを背負う必要は全くない。
日本馬の海外遠征は積極的に行うことは良いことだと思うが、ドバイや凱旋門勝つことが最強の証ではない。
名声をいかにして保つかも競走馬を生かす仕事の一つ。アーモンドアイには無理なく頑張ってほしい。
名無しさん
大丈夫。
そんな大それた損失でもない。
いずれは牡馬でもっと良い馬が出てきます。
名無しさん
ドバイ行ってフランス行ってなんて馬が可哀相だ。
名無しさん
ノーザン忖度記事
名無しさん
クラブ所有馬だし、出資者が全員が全員ロマンチストじゃないだろうし難しいだろうね
ニーガン
オルフェが無理なら他は無理だと思っていたが、この馬なら期待できると思っていたから残念です。
D.O.D
個人的には、G17勝の壁を突破して欲しい。
名無しさん
今回は英断だとおもうけどね。
ドバイで最後は差を詰められた。
馬なりとはいえもっと突き抜けるかと思っんだが。
今までなら考えられなかったので、重い馬場では不安があるんではないのかな。
名無しさん
アーモンドアイのミオスタチン遺伝子はCT型なんで、凱旋門賞は流石に厳しいかもしれません。
サートゥルナーリアも同じCTなんで苦戦するかもしれませんが…
名無しさん
エネイブルもウィンクスも遠征せずに国内のレースでひたすら賞金を稼いでるんだから、アーモンドアイよりもビジネスに徹してると思うが。
名無しさん
アーモンドアイは馬主のもの
馬主がそう判断すれば我々は何も言えない
まあ、2400はベストの距離ではないんだろうな。でも見たかった。
名無しさん
例に上げてるウィンクスはオーストラリアから出なかったけどな
名無しさん
単純にドバイで底が見えたと思うけどな。
JCまでは追えばもっと伸びて凄いのかと思っていたが、
ドバイであれだけ追っても大して伸びずにヴィブロスには
迫られてるようにも見えた。
見えてなかった底は思ったよりも浅かった。
名無しさん
単なる逃げただけ。行く気だったから凱旋門賞と発言したはずやで。
名無しさん
同意 アーモンドアイには 凱旋門賞に出てほしかった。
でも足の震えとかを考えれば しょうがないのかもしれない。頻繁にレースを使えないというのも気がかり 大事故になったら 終わりだ。自分の才能に体がついていかなかったのではないのか?成長すれば 普通の馬のようにレースを使えるようになるのかもしれない。
そして凱旋門賞を走って欲しいと私は思う。
名無しさん
ノーザンの使い分けというのもあるかな。
サートゥルナーリアが登録した時点でアーモンドアイの回避が頭をよぎった。
牡馬で勝負になる馬が出てくればわざわざ十分実績を積んだ牝馬にリスクを負わせる必要はないだろう。
名無しさん
シーマクラシックじゃなくて、ターフに出走すると決まった時からそんな気がしてた。
仕方がないと言えば仕方がないが、それでもやはり凱旋門には挑戦して欲しかった。
馬場適性が無いのはディープもキズナも一緒。
それでも果敢に挑戦したわけで、当時凱旋門挑戦を非難する人など皆無だった。適性云々では片付けられないでしょう。
繁殖牝馬に名誉は要らないなら、名血の牝馬はみんな走らせなきゃいい。
故障でもしたら大損害などと言うなら、本格化前で体質に不安がある3歳馬はどれだけ強くて権利があってもダービーパスしろって話になる。
そうじゃないから、競馬は面白いんだと思う。
名無しさん
武豊は騎手生活で最高のパートナーの
ディープインパクトで凱旋門賞に挑戦できた。
結果は3着入線、失格で今も一番悔しいレースと
公言している。
ルメールは挑戦すらできずに終わってしまい
敗戦以上に悔しいだろうな。
アーモンドアイ以上のパートナーに巡り合う事を
今後の楽しみに頑張って欲しい。
名無しさん
ウインクスも豪州専門だし、俺はいまいち評価してないけど。
ファンとしては見てみたかったけどね。
競走馬は人間よりセンシティブな生き物だし、怪我のリスクや調子を落としたら戻らないこともあるしね。
使って怪我したり、調子落としたら責任取れないよね。
事実、海外遠征からふるわなくなる馬も結構多いですし。
名無しさん
アーモンドアイの体質を考えれば鉄砲で凱旋門賞しかない。距離コースともにベストではないなかどういう走りをみせるか見てみたかったけれどクラブ馬として遠征を断念する気持ちはわかる。
ハットトリッカー
あれだけ強いパフォーマンスを見せてくれても、陣営が下した判断は、か弱い女の子って事。ならば無理をして欲しくないと、多くの競馬ファンは願っていると思いますよ。
個人的には安田記念でのアーモンドアイvsダノンプレミアムの方が楽しみです。また、国内でなかなかGIに手が届かない馬達が、海外のGIへ積極的に挑戦するのも楽しみの一つかもしれません。
名無しさん
馬の事を思えば英断だと思う
ファンは凱旋門賞という呪縛にとらわれすぎ
名無しさん
競馬ファンの夢として気持ちは理解できる。
ただ、現実問題を考えると手放しで挑戦しろとは言えない。ましてや個人馬主ではなくクラブ馬という点でも慎重に判断せざるを得ない。
名無しさん
>ビジネスではなく、スポーツの観点に立てば、
そもそも凱旋門賞断念は、ビジネスの観点に立っての判断なのか?その大前提がズレてる時点でワケのわからない記事と言わざるをえない。
名無しさん
それでいいよ.日本でもっともっとその勇姿を見せてくれ!
名無しさん
全部的外れ。スポーツ選手は死ぬ事はない。エネイブルの凱旋門連覇ならアーモンドアイはジャパンカップ連覇で同じでしょ。
どう考えても凱旋門向きじゃない。悪いイメージが大き過ぎる。
ビジネスじゃなくて愛情だと思うんだけどなぁ。
名無しさん
アーモンドアイは、1800~2000の高速馬場が最良の舞台。
ロンシャンの時計のかかる深い芝の2400は専門外。
秋は日本の天皇賞2000が最大の目標で良い。
凱旋門賞は、世界一決定戦ではない。
3歳馬と牝馬に極端に軽いハンデを与え、セン馬は出場不可。
だから日本以外、わざわざ遠い国からの参戦は少なく、優勝は過去全てヨーロッパの馬。そして、極端に優遇されている3歳馬と牝馬に片寄っている。
名無しさん
クラブの馬だし、出資している人も沢山いるのだからファンの思う通りに行かないこともある。競馬はスポーツではないからね。
名無しさん
ナカヤマフェスタでも2着に来れるレースなんでそのうち勝つこともあるでしょう。
名無しさん
競馬史やファンの思いなんかよりアーモンドアイの身体の方が大事だわ。
凱旋門賞はたしかに残念だけど、断念もやむなし。
名無しさん
彼女に合わないレースに出ない。
そろが何がわるい?
馬を大切に。
名無しさん
アーモンドアイには凱旋門行ってもらいたかったですが、ほぼ一代限りの野球と一緒にしてもらいたくもないです。
コンポタ
出るって期待させておいてやっぱり辞めるっていうのがね
名無しさん
安田にも出さんだろ
吉田くんちが決めるの!
国枝は馬糞掃除だけしてればいいの!
天栄のオッさんがロンシャンに出張だって
クラブ法人だろうが友達名義だろうと吉田くんちだけで決めるの!
ファンなど銭だけ落としてればいいの!
JRA?
トレセンより施設も医師もスタッフも
吉田くんちの方が優れてんの!
吉田くんと仲間たちファースト️
名無しさん
ドバイターフより賞金が安いのに圧倒的に勝ち辛く(能力ではなく適性の問題)、圧倒的に体への負担が大きい凱旋門賞に出る意味などない。
日本人の凱旋門賞への拘りには合理性がない。
単なる妄執。
凱旋門賞に出ないのは全く損失ではない。
競馬環境が刻々と変わっているのに日本人の凱旋門賞への妄執はなかなか変わらない。
名無しさん
金よりロマン的な記事の論調だが、陣営がローテとか諸々を勘案した上の判断だろう。まぁ見たくないかと言ったら見たい気持ちはあるけどね。
名無しさん
記者競馬勉強しろ。
アーモンドアイはフランスの馬場は無理だって。
むしろ陣営は正解。
たぶんこの、記者ハープスターで凱旋門勝てると思ったレベルだろうな。
精進しなさい。
名無しさん
58キロでタフな馬場を2400走るって
どう考えても不利だろう?
夢や思いだけでチャレンジできるほど甘くないでしょ?
実際にはノーザンFが勝負なると思う馬を連れていく判断して
アーモンドは断念したのだからチャチャ入れること言うのはナンンセンスだぜ!
どう考えても3歳で出れるサートゥルナーリアが有利でしょうに!
名無しさん
凱旋門に行かないなら、徹底的に国内G1を勝ちまくって大記録を使って欲しい
安田、秋天、ジャパンカップ、来年のヴィクトリア、安田
これでG1を10勝
名無しさん
凱旋門賞制覇。生きてる間にみたいです。
アーモンドアイが出ないならまだ分からないけどサートゥルナーリアを全力で応援します。
アーモンドアイも国内で素晴らしいレース期待してます。
名無しさん
同意するところも多々あるけど、行っても勝てないと現場のプロが判断したんだろうから仕方ない。でもこれで安田も逃げたら興醒めだわ。メンツ見て宝塚に切り替えそうだけど。
名無しさん
体質的に今回は賢明な判断だと思います。今後体質が改善されるなら、別に来年でも何ら問題無い話し。人間の、いや日本人のエゴで凱旋門賞に今挑戦すべきで無いはず。素人の煽るような記事の方が大きな損失では?
名無しさん
ウィンクスもゼニヤッタもシーザスターズも、適性が分からない東洋のレースに出走することは無い。
アーモンドアイは、中山や阪神を避けるようなローテーションで、次走は安田記念が有力視されている。
そのような馬が、招待競走でも無い凱旋門賞に出走するのは、馬鹿げた話だ。
アーモンドアイが、秋の天皇賞やジャパンカップに出走せず、適性が疑われる凱旋門賞に挑戦をして、良い結果を得られないことの方が、それこそ大きな損害だ。
馬の全盛期は非常に短い。
得意の東京競馬場で、無双の走りを見せるのも、ファンにとっては嬉しいことである。
名無しさん
確かに出走して欲しいと思うのは競馬ファンの夢だけどやっぱり先の事を考えたら致し方ないのかもしれない。初戦がドバイターフで勝ったとはいえ最後脚部がふらついてたからね。シーマクラシックだったら怪我してかもしれない。凱旋門は斤量が牝馬でも3歳で日本の牡馬位4歳だと日本では先ずほとんど背負う事ない58kg今の彼女には厳しいです。
名無しさん
陣営の回避理由「ベストのレース選択ではない」が額面通りではなくビジネス優先だと断言してる理由が妄想レベルじゃん
牡なら種牡馬で年商100億狙える?
そりゃ狙えるがどんだけ海外遠征しようが競走実績積むだけじゃ不可能
過去レーティングを下方修正させるような競走実績のフランケルでさえ初年度1、600万、無理して250頭種付けしてもたった40億だ
年商100億なんて数字はサドラー、ガリレオ、ストームキャット、タピット等の歴史的な種牡馬実績を重ねた者のみが到達できるラインだ
名無しさん
輸送の疲れや体調が戻らないままレースして、成績落としたくないと思うし、もっとも危険なのは、怪我をする事だもんね!一番悔しいのは、関係者だと思う。
昔、ホクトベガが海外に遠征しドバイで落馬骨折で安楽死した記憶があり、今もドバイの地で眠ってる。
人生は全て自己責任
ロンシャンはパントレセレブル(2.24.6)、シンダー(2.25.8)、バゴ(2.25.0)、デインドリーム(2.24.49)とかが勝った年は結構馬場パンパンだったけど、モンジュー(2.38.5)、ソレミア(2.37.68)が勝った年なんかは有り得ないくらいの極悪馬場。行ってみないとその年の馬場が硬いか柔らかいかなんてわからんからね。馬場がパンパンのロンシャンならアーモンドアイは余裕で勝てる。
エルコンドルパサー(モンジュー勝った年)もオルフェーヴル(ソレミア勝った年)もよくぞこんな極悪な馬場に対応したよね、本当に強い歴史的名馬。それに引き換えレイルリンク(2.26.3)が勝った年のそこそこ硬い馬場で3着にしかなれなかったディープインパクトはショボっ(笑)完全なる過大評価馬かつ内弁慶の駄馬。日本馬が硬い馬場で勝てないとか話にならんわ。緩い馬場だったら惨敗してたろうよ。
くだらないの中に
陣営の判断は理解できるものだと思います。本当に本気なら3冠牝馬の肩書きを捨てて3歳で挑戦するのがベストのタイミングであるはずだったとも感じます。
エネイブルがJCに来て勝負にならないと判断するのと同じで、5秒も6秒も時計が違うロンシャンの馬場で通用する確信が持てなかったと言うことだと思います。日本で史上最強の牝馬として君臨し後世に語り継がれる馬になるのも一つの正解だと思うのです。
名無しさん
正直に言うたろか?4歳になって思ったほど伸びなかった。ドバイは能力で勝てたけど、凱旋門はたぶん勝てない。そう陣営が判断したんだよ。勝てると思ってるなら問答無用で行くでしょ。
名無しさん
仮に凱旋門賞に出て負けて、そこから崩れたらそれも批判される。回避して国内G1を勝ち続けたら絶対凱旋門賞取れたのに!と愚痴られる。
ファンは好き勝手言ってればいいけど馬主さんや厩舎の考えが結局一番正しい。
名無しさん
最近の有力馬が無理に凱旋門に行っておかしくなって、国内でダメになってることを考えれば回避はあり得るし凱旋門至上主義もやめてほしい。BCターフの選択肢もあると思う。国内が盛り上がらなければ本末転倒だから。
ただなぜ安田記念なんだ?確かにマイルがいちばん強いかもしれない。でもJCをあんな勝ち方をした馬が王道の距離を走らないのは理解できない。レイデオロとの使い分けなら興ざめだし、暑さに弱いから出ないなら弱すぎる。JCでは牝馬じゃなくて日本競馬の最強馬論争に終止符を打てる馬だと確信したのに。ディープやオルフェ、オペラオーにルドルフその他の論争に上がる馬たちが通ってきた道から逃げないでほしい。
出るべきレースに出ない馬にはG1をいくつとっても論争に加わる資格はない。秋は海外に行かないならきちんと王道G1を3戦使ってほしい
名無しさん
凱旋門は3歳馬じゃないと日本馬は勝てないよ。
斤量はでかい。
名無しさん
シーマじゃなくてターフに出走させた時点で陣営は凱旋門賞に連れて行くつもりはなかったのでしょう。日本の馬場はスピードに特化されつつあるから日本でいくら成績を残しても欧州で通用するかは疑問ですよね。
名無しさん
単純に世界一のレースで勝った馬が世界一。
か弱い馬はそもそもレースに出れないんだから、世界一にはなれない。
名無しさん
今後日本でG1を勝ったとしても、物足りなさや晴れない気持ちが残るような気がします。ただ、一方で理屈では無く感覚や嗅覚なのですが、ドバイターフを観戦して、凱旋門賞は勝てない気がしました。例え負けたとしても、実子や弟妹に夢を託せばよいだけかもしれませんが、馬主や調教師はもっと深い考えがあるのかもしれませんね。今はその考え方を楽しみに待つしかありませんね。
名無しさん
アーモンドアイも故障がなければ
クラブの規約で決められている年齢までは現役生活を続けるだろう。
エネイブルやウインクスを例に挙げているがこの記者は何を言いたいんだろう?
アーモンドアイが今後日本競馬で走り続けて何が悪いのか?
名無しさん
まあ出走しないのは理解は出来る。
3歳春以降すべてG1ぶっつけで、間隔空けた方が良いとすれば、本番前にロンシャンを経験させるには日程的にはかなり難しい。
かと言って凱旋門賞にぶっつけはディープでもダメだったし。
回避の最大の理由がレース後の体調不安だとすると、凱旋門賞以外の他の国のレースも厳しいのかな。
アメリカのBCシリーズとか勝ち負け出来そうだけど。
名無しさん
ドバイのレース後に脚がガクガクで立ってるだけでも精一杯だったとの記事を何かで読んだことがある。その体力で凱旋門賞に出たら故障するでしょ。馬を大切に思ってるからこその判断だと思う。この記事の意見には反対である。
名無しさん
改めて言おう、
競馬に限らず全てのプロスポーツはビジネス絡みであるということを。
それにしても、好き放題に書いてくれた記事だね。戦績だけ見て勝手に期待して、回避したら勝手に落ち込んで…
競馬を知る人は勇気ある回避とむしろ褒めるとこでしょ?
国内専念なら安田記念やJCを盛り上げるように報道しろよ!!
名無しさん
夢で食えれば苦労しねーよ。
名無しさん
凱旋門賞に拘り続けている事も日本の競馬界にとって大きな損失だ。
アーモンドアイを欧州で見てみたいけど、それは凱旋門賞じゃなくてもいい。
適距離に同格のレースはある。
私達はただのイチファンでアーモンドアイになんの権利も持っていない。
文句があるなら自分で馬主になって挑戦するしかない。
私は陣営の選択を尊重します。
名無しさん
まぁスポーツカーを無理にオフロードレースで競わせる必要は確かにないわな。
名無しさん
ファンもそこまで馬鹿みたいに凱旋門に固執してない
名無しさん
キタサンブラックのように凱旋門から
逃げるのではないことは確かであるが
また日本馬の勝利が遠のいたのは間違いない。
サートゥルナーリアが目指すというので
引いたわけでもないのであろうが
この撤退は世界の競馬ファンを裏切った形になった。
ディープのように引退まで勝ち続けることが
この馬に課せられる重圧となる。
世界のアーモンドアイにはなれなかった。
名無しさん
ファンとして残念なのはわかるが,レース選択権はオーナーにあり、共同馬主となれば利益追求するのは当然の選択なのではないでしょうか。
単独馬主ならば夢とか勲章を求めることも可能でしょうが、凱旋門賞の賞金に遠征費用を差し引いた分と秋に日本で数戦走って得られる賞金を想像すれば日本で走ったほうが利益出るのは明らか。
ドバイの時期は日本でも合うレースが大阪杯くらいしかビッグレースないし遠征したんでしょうね。
名無しさん
凱旋門賞を勝てるとか勝てないとか、ロンシャンの馬場が合うとか合わないとか、その辺の議論がシルクレーシング(共同馬主さんによる所有)の中でも意見が別れ、結果的に遠征競馬のリスクや必要経費の部分も含め、断念したのが本音のところだと思います。
個人馬主さんの所有馬であれば出走の可能性も高かったのでしょうが…。
共同馬主の場合、所有した段階で育成プランから出走レースのパターンを複数検討し、共同馬主全員で合意の上で進めて行けないと難しいんだと思う。
名無しさん
こんなことならシーマクラシックに出てから考えればいいものを。そもそもターフに出走してる時点で凱旋門出ないのは既定路線に思える。
日本でキセキやレイデオロ、ダノンプレミアム、サートゥルナーリアと対決があるならそれはそれで楽しみだ。
名無しさん
凱旋門賞なんてただのローカル長距離G1。春天と同じで一流馬は見向きもしない。いい加減、凱旋門賞崇拝はやめて欲しい。
名無しさん
毎回レース後に熱中症になる馬を意思疎通のしにくい海外へ遠征させるのはリスクがあるという判断なんじゃないの?ドバイでもすぐに水浴びさせたくて勝己がすごい表情になってたし。まあ、日本にくらべたらヨーロッパは涼しいんだろうけど。
アーモンドアイの体質に触れないし、ライターの願望前回のクソ記事に見えてしまう。
名無しさん
競馬史においては損失だと思いますが
それは人からの目線で考えた結論だと思います。
確かにドバイでのレースを見る限り
凱旋門賞勝てるかと言えば疑問が残るレースだと思いました。
このまま凱旋門賞に駒を進めてもキツイマークに遭いバランスを崩して骨折してしまう方が競馬界にとっては損失の様な気がします。
競走馬は箔を付けるだけが生きる価値ではありませんので
馬目線で考えたらこの選択も仕方ないと思います。
名無しさん
適性の有無が分からないレースにアーモンドアイを使うリスクより、リスク覚悟でハクを付けさせたい馬が他にいるって事でしょうか。
生産&所有の絡みはよく分かりませんが。
ここ数年でも遠征後にパフォーマンスを落とす馬もいますし、難しい問題ですよね。ビジネスとロマンは水と油ですし。
名無しさん
欧州馬場への適性が、とか遠征費が、とか意見は色々あるけど、やっぱり現役最強馬が凱旋門賞に出ないのは残念だよ
名無しさん
アーモンドアイは凱旋門賞よりBCターフ辺りに行けばいい勝負ができると思う
そこに今年もエネイブルが出てくるならフランスで戦うより絶対有利
名無しさん
JC勝利直後からは凱旋門賞が既定路線のようだった
ルメールはドバイ勝利の後も当然行くものだと思っていただろう
今更「ベストのレース選択ではない」というのは嘘だろうね
そんなのJCの時点で分かってないとおかしいはずだし
東京2400mを圧勝する馬に適性がないと言うのなら、
もうダービー・オークス馬は連れて行けないことになるよ
つまり日本におけるチャンピオンホースは今後も含め全て無理と
まあ、それもある意味間違ってはいないんだけどね
少なくともサートゥルナーリアじゃ話にならないだろうし
本当のところの回避理由は知りようもないけど、
可能性を感じる馬が挑戦しないなら勝てる日が来るはずはないし、
勝とうという気運もやがて失われて行ってしまうかも知れない
オルフェに夢を見たあの年からもう6年が経とうとしている
世間はいつまでも待たないし、注目度も年々下がっていると感じる
非常に厳しいね
hgats
陣営が勝てないと判断したんだから無理に決まってるやん。
むしろ惨敗して価値を下げない為のいい判断だと思う。日本とか香港で走ってればいい。
名無しさん
体が弱いってわかってんのに無理矢理走れ取り消すのは損失ってこの記者バカか?
名無しさん
少なくとも凱旋門賞はオルフェーブルくらいの怪物クラスか欧州馬場に一番近いと言われている札幌競馬場を得意とした馬でないと勝つのは厳しいだろうね
特に日本のダービーやオークス、ジャパンCは高速馬場の府中開催
このレースで結果を残せても正反対の馬場特徴を持つ欧州では勝ちきれないのが事実だろう
やはりオルフェーブルが凱旋門賞を勝ちきれなかったのが痛かったな
名無しさん
エネイブルは海を渡りブリダーズカップターフを手にして尚、凱旋門賞3連覇に挑む。
エネイブルとの顔合わせはこれが最後のチャンスだったであろう。
過去にも観たくても実現しなかった対戦はいくつもあったが
(フランケルvsブラックキャビア フランケルvsオルフェーヴル等)
今回は行けば確実に対戦できただけに惜しまれる。
ウィンクスは先日引退してしまったが、香港の名馬ビューティージェネレーションがチャンピオンズマイルの結果次第で安田記念に参戦。
アーモンドアイとの対戦を熱望している。
アーモンドアイがここも回避なんてことにならないことを切に願う。
名無しさん
そもそも凱旋門勝つ事が
日本競馬史において本当に価値がある事って
言い切れる事自体が
日本競馬史において恥だと思うよ。
名無しさん
なんだ、この中二の日記みたいな記事は。レベル低すぎ。ドバイのレース見たら、余程愚かな馬主以外、凱旋門は無いよ。しかも、同じ馬主さんが、他にも凱旋門行く馬いるんだし。そもそも。これで凱旋門に行って、ホクトベガみたいになったら、記者さん、責任取れるの?
名無しさん
これから先、アーモンドアイが凱旋門賞に出ていたら、どういう結果だったかの議論に盛り上がるのもまた一興。
通りすがり
この馬の断念の理由を真に受けるなら、
フィエールマンを登録する意味が分からない。
アーモンドアイは間隔を空けながらも目標のレースを使えてる。
フィエールマンはそれすら難しい状況じゃないか。
ゲホゲホ
勝てるわけがないんだから無理する必要はないですよ
名無しさん
怪物エネイブルに凱旋門という舞台で勝つのは無理なので、当然の選択だし、凱旋門だけが、海外における有名レースではない!
ただ、参戦が予定されている国内復帰戦の安田記念には、ダノンと香港の世界最強マイラーが参戦しそうなので、下手に負けるくらいなら、安田記念も回避した方が良いと思います。
名無しさん
凱旋門賞は重ハンデ戦。
まず、4歳以上オスは世界最強でも勝てない。
60キロを超える重量を背負わなきゃ、万が一59.5をレース後に割った場合、失格にすぐなるからだ。
そんな重量では、当然パフォーマンスは出来ない。
逆に裸同然の3歳メスは普通は勝てるし、勝てない3歳メスは大したことはない。
ついで、3歳オスが明らかに有利。
4歳以上メスが続くが、メスで58キロ。
天皇賞春のオスと同じ斤量になるので、トレヴら連覇した馬もパフォーマンスは落ちた。
アーモンドは、58キロを背負わなきゃならない。
それが一番の懸念材料だったろう。
ドバイのレースは、ドバイワールドカップならばともかく、あのレースは日本G2くらいだろう。
アーモンドは58キロを背負って、あのレース以下のパフォーマンスになると、まず3歳メスには勝てるわけないからな。
名無しさん
ベストなレース選択ではない、と言っているのにしつこくないですか?
僕も正直、海外では彼女の強さの100パーセントは出せないと思いました。「衝撃」とか言ってますが、海外でのジャスタウェイとかエイシンヒカリ、ロードカナロアの勝ちっぷりと比較して物足りなさを感じた人も多かったでしょう。
凱旋門賞で惨敗して、レース後ぶっ倒れる可能性もじゅうぶん考えられましたので、むしろホッとしたぐらいです。
名無しさん
ノーザンファームグループのレイデオロとの使い分けが大きいのだろうが、2410mのドバイシーマクラシックでなく1800mのドバイターフを選んだ時点で本当はほぼ凱旋門賞は諦めていたはず。
ヨーロッパと日本では馬場状態が全然違いますし、適正重視でベストレースを選べばいいと思います。キタサンブラックみたいに日本の馬は配合で日本の馬場にあった馬が生産され活躍していますし、日本でいいレースをすればそれで十分。
とにかく次の安田記念でのダノンプレミアムとのマイル王決定戦は凱旋門賞以上に楽しみです。
名無しさん
なんの事情もしらない自分からすれば凱旋門賞回避は確かにちょっと予想外と言うか驚きました、てっきり凱旋門賞を見据えた遠征だと思ってましたね、確かに挑戦してほしかったし、勇姿を観たかったですね。しかし出すか出さないかはやはり観てる側には決めることは出来ないし、競馬はギャンブルと観るのかロマンと観るのかで考え方は変わってくると思う。オーナーからすれば勝てるレースに出て勝って賞金が入った方が良いにきまってるし、牝馬ならなおさらそうでしょう。雄なら凱旋門賞は出走させてたでしょうね。
名無しさん
競馬を知ってる人なら厳しいと思ってたはず
挑戦するのは良いが惨敗も考えられたし
その後の競争人生にも影響が及ぶかもしれない
JCを超高速タイムで勝ったとはいえ
クラシックディスタンスどんとこいというタイプではないし
ロンシャンの2400ちょいは持たないと思う
凱旋門はもっと適した馬でいくべき
名無しさん
ウィンクスはオーストラリアだけで連勝を伸ばして賞賛するのに、なぜドバイでも勝ったアーモンドアイ陣営がケチをつけられなければならない?その対比には無理がある。ウィンクスの方が凱旋門に挑戦すべきだったとはなぜならない?
凱旋門には個人的に多分出ても負けると思ってるけど、その場合、無謀な挑戦をして負けた方が損失ではないのか?この記事は勝てる前提で損失と言ってるように聞こえる。挑戦しないだけで損失なんだろうか?いや損失ではないだろう。負けるのが分かって、それで回避するのはむしろ損失を避ける行為。
名無しさん
何を決めるのも
結局は馬主だからな!
外野があーだこーだ言っても意味はない
ディープだってもう一年走ってほしかったし
オルフェもキタサンブラックも
もっと走ってほしかった
名無しさん
難しい話ではない。
他の馬と比較しても、
アーモンドアイが凱旋門賞に向いているとは思えない。