【一口馬主】デアリングタクトの分配金73.5万円!優秀なクラブはどこ?

【競馬】牝馬二冠のデアリングタクトは1000%超え!一口馬主の「回収率」に迫る!

「また、今週も社台の縦縞の勝負服かい」私が競馬を覚えた1990年代はサンデーサイレンス産駒が躍進したのと同時に、社台レースホースの独壇場の時代でもあった。1983年に馬主リーディングを獲得し、2005年にサンデーレーシングにトップを譲るまで22年に渡って王座を守り抜いた。

デアリングタクトは一口4.4万円→分配金73.5万円!?

質の良い馬が多くいればいるほど会員数が増え、それに比例し募集馬が増えていく。よってクラブは個人馬主をはるかに凌ぐ頭数をそろえる事ができた。その結果、2003年以降の馬主リーディングのトップ3は全て一口クラブが独占を続けている。

まずは2017年度産のダービーまでの回収率を見ていく。トップは今年桜花賞・オークスの二冠を達成したデアリングタクトで回収率1670%。同馬は、一口馬主クラブのノルマンディーサラブレッドレーシングの所有馬である。クラブは募集額1760万円、募集口数400口と決め、一口あたり4.4万円で会員に対して出資希望を募る。

デアリングタクトが稼ぎ出した額はJRAのホームページ内の発表では「約2億9389万円」である。この金額を400口で割ると一人当たり「約73.5万円」が分配されるのだ。実に回収率に直すと「1670%」もの数値になる。

それ以外で、すでに回収率が500%を超えているのはレシステンシア(キャロットファーム・800%)、ラウダシオン(シルクレーシング・702%)、ウインマリリン(ウイン・513%)、ウインマイティー(ウイン・503%)などがいる。これから出走回数が増えていく事で各馬どんどん回収率は上がっていく事だろう。

回収率が優秀なクラブはどこだ

JRAで走るサラブレッドが1勝できる確率は約35%。募集額を上回る事が出来る馬はもっと少ない。近5世代で一口馬主クラブからは3738頭募集されたが、722頭しか自身の募集額を上回る事ができていない。率に直すと「19.3%」である。

その平均値を上回るクラブが5社あった。1位は「東京ホースレーシング」である。26.3%の募集馬が回収率100%を超えている。ノーザンファームや社台ファームの生産馬の募集以外にも自前で良血の繁殖牝馬を預託し産駒を提供する等、バイヤー系としての成果がでているのだろう。

2位から4位はノーザンファームが主体のクラブが続く。キャロットファーム(24.8%)シルクレーシング(24.4%)サンデーレーシング(23.8%)となっている。繁殖牝馬、育成、施設、スタッフとどの点を見ても高いレベルなだけにさすがとしか言いようがない。

5位はノルマンディーサラブレッドレーシング。デアリングタクトの活躍で一気に目立った感があるが、その他の募集馬でも成績が出ている。募集額を抑え、条件戦を含めて出走回数を増やし賞金を稼ぐコンセプトの結果が表れている。

回収率1000%超えの格安募集馬

募集額1000万円以下の馬でも十分に楽しめるのが一口馬主の魅力のひとつだ。近5年で回収率が1000%を超えている馬が3頭もいる。それは、デスティニーソング(38戦4勝・回収率1215%)ロードアクシス(19戦4勝・回収率1047%)アリンナ(32戦5勝・回収率1028%)である。

デスティニーソングはわずか680万円で募集されたにも関わらず、重賞で掲示板に何度も載り、38戦も走り4勝を挙げ、現時点で稼いだ賞金は8262万円。無事是名馬で走ってくれる馬に巡り合えるのも一口馬主という趣味の魅力である。

最後になるが、今回の回収率の計算は単純に「獲得賞金÷募集金額」としている。実際に配当金が手元に振り込まれるまでには、賞金の80%しか入ってこないし、所得税がかかってくるので、正確な数字は月に一回クラブから届く明細を確認する必要がある。

諸経費を差し引くと「総賞金の半分」を口数で割るくらいの額が入ってくると覚えておけば良いだろう。所得税に関しては年に一回「年次分配」という形で還付の振り込みがある。サラリーマンでいうところの年末調整である。自身にあったクラブを見つけられれば、馬券以外の思わぬ競馬の楽しみ方を見つけられるかもしれない。

参照元URL:【競馬】牝馬二冠のデアリングタクトは1000%超え!一口馬主の「回収率」に迫る!

名無しさん
夢ある話だけど現実はね(-_-;)
morisino8
岡田(さん)、頑張れ。
名無しさん
デアリングタクトが出てくる前の
ノルマンディーは毎月の維持費を安く抑えたい人
が加入するイメージだった。
回収率を見ると夢を見たくなるけど、
実際には未勝利脱出に高いハードルがある。
何口で割るクラブに加入するかによるけど、
何十万とか100万とか出して、
未勝利戦で二桁着順続きだと
気が狂いそうになるよ。
名無しさん
ひとつ勝つのにどれだけ大変か
一口馬主で知りました。
名無しさん
いつも外れるだけだが
馬主の方が一口でも
寄付する感覚ならよいかも
名無しさん
維持費はともかく進上金を無視するのはいかがなものかと思うけど。。
名無しさん
一口馬主はワクワクを買うようなもの。
募集からデビューするまでが、一番楽しい。
名無しさん
一口はそんなに甘くない。
デアリングタクトは募集開始時に見出だせていたら出資できたけど、キャロットやサンデーRは出資に漕ぎ着けるまでが大変だ。
名無しさん
冷静になると回収率高いクラブでも約25%しか回収できてない。残りは回収できずマイナス。そりゃ一口募集するよね。一口はマイナス覚悟で夢を買うくらいじゃないと買えない。
名無しさん
前いた職場で、これをやっていた人がいて、
60口程度の募集の分だった。
一口40万から80万くらいで出資していた。
7、8頭出資してたわ。
一口馬主は、儲けを出すのは大変だと思った。
名無しさん
一口の馬は機械と同じで減価償却で計算していくので、早い段階で大きな金額を稼ぐと儲けが出ていると見なされて
税金に多く持っていかれる。
逆に細く長くだと減価償却と飼い葉料を上手く賞金でまかなえる。
たまたま7歳になってから成績が上がった出資馬は意外と回収出来てるけど、
3歳の途中辺りからスランプになったまま長く走ってる馬とかは厳しい。
でもどっちにしても1000万台の馬で回収率500%とか行ってやっとプラスが見えてくるくらいだよね?
単に募集代金を100%超えるだけだと、仲間にはある程度自慢できるけど実際はだいぶマイナス。
まあ、割の悪い貯金と考えるしかないね。
減った分は楽しませてもらったってことで。
名無しさん
馬主、調教師、騎手、厩務員の取り分計算してねーwww
名無しさん
おいおい、調教師と騎手の取り分もあるだろうが。維持費とかの仕組みはよく分からんが、賞金全部馬主の懐に入るわけじゃない。
pel
スーパー未勝利戦は
思いがこみ上げてきて
まともに見れない。
名無しさん
ノルンディーをセカンド倶楽部としてはいってる会員がいるなかメインクラブにする人もいる。キャロットやシルクだと出資馬の確保が厳しくなってるので
名無しさん
昔は、社台の次はラフィアンだったのになぁ
最近はG1にもあまりラフィアンの馬が出て来ない。
マイネル軍団頑張れ!
って言うてはったで。知らんけど。
知り合いがステイゴールドの一口持ってました。
ウハウハでしたよ。
名無しさん
デアリングタクトでたった73万?
一口で儲けようとするのは間違いなんだな。笑
名無しさん
競馬やってる人からしたら、新馬戦未勝利戦のたった1勝がどれほど難しいか知っている。
デアリングタクトやレシステンシア等一口持ってる人は勿論色々加味されて購入はされたと思いますが、本当幸運ですよ。
名無しさん
元々、儲けを考えたら、ハイリスクなんじゃない?
少ない元手で、馬主気分を味わうのが、目的だろう。
※※※
一口の狙い目はダート馬だと思う。
社台グループはそこまでダートに本気じゃないからね。
社台グループがダートに本腰入れ始めたら、本当の意味で
社台の運動会になってしまう。
名無しさん
この記事では預託料の事書いてないな
月60万程かかるから2歳から5歳まで現役続けると4年で計2880万かかる、これも出資者で分割して毎月支払う必要があるから
総額100万の馬でも結構経費が必要です
最初は安い馬に投資するけど、経費が一緒と考えると段々高い馬にシフトしてしまう
名無しさん
キャロで月会費が3000円
馬の所有に関係ないからたくさん持てば少なくなるんだけど
私のような年1頭ペースだと
これがボディブローのように効いてくる。
まあ、こういう儲からん会話もネタになって
楽しんでるけど
名無しさん
ロードアクシス良い馬ですよね。
gmd
ソリッドドリームが一口のリスクを教えるのに最適
名無しさん
回収率はもちろん指標のひとつとして正しいし励みにもなるんだけど、総額2000万以下の馬で回収率100%を超えたぐらいだと結局は維持費・会費でマイナスもいいところ
やはり高額馬で回収率100%を超える、種牡馬になる、ここが一口馬主としての華だと思います。
個々の馬では無く、個人トータルで回収率を上げていくことが重要。
私は200%弱。まだまだです。
たた
このランキングの面白い所は所属のクラブ内でも募集額は下の方である事だと思う。ほんとに馬は走ってみないと実力がわからない。
名無しさん
デアリングタクト持ってる会員でも今まで出資した馬が勝てづに
だいぶ損してると思うよ
名無しさん
一口馬主は通常の馬主以上に割に合わないからな。POGやってる方が金がかからなくていい。
名無しさん
キャロットクラブで一口やってますが、10頭に出資してとんとんくらいです。
奇跡的にリスグラシューに出資することができましたが、それでとんとんです。
リスグラシュー以外の他の馬は完全に赤字です。
入厩制限の問題で出走数が少ないので非常にイライラします。
馬に寄付してるイメージです。
儲けようというのは不可能だと断言出来ます。
名無しさん
デアリングタクトは岡田の所の馬だろう。一口馬主とか言っても有力者数人が馬主じゃないの?一人で100口買ったら4人馬主だろう。一口馬主とか言っても馬主名を公表するわけでもないし。もしかしたら、サンデー、社台、キャロット、シルクが一口馬主だったりして。
名無しさん
年間、中央競馬だけでも何千頭の馬がデビューして一勝も出来ずに終わっていく訳で そんなに簡単では無いけど やっぱり夢はあるなぁ それは賞金だけでは無くて自分の持ち馬がG1で走るってとこのロマンも含むと思う
豆腐メンタル
どんなに良血馬でも、走ってみないとわからないからなー…一口馬主やりたいけど、怖い
名無しさん
数年前に一口馬主やってましたけど、まず、中央で無事デビューするのが大変。名門厩舎に所属ともなれば、馬房が空かないとかで入厩すらしないケースもあったよ。
無事デビューしても一つ勝つのはもっと大変
それでもレース前日ともなれば、競馬新聞チェックし、自分の馬にどれくらい印ついてるか気になるし、未勝利ですら、楽しみに中継見る為グリーンチャンネルに加入したくらいです。
楽しむには良い。記事のように自分も儲けようと考えて始めるなら、損しても構わないくらいの気概で。
ちなみにアーモンドアイは回収率まだ500%も超えてないの?募集額おいくらだったんでしょうね
名無しさん
一口馬主経験者ですがたったの2走しただけで未勝利引退でした️回収できるのはほんの一部です。
名無しさん
約20%が募集額上回るって、意外と高いじゃん!って自分は思ってしまった。十万円前後くらいの金額だったら、趣味として考えたら十分楽しめそう。何百万だったらシャレにならないけど。
名無しさん
スリーアウトって言葉は野球ファンには馴染みがある言葉だが、馬主さんと一口やってる人にとっては勘弁して欲しいワード。
一つ勝つのがどれだけ大変かを実感できる。
幸いにして15年やっててトントンだが、アヴェンチュラ、トゥザワールド、メールドグラースがいなければ普通にマイナス。
根気がいる。
名無しさん
デアリングタクトは奇跡の存在。ノーザン系は自分の欲しい馬に出資するのに出資金として最低100万以上かかる。そのほか維持費や会費で結構な額を使う。年間に100万以上の金をどぶに捨てる覚悟がないと続かない。
名無しさん
デビュー戦が決まることが一番嬉しいのでは?デビュー出来ない馬も多いし。
名無しさん
募集額比の回収率としてはそうだが、
実際はそこに月会費や諸費用が月々かかるから実態の回収率としてはもっと低くなるよね
名無しさん
勝てなくても常に8着以内を繰り返し、年に10走ぐらい使ってもらえると助かる。
この8着以内に与えられる手当も大きい。
名無しさん
もう少し一口馬主の経験を積んでから書いた方がいいと思いますよ。
『回収率が高い(活躍できる)と思われる馬に出資すること』
これ自体が相当に難しいことです。
毎年、毎年、出資実績を積んでようやく自分の好きな馬に出資出来るようになりますが、僕の入会している『シルク』なら人気馬は年間300万円以上の出資実績(3年間で1000万円以上)が必要になります。
300万円出資して勝ち上がりが40%程度ですから、殆どの出資馬は大赤字。
それに毎年の保険料と毎月のカイバ料、更に月会費…
収支を考えているようでは続けられません。
但し、数年毎に偶然『当り』が引けるので辞められないだけです。
名無しさん
今はどの厩舎に入厩するか募集段階で決まっているけど、25年ぐらい前に始めたけど、その頃は関西入厩予定、関東入厩予定としかわからなかったし、一頭20口だったから委託料も保険料も今の倍だし、馬の価格も倍だったからね。
ただ今の実費と違って20口は月3万40口は1.5万と決まっていたからね。
名無しさん
委託料とか月単位の
持ち出しがどのくらいになるか
入ってないのでは話にならん
実際こっちの金額が大きい!
名無しさん
新種牡馬産駒に注目と言うことで…。
名無しさん
いやいや、単に募集額だけじゃ。
それ以外に、毎月の餌代や出走となれば移動費だってありますよ。
イニシャルだけでなく、ランニング費用も含め換算くださいよ〜〜
名無しさん
某クラブの会員でした。
賞金は騎手・調教師に5%10%徴収され、クラブに一定の手数料も払うのでだいたい75%が口割で手元へ。
しかし出走手当、距離割増、掲示板以外でも8着までの手当等ありました。
わたしが一番馬主の盛んだった頃は父内国産手当が過剰で、、、丸父の産駒ばかり買いました。
もちろん入厩していたらひと月60万円、放牧中はその半分くらい委託料を払います。
名無しさん
カネツフルーヴ、ゴルトブリッツ、ハープスター、シンハライト。
4頭のGI馬に出資できた自分はかなり幸運だったと思う。
もう30年近くやってるからトータルで見たらかなりマイナスだけど、それでもやってて良かったと言えるかな。
名無しさん
大昔、友駿で一口持ってた事があります。サッカーボーイ産駒でデビュー戦が細江純子でガッカリ、5戦目がデムーロで2着、11戦目中舘で勝ち上がり、その後障害を走って初戦勝ち上がり重賞5着、オープン2着と頑張ってくれました。大赤字でしたけどね。
名無しさん
基本的には、G1ホースの一口オーナーも何頭も持った中での1頭だろう。
そして最初で最後のG1ホースになる確率も高いはず。
ノーザン系のクラブには、1頭1頭それぞれにとってのベストのローテーションを考えて欲しい。いわゆる使い分けをやめて。
例えば、上期のサートゥルナーリア。たった2走、そしてG1を1走では納得出来ない方は多いのでは?
深い衝撃
かつては貴族や資産家にしかできなかった、競走馬の所有が日本では一口馬主制度のおかげで庶民でもかなうようになったのは文化的にも経済効果的にも非常に大きい。
サラブレッド業界はもはや安定的に購入してもらえるクラブ馬主に支えられていると言っても過言ではない。
しかし、考えれば考えるほど、調べれば調べるほどどれが走るか全くわからないんだよなぁ。
名無しさん
わたしが一口馬主で持っていたキャロットのお馬さんは、引退まで4勝もしてくれ、スプリングSに出走し、テレビに映ってくれた孝行息子でした。
ただ、勝ったのが京都、阪神、新潟で遠くて応援に行けなかった。
名無しさん
デビュー、そして1勝する大変さはあるが、優勝時に口取り撮影に参加したり、出資馬がスポーツ新聞一面で大見出しになったりお金では買えない喜びもある。
名無しさん
おそらく色々引かれてデアリングタクトで50万割れてると思われる。ただしデアリングに関しては今秋までは増えるだろう。問題は4歳になってから。クラブ馬は一般的には大体5歳で引退するケースが多い。長く競走馬としてやっても6歳までだろう。簡単にこんなに稼ぐ馬には当たらない。1口馬主は余裕あるお金でまったりやるくらいの覚悟で。決して投資ではない。
名無しさん
あまり高額でない値段の馬だと馬代金より預託料のほうが高くなるし、400口だと相対的にクラブの会費の割合も高くなる。
当たりを引いた人でもほとんどが何倍も未勝利で終わる馬に出資している。
大当たりした一頭だけの回収率を取り上げても仕方ない。
回収率以外に勝った時の口取り、募集時のツアーや休養中の出資馬の牧場見学などの楽しみも大きい。
賞金の他に優勝時の副賞の売却代金が目立たないけどちょっと美味しい。
名無しさん
賞金を口数で単純に割った分が懐に入る訳じゃないでしょ。