【海外競馬】新設されるアメリカ芝三冠レースを日本馬の凱旋門賞前哨戦に!?

新設の米芝三冠レースは日本馬の凱旋門賞前哨戦に!?

アメリカのニューヨーク地区で、3歳馬による芝の三冠レースが創設されると発表があった。

【NYRA(ニューヨーク州競馬協会)】米国で芝の三冠シリーズ創設発表!

既存のベルモントダービー・米G1(芝2000メートル)に加え、サラトガダービー(芝1900メートル)とジョッキークラブダービー(芝2400メートル)が新設され“ターフ・トリニティ”の名称でシリーズ戦となる。

ほぼ同日程・同距離で牝馬限定戦もつくられ、こちらは“ターフ・ティアラ”と名付けられた。

日本から簡単に貨物便で行けるニューヨークで開催されることから、日本馬の参戦の機会もありそうだ。

前半2戦か後半2戦を走って帰国すれば、遠征は60日以内に収まり、帰国検疫で馬が長期間拘束されることもない。しかも、もし連勝すれば賞金は1億円を上回る。

奇抜な案だが、9月はじめに行われるジョッキークラブダービーは、日本の3歳馬が凱旋門賞に挑む際の前哨戦にはならないか。

ニューヨークからパリへのフライトは7時間ほどで負担は軽い。ベルモントパーク競馬場の深いダートコースで10月まで調教し、凱旋門賞の直前にフランスへ渡る日程は検討に値すると思う。

米国での3歳限定の芝中距離戦という斬新な条件のレースだけに、初年度の今年、どんな顔ぶれが集まるのか大変興味深い。

参照元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000013-dal-horse

まぁ凱旋門一極集中の流れはどうかと思うが、3歳で日本~ニューヨーク~フランスの短期遠征は厳しいかと。普通にフランスに行くだけでも厳しいのにアメリカへ一旦行くのもね。ただ、菊花賞が明らかに長いという3歳で天皇賞よりこっちへ、という陣営があれば面白い選択肢だと思う。ただ、アメリカ遠征の経験のある陣営は少ないのがどうなるか。
名無しさん
海外遠征敗北から立て直せない原因が分かってないからこれからまだある3歳馬が遠征するのはかなりリスクがあるしそのリスクを犯してまで行く必要はあまり現時点では無いと思う。日本にも三冠あるし、賞金も十分だし。
Bu
馬場がヨーロッパに近いもので無いと意味が無いと思うが。北米の芝は、ヨーロッパよりは軽いはず。以前にダーレーはヨーロッパで走らせてイマイチだった馬を北米で走らせる事があった。恐らく重いヨーロッパの馬場よら軽い北米に活路を見出そうとしたと思う。凱旋門賞を狙うならエルコンドルパサーみたいにずっとヨーロッパに滞在させるべきでは。
名無しさん
賞金的にも日程的にもあまり遠征するメリットはないでしょ。
凱旋門賞への前哨戦なんてヨーロッパにいくらでもあるのにわざわざアメリカで走る必要ない。
現実では用無しだけど、某競馬シミュレーションゲームではレース選択の幅が広がるから楽しみw
名無しさん
凄い考えだけど、結果が出れば面白い。
ただ、実現するまで時間がかかりそう。
名無しさん
意味が判らない。馬場が全く違うし、7時間かけて移動するより前哨戦を欧州で戦ったほうがいいに決まっている、凱旋門賞を狙うならね。それに、日本からパリだって12時間だろ、5時間しか変わらないし、そもそも先ずニューヨークに行くのに12時間以上かかるじゃないか。まあ、欧州の5頭立てとかの賞金の低いG2を勝ったところで価値は低いが、そういう意味ならアメリカのG1と凱旋門の両方を狙いに行くというプランであって、凱旋門の前哨戦にはならないよ。
名無しさん
芝軽視?層の薄い今のアメリカでしかも賞金が1億以上はないと日本、欧州共にシーズン中に一流馬の遠征は見込めない。日本馬もサマーシリーズ善戦レベルの馬なら遠征はあるかもだが凱旋門賞の為にアメリカで叩いて慣れないダートコースで調教なんてリスクを取るなど有り得ない。本気で勝ちたいならダイレクトか欧州で前哨戦叩いて凱旋門賞でしょ。10年後には企画倒れでなくなっているか細々とやってる程度では。ハナからブリダーズC狙いの馬には朗報であろう。
名無しさん
流石に前半2戦だけはほとんどないと思うなぁ。
行くなら3戦ともやるつもりで行くでしょ。
結果として2戦で帰ってくることはあっても当初としては3戦参戦のつもりで行くと思いますよ。
名無しさん
違った環境でレースすれば
故障するリスクが増えるのに
欧州の芝と違う北米の芝に挑戦する理由が分からない
しかも賞金も歴史も魅力がない
ロンシャンで前哨戦する以上の魅力を感じない
名無しさん
9月初めから2度の遠征(日本ーアメリカーフランス)をするくらいなら
9月初めから直接フランスに長期遠征するほうが凱旋門勝利には有効。
こんなプランはまず成功しない。
いくらアメリカの芝路線が手薄とはいえ簡単に勝てるはずもなく、馬に
余計な負担を強いるだけ。
ルメーロ
>ニューヨークからパリへのフライトは7時間ほどで負担は軽い。
軽くはないでしょう
ただ、競馬もグローバル化しているので
日本の厩舎は経験値を高めたいところ
名無しさん
アメリカは競馬大国
強い馬も多い
そんなに簡単には勝てないと思うけど挑戦してもらいたいな
名無しさん
凱旋門賞のステップというのはちょっと厳しい。
BCターフのステップならいいと思う。
けど、凱旋門賞を蹴ってBCターフを狙う日本の3歳馬はまずいないと思う。
名無しさん
3歳馬の凱旋門賞遠征の前哨戦としてもなぜ大西洋を渡る輸送を行うのか?現地前哨戦の方が理にかなっているし、メリットも大きい。
名無しさん
連勝して1億ちょっとなら会員負担となる遠征費、滞在費を賄えないのでクラブの馬にあまりメリットはないな…
名無しさん
賞金狙いなら2戦1億超ってのは国内GⅡ2勝未満
帰国検疫の問題でアメリカ→ヨーロッパ直行ではなく一時帰国が必要
ゲーム上のローテで現実の話にはならなそう
リツミン嫌い
欧州とアメリカでは芝質も違うだろうし凱旋門前哨戦には向かないのでは?
名無しさん
凱旋門の前哨戦ならば現地にいくらでもあるでしょうに。
ちょっと奇抜なことを言って人と違うんだぞアピールが過ぎますね。
名無しさん
そもそも、いつ開催されるか書いてないので
凱旋門のステップどうこうの議論はできないと思う。
ただ、日本の中距離馬は目指す価値があるレースかもしれないですね。
今年の牡馬戦線は層が厚いだけに
こっちも睨んでほしいところ
名無しさん
三冠って長い歴史の中で自然とそう認識されていくもので、自分から三冠ですって言うものではないと思うけど。
名無しさん
9月にアメリカで走らせて、
10月にフランスの凱旋門ってローテションがキツイんじゃないの?
アメリカでいい結果が出ても本番のフランスではどうかなって思うけどな。
名無しさん
アメリカダート最強馬が凱旋門賞走ったらどうなるのか見てみたい
日本の芝馬よりパワー有るだろうし、日本のダート馬よりスピード有るだろうし
名無しさん
無理に参戦させることはないと思います。
名無しさん
わざわざアメリカで前哨戦使うより現地パリで使えばいい
名無しさん
ディープインパクト産駒で米国での種牡馬需要狙いの参戦はアリかも。
モコちゃん
別にアメリカ経由でフランス入りするメリットがあまりに無さすぎ!
若駒に2回も飛行機に乗せるのは酷!
ザナルカンド
ダートだとアメリカじゃキツイだろうからターフなら勝機があって楽しめそう。
名無しさん
初代王者なら価値ある。
名無しさん
サンデーサイレンスやノーザンダンサーみたいにアメリカはダートでこその国なんだけどね、
名無しさん
凱旋門前にニューヨーク行くって…
フランスでレース使って滞在してた方が馬の負担は少ないやろ。
名無しさん
賞金やすいからな、一冠目だけ1億超えで後は5000万程度、三冠ボーナスもないらしいし。
この3つのレースとってもダートの本当のアメリカ三冠ほど名誉もないし。
魅力薄。
名無しさん
2歳でデビューして2歳G1を勝ったらアメリカに行き
アメリカ芝三冠に出て 凱旋門賞 なら面白いが 日本の競馬がつまらなくなる
名無しさん
平坦の小回りでしょ。海外でおこなわれるレースという以外に凱旋門賞と共通項のなさそうなんだけれど…
その手は桑名の焼き蛤🦉
一時期毎年のようにアメリカンオークスに遠征する日本馬が居たがいつの間にか居なくなった。
名無しさん
うーん…微妙かな。
名無しさん
前哨戦からフランス滞在のがいいんじゃないの
名無しさん
1番の前哨戦はノーザンファーム天栄
specialweek
凱旋門賞の前哨戦じゃなくてBCの前哨戦では?
名無しさん
アメリカで叩いてフランスで本番・・・だれもやらないよ