【一口馬主】アーモンドアイなら1口6万円が190万円に!クラブ馬、買います?

【一口馬主】アーモンドアイなら1口6万円が190万円に!クラブ馬、買います?

12月27日(日)は、2020年の競馬の総決算「有馬記念」。上位人気は、クロノジェネシス(牝4)、フィエールマン(牡5)、ラッキーライラック(牝5)、オーソリティ(牡3)あたりになりそうだが、この4頭の共通点がわかるだろうか。それは“一口馬主”、いわゆるクラブ馬であること。

“一口馬主”とは、競走馬を所有する法人が、一頭の総額を一定口数に分割し、出資を募集するシステムだ。今回、有馬記念に出走予定(12月17日現在)の16頭中、8頭がクラブ馬なのだ。

かつては大企業の社長など、個人が馬主の大半だったが、30年ほど前からクラブ馬が増加。現在は20以上のクラブが存在し、馬主リーディング(収得賞金順)の上位を独占するまでになっている。

近年活躍した名馬にもクラブ馬は多い。2020年のジャパンカップを制し、GI9勝、獲得賞金歴代1位などの記録を残して引退したアーモンドアイもクラブ馬だ。ほかにも牝馬三冠を達成したデアリングタクト、2019年の年度代表馬リスグラシュー、三冠馬オルフェーヴルなど、例をあげればきりがない。

>>【一口馬主】デアリングタクトの分配金73.5万円!優秀なクラブはどこ?

個人でJRAの馬主になるためには、「過去2年の所得が、いずれも1700万円以上」「資産額が7500万円以上」という高いハードルがあり、競走馬は普通に買えば1000万円以上、良血馬であれば1億円以上という超高額商品だ。それが一口馬主ならば、1口あたり数万円からの出資で、“疑似馬主”になることができる。

出資者は、ほかにもクラブ会費、厩舎や牧場に支払う預託料(1頭につき月額約60万円)、保険料などを負担する。出資馬がレースに出走し、賞金を獲得すれば、そこから調教師や騎手、厩務員への支払い、クラブの手数料、税金などを差し引いた金額が口数に応じて分配される。種牡馬になれば、売却額に応じた分配金が出ることもある。

では実際、どのくらいのお金の動きになるのか。アーモンドアイでシミュレーションしてみよう(消費税は10%として計算)。アーモンドアイは、2016年に共同馬主クラブのシルク・ホースクラブから、1口6万円×500口の総額3000万円で募集された。

出費は、預託料が月額約1200円。ほかに保険料などがかかり、これまでに一口出資額と合わせて20万円程度。ここにクラブの月会費3300円を、2016年からの5年分足すとプラス19万8000円となり、合計40万円ほどになる。

収入は、レースの賞金から算出する。総獲得賞金は約19億1500万円。これを500口で割れば、1口あたり383万円となるが、実際にはさまざまな名目で、かなりの額が差し引かれる。進上金(調教師や騎手などへ)が賞金の2割。そしてJRA源泉所得税、クラブ法人手数料、消費税など。

一口馬主に分配されるのは、賞金の約6割程度というのが一般的だ。アーモンドアイの場合は、383万円の6割で、約230万円となる。支出分を引くと、収支は約190万円のプラスとなる。極端な例とはいえ、魅力的な投資に思えるのだが、現実はどうか。

「結論から言えば、儲からない人が大半です」と説明するのは、業界事情に詳しい競馬ライターの野中香良氏だ。

「クラブ法人で最も良血馬が多い『サンデーサラブレッドクラブ』でさえ、1勝以上あげる『勝ち上がり率』は60%前後。50%以下のクラブもある」

ただし、当たればデカいのが、一口馬主の世界。

「出資馬が種牡馬入りすると大きい。たとえばオルフェーヴルは、40口の募集で1口150万円でしたが、賞金と種牡馬入りの配当を合わせて、最低でも5000万円になったはずです」

俳優の宮川一朗太氏は、一口馬主歴20年以上のベテラン。2003年皐月賞と日本ダービーを勝った、ネオユニヴァースの一口馬主だった強運の持ち主だ。

>>競馬好き俳優の宮川一朗太“一口馬主”での失敗談告白

「ネオは獲得賞金が約6億円ですが、種牡馬となり12億円の価格がついたんです。40口で1口175万円でしたが、3000万円近くのリターンがあり、投資としては大成功です」

毎年1頭以上に出資をしている宮川氏の、馬の選び方は?

「自分は、社台グループの40口の馬にのみ、出資しています。100口以上になると、ローリスクですがローリターン。自分にとって、あまり魅力がないんです。

馬選びのポイントは、血統が5割。3割が所属厩舎、2割が馬体。いい馬は価格が高いですが、やはり走る確率は高いと思います」

気になるのは、収支だが……。

「数年前、知人に計算してもらったんですが、ほぼトントン。ネオユニヴァースで大幅プラスになっても、5年連続で未勝利ということもありましたからね。

でも20年以上やってトントンなら、大成功。これから始める人には、『すぐに諦めないで』と言いたい。1年1頭買うとして、1年2年走らなくても、5年に1頭オープン馬が出れば大丈夫です」

さて、有馬記念。

1着賞金は、国内最高額の3億円だ。仮に40口のクラブ馬が勝利し、1口を持っていれば、6割の配分でも450万円。夢がある話じゃありませんか? 次のページでは、前出の野中氏に「クラブ馬選び」の基礎知識を解説してもらう。

【野中氏に教わる「クラブ馬選び」の基礎知識】

主な共同馬主クラブ

1)牡馬と牝馬、どちらがいい?

「種牡馬入りを狙うなら牡馬。ただし、キャロットクラブのように募集に際し、『母馬優先』枠(当該馬の母馬に出資していた人に、購入優先抽選枠が確保される)があれば、牝馬に出資するのもあり。近年は、アーモンドアイのようにGIを勝つクラブ牝馬が目立っています」(野中氏、以下同)

2)「40口」と「100口以上」はどちらがいい?

「気楽に楽しみたいのなら100口以上。相馬眼に自信があり、資金がある人は40口でしょう。各クラブ会費は、口数に関係なく3000円前後。問題は維持費で、40口なら負担も大きくなります。月60万円として、1口1万5000円。もちろんそのぶん、リターンは大きいですが……」

3)おすすめのクラブは?

「大レースに勝つ可能性、1口の価格帯を考えれば、キャロットやシルク。少しお金に余裕がある人はサンデーといったノーザンファーム系のクラブに。
ただ、シルクやキャロットは人気殺到で希望の馬を購入することは難しいので、重賞勝ちの実績やノーザンファームなど、大手牧場の生産馬が多いという意味で、東京サラブレッドクラブをおすすめします」

4)やっぱり高い馬のほうが走る?

「そんなことはありません! 募集価格が2500万円だったロードカナロア(種牡馬入りし、1口5万円で約330万円のリターン)など、いくらでも例があります。

>>【競馬】デアリングタクトは一口4.4万円!一口馬主どうですか?

三冠牝馬デアリングタクトは1760万円(1口4万4000円)ですが、4億7000万円以上の賞金を稼いでいます。逆に、現2歳世代で1億円以上の募集価格がついた5頭が、デビューしながら全頭未勝利というクラブもあります」

参照先URL:九冠馬・アーモンドアイは1口6万円が190万円…夢の一獲千金「一口馬主」の世界

名無しさん
こんなレベルの博打できるのは一握りのひと。おれはレースでひそかに楽しむのみ。それで十分。分相応。
通りがかり
以前、同僚だった人がシルクジャスティスを一口持っていて、プラス収支だったが、その他の馬は赤字だったと話してました。
でも、自分の馬が走ると言う事で、応援には力が入ったとの事。
名無しさん
『すぐに諦めないで』、、、馬券も、、、元締めJRA
それでも、なぜか?
面白いんだよね、、、馬の競争
名無しさん
190万円で「一攫千金」?
ちょっと違うんじゃないですか?
笑われちゃいますよ
名無しさん
やっぱり高い馬の方が走る?に対してそんなことはありませんと書かれてるけど、その内容が極端すぎて総合的にはどうなんだという事が書かれていない。それはやっぱり高い馬の方が走るんだなと。
名無しさん
庶民でもどうにか手が出せる金のかかる趣味だと思うよ。下手な馬券を買ってお金をするより楽しそう。
名無しさん
通常の馬主でも黒字の人は約2割。一口馬主は募集価格にクラブ法人の利益分が上乗せされるから通常の馬主以上に採算は厳しい。
名無しさん
アーモンドアイでもこの程度か…
名無しさん
昔一口馬主になろうと色々なクラブのカタログ取り寄せたり、実際一口会員の友人に話を聞いたりしていたが、そこそこ安定して出走してくれて、900万下でたまに賞金を拾ってくるレベルでようやくトントンだからほぼ赤字になるのは間違いないとのこと。ただ、実際にはデビューしてくれるだけで死ぬほどうれしいから収支なんか関係ねえからとは良く言ってた。
名無しさん
過去最高の賞金を稼いだアーモンドアイでも190万円だと、少しがっかりかも。強い馬は早々に引退して子どもの活躍も期待できるが、種付け料は分配金にカウントされないのだろうか?
名無しさん
リターンが大きかった時に、そこでやめればプラスになるのでしょうが馬が好きで一口馬主をやり続けるのであればただの趣味ですね。
ロマンがあるのは理解できますが、投資には向いてないということですか。
【一口馬主で儲けましょう】という話をきかないのも納得。
名無しさん
6万円が190万…思ったより少ない?これだけの活躍をする馬は稀も稀なのでもっと貰えるものかと思ってた。
名無しさん
6万が190万のどこが一攫千金なのか。そもそも一口6万払えば終わりじゃないし、一攫千金狙うならWIN5やりなよ。
一口なんて趣味、道楽。殆どは損であり、数多くの理不尽も受け入れないとやってけない。都合良い触れ込みで金集めて破綻した一口業者も多い。
鬼*郎&目*おやじ!
一口馬主と言う呼称の投機では。利潤の金銭目的の投機先が馬だったということで、競馬好きにはより投機しやすいはず。
マイネルデスポット
宮川一朗太さん、競馬キャスターされてた頃から大好きで昔から個人ホームページで愛馬の戦績やご自分の思いを20年以上書かれてます。
ネオユニ以外にロサード、レクレドール、ゴールスキーなどお持ちだったと思いますが、それでもトントンなんですね。。でも楽しいだろうなぁ。
名無しさん

収支は約190万円のプラスって凄いってなるけれどアーモンドアイのようにG1を9を勝ってもこの儲けでは苦しい。

募集価格だけでなく一頭所有で預託料などもろもろで勝っても負けてもさらに20万は取られるでは一口馬主は権利を持てば持つほど赤字になりそう。

名無しさん
フサイチパンドラの仔がこんなにも安いのか!と一口馬主をやってる知り合いに、「一口馬主になりたいから仕組みを教えてくれ」と相談したら「一口は絶対にやめとけ。儲からない。フサイチパンドラの仔はもれなく全然走ってない」みたいなことを言われて断念しました。
儲かったじゃん。
名無しさん
当たればデカいが、そうそう甘くないのが競馬の世界。一口馬主とて例外じゃない。やはりお金にそこそこ余裕のある人が楽しめる道楽でしょう。
名無しさん
配当が190万円てだけで、遠征費やら、記念品やらの出費は会員の金を使われるから、実質190万円もないはず。
それよりも、一口馬主は儲けるためではなく、楽しみたいからやっている人が大半
その中で、たまたま凄い馬がいて楽しかった。+おまけで儲けたって感覚が正解だと思う。
そのお金で、また第二のアーモンドアイを探すのが楽しみになる。
この繰り返し♪
名無しさん
一口は会員で話ではない。は、さて置き、強いクラブは当然競争も激しくて人気の馬には何重もの優先権が無いと確約にならない、人気の無い馬は大体弱い。
ノーザン系のクラブ以外はやはり大体弱い。
しかし、大体弱いであって全て弱い訳では無い。
デアリングタクトが良い例で、失礼は承知で、個人的にノルマンディからまさかって感じですが、他の馬はいつものノルマンディです。
クラブ会員になるのは当歳、1歳の早い時期から引退までの長い事お金の面だけですが面倒を見る。
順風満帆にデビューできる馬なんてそんなに居ないし、更に勝ち上がる事の難しさが分かっている。
利益を求めるのなら時間的な効率が悪すぎるし、続かない。丸2年待って1戦だけしてビリで引退なんてのも有る事だし。
名無しさん
馬券買うのと同じ感覚でやってます。
儲かれば嬉しいてすが、
未勝利で終わって損しても、
生活に困る訳ではありません。
1歳の募集時からデビューまでは、
コントレイルの様な馬に出資したつもりですが、
新馬戦が終わった時点で現実を知らされますね(苦笑)
でも、未勝利戦でも勝てばとても嬉しいですよ。
止めようとは思いません。
limi
こんな事めったにないからね
名無しさん
馬主は元々儲からない。
儲からなくてもやっていける資産があるという『ステータス』だからね。
小市民がちょっとだけ背伸びして夢見るのが一口馬主なんじゃないの?
プチ贅沢としていいんじゃないですかね。
名無しさん
たまに儲かる人もいるけど、投資ではないような。
どちらかというと、お金持ちではなくても馬主になるという夢を比較的現実的なお値段でってことだと思うな。
名無しさん
自分の出資してる馬が走ると馬券買うより興奮するし力の入り方が全然違います この業界も勝ち組負け組が存在するしあくまでも自己責任です 社台系の40クラブで当たればデカイですし負け組の意見は参考までに
名無しさん
出資馬コズミックフォースが日本ダービーで3着、一瞬直線でダービーオーナーの夢見ました。応援馬券で複勝一万円が16番人気で払い戻し金36万4000円サイコーでした。これがあるから一口馬主は、やめられない!
名無しさん
何あれだけ勝ってたったの190万円?割に合わんな。レース数が多いダートの短距離血統を買って条件戦を使い続けられる馬の方が気分的なコスパがいい。それに厩舎によっては一流厩舎と言われていても一口はまるで厄介者としか扱ってないようだしな。
名無しさん
>逆に、現2歳世代で1億円以上の募集価格がついた5頭が、
デビューしながら全頭未勝利というクラブもあります
未勝利どころか「未出走引退」なんて話もあるからな。
4角好位
賞金とはレースで得た表面上の数字のことで実際には出走手当て、内国産馬奨励、距離割増手当て、3冠とれば特別ボーナス他、補助金をたくさん貰えるので合算額はもっと増えるはずです。
ちなみにシルク約款によりアーモンドアイは牝馬なので活躍関係なく馬購入代金の10パーセントの抹消返還ですよね。
名無しさん
アーモンドアイ程の馬でも40万使って、リターンが190万円って、普通に馬券買う方が儲かる確率高い気がしてしまう。
^^
一口やってると購入時で評価落としていたこの子がG1?!的なことの方が多くてアーモンドアイでさえあそこまで強いとは最初牧場側も思ってなかったし他の馬推してたよ。シンザン勝つまでみんなスルーだった。宝くじは当選日の一瞬で終わるが一口はその子の成長を追っかける数年の楽しみがある。一歳の姿では先の事はわからない、性格も変わったりするし騎手と厩舎の指導の仕方とかあらゆるものが人間の人生と被ったりして何が起きるかわからないところが楽しい。さすがに馬の見方もわかるようになるから、宝くじよりそこそこ馬券のほうが楽しく当てられるようになってきた。
それでもトントン。それでよし。
名無しさん
そもそも儲けたくて買ってるのがまちがい。
馬主になれるってのが肝でしょ
名無しさん
馬の代金以上に出走した時の馬券で大きく損をしている
来ないと思っても、応援して損をする悪循環
名無しさん
アーモンドアイほど勝ってこれだけしか儲からないだから投資としてはあまりいいとは言えないね。
ただ趣味として持つ分にはいいけど、さすがに儲けてやろうと思って始めたら絶対しっぺ返しを食らう。
多分トントンに持っていくには馬鹿高い馬を除いて平均して2〜3勝クラスの馬に当たらないといけない。
何頭未勝利で消えて何頭1勝クラス止まりかを考えたら恐ろしいよね。
名前の無いネコ
まず、一口馬主と言う言葉はあたりません。それが、有るとすれば、馬主資格を持った個人または法人が、一頭の馬の権利を分轄して複数の馬主が所有しする場合です。
この記事の説明はクラブを通してのファンドとしての投資なので、出資者であって馬主では無いのですよ。記事にするなら、もう少し丁寧な説明をしないと、読者が見方を誤ります。
名無しさん
バクチと考えず、投資で金儲けしたいと思う人には不向きかな。
競馬愛で馬をペットで買って育成したい
なんて思う方に一口馬主はいいかも
名無しさん
かつて私も複数頭の一口馬主をしていました。入厩してから愛馬のレポートや調教の情報をみたりするのは楽しかった。ただ元をとるにはかなり難しいです。プラスになったのは2割くらいですかね。でも愛馬がレコードで勝ったときJRAから贈られたレコード(純金200g)を
オークションで購入できたり、ゼッケンが貰えたり楽しみもありましたよ。
名無しさん
そもそも投資目的でやってない。
リアルダビスタ。
未勝利レースでも出資馬がでてると賭けてしまう…
名無しさん
1口馬主になれば分かるがデビュー出来るだけでも難しいし勝つのは本当に大変!
馬主はお金持ちの娯楽だと分かるよな
昼は三振王、夜は三冠王
知り合いがジェンティルドンナ持ってて、一口85万がマンション一室くらいの
値段で帰って来た。
方や毎年一口300万くらいの馬が賞金ゼロで引退する。
長くやるほどプラス収支は難しい。
名無しさん
シルクは新規での出資はほぼ不可能
70頭以上があっという間に完売だったなあ
10年ぐらい前は人気の5頭ぐらい除いて何でも出資出来たのに
でも勝ち上がりはかなり期待出来るようになった
名無しさん
牡馬は種牡馬として売却した分が分配になってるけど、牝馬は引退したら終わりなのかな。
名無しさん
アーモンドアイは「関口房郎氏」が馬主業をバリバリにやっていたのならば、関口氏が所有していた可能性が高いように思います。母馬が「フサイチパンドラ」ですからね。
まあ、クラブ所有馬に出資しても儲かることはほぼないでしょうね。社台系のクラブ所有馬は募集口数は少なく活躍したら、それなりのお金が入ってきますけど出資額も大きい。有馬記念に出走予定の「ラブズオンリーユー」なんか、オークス勝っても1口当たり1万円も戻ってこなかったとか。一口当たりの金額を少なく口数を多くしているからなね。
馬主気分を味わえるという趣味の話と考えたほうがいいですね。
蛇足ながら、
名牝の一頭に挙げられる、ブエナビスタに草野仁さんが出資していましたね。個人名義で数頭馬を所有しているようですけど。
名無しさん
一口馬主を20年間続けています。今は税法が変わり賞金の60%弱しか返ってきません。概ね募集額の倍ぐらい稼がないと元は取れません。しかし自分の馬が出走する時の興奮、喜びは通常のレースとは比較できません。無理の無い範囲で楽しむならとても素晴らしい遊びだと思います。
名無しさん
お金儲けしたいのであれば、一口馬主をやっちゃいけない。
名無しさん
日本の競馬の歴史に名を刻んだだけでなく、我が家の家計も助けてくれたと。
小口クラブなんかではなく大口のクラブの話ではあるけれど、単純計算で数千万円は儲かっている計算になる馬に出資していた元出資者がそう語っていた。但しあのクラスの馬には巡り合えないし例外中の例外。投資ではなく趣味と思わないとやってられない。
横沢軍太郎
最初に買ったナイルデルタがよく走ってくれるし、今のところ未勝利で終わったのも1頭だけなのでそこそこ楽しませてもらっています。安馬しか買えませんが出走するだけで楽しいし、勝ってくれたら尚良しです。
楽しみが増えてます。
名無しさん
ダートの鬼と言われたヴァーミリアンは、一口60万(総額2400万)とサンデーRでは低価格だったのに、獲得11億超えですからねえ。
やっぱり夢は見ますよ。
名無しさん
あれ以上は望めない様な獲得賞金ですら200万か、、、、。
金銭面だけで言うなら夢はないなぁ。
名無しさん
投資目的でやってはいけないのは周知の事実。
競馬が本当に好きな人には、ロマンとして魅力的なものなのは間違いない。
初めての口取り撮影で、息あがる愛馬の横に立った時の心の震えは忘れられません。
名無しさん
競馬やっていればOP以上のクラスでの個人馬主の多さと、未勝利戦での一口クラブ馬の多さは分かるはず。
一口馬主は自分の出資した馬がレースを走るのと、クラブから送られてくる近況が楽しみでやられる方がほとんどでしょう。
月々の支払いもあるので一攫千金目指すなら他の方が良いですし、話が違うと抗議されたりすると困るのは他の馬主の皆さんなので安易に入るべきではないでしょうね。
名無しさん
10口買ったら1900万か
宝くじより確率は良さそう。
パンフ取り寄せよう。
一口投資に興味を持ちました。
名無しさん
経済的にマイナスなのは仕方ない。
安定して出走していれば楽しみもあるけど、長期休養して復帰時期未定といった状況が一番つらい。
名無しさん
競走馬としてデビューできるのが半分で1つ勝ち上がれるのがその半分。
簡単に勝って儲かるならクラブにせずに会社で持つだろ。
名無しさん
このバカ記者、獲得が1番多い配当金4000万と言われるジェンティルドンナをあげないのは頭が悪い。
しかしアーモンドアイは40口換算すると2400万程度、案外少ないんだな。
名無しさん
ただ、言ってしまえばこれだけの馬でも30倍にしかならない、ということ。
飼育費用も別にかかる訳でね。
競馬ファンは素直に馬券買っとくのが幸いかと。
名無しさん
儲けようとしてる人なんて
ほぼいないでしょう
みんな夢を買ってるんですよね