【社台スタリオンステーション】新種牡馬ドレフォンの導入した経緯や、今後の展望

【社台スタリオンステーション】新種牡馬ドレフォンの導入した経緯や、今後の展望

◇社台スタリオンステーション事務局の徳武英介さんに聞く

競馬の世界を掘り下げる新企画「競馬の話をしよう。」。第3回は今年の2歳世代で産駒が早くも3勝をマークしている新種牡馬ドレフォンを特集する。

>>【JRA競馬】大物種牡馬続々で戦国時代が始まる

繋養先である社台スタリオンステーションを取材し、事務局の徳武英介さん(58)にインタビュー。導入した経緯や、今後の展望などを語ってもらった。

-ドレフォンの種牡馬としての魅力は

徳武さん「やはりアメリカのブリーダーズカップスプリントを勝った馬であるということです。ダートで活躍していたとかではありません。

向こうで1200メートルを一番速く走った馬で、アメリカのスプリント界の頂点に立ったということです。

あとは体形が素晴らしいですよね。ほれぼれする体形をしています。ドレフォンへの期待は大きいですし、いろいろなタイミングが合い、手に入れられて良かったです」

-ドレフォンの強みは

「ブリーダーズカップスプリントを勝った馬は毎年買いたいですが、過去に同じレースを勝っている馬の中にも強い弱いがあります。

たまたま勝っちゃったとか、メンバーに恵まれたとかではなくて、どんなメンバーでも勝てることが重要。その点で連戦連勝してるということは一番いいですね。

種牡馬の世界は、いろいろな国の各世代のトップと戦わなきゃいけません。ディープインパクトの子と走らなければいけないことを考えた時に、どの位置にいるかということが一番大事です。

また、たまにしか勝たない馬でも、すごい強い相手にすごいレースしたことなども大事です」

-初年度産駒が新馬戦で活躍している

「今度は勝った馬同士がオープン特別や重賞に出てくるので3頭勝ったくらいで喜んじゃいけないですね。ホッとしたくらいです。

ただ、日本の繁殖牝馬は芝の長め(マイル以上)のレースを勝った血統がもてはやされてきたので、自然と芝に対応したり、距離が伸びてしまいます。だから芝1400メートル~1800メートルの新馬戦でも十分走れるのだろうと。

また、ドレフォンのお父さん(ジオポンティ)が、芝の長めだったということも日本の方が向いてるのではないかなと、みんな思っているんじゃないでしょうか」

-ドレフォン産駒への思いや、今後の期待は

「欲を言えばサンデーサイレンスやキングカメハメハの血を持った馬たちの主戦場であるクラシックや阪神JF、朝日杯FSくらいにぶつけて戦えるような馬がいればというのはあります。

でも、今はサンデーサイレンスの血が7、8割入っていて、そこがベースになっています。サンデーサイレンスが一番力を出せるレースになると、やはり力が強いのでなかなか勝てません。

だから隙間を狙うではないですが、ダービーを勝ちたい人たちとは別の短距離やダート路線のマーケットで、ドレフォンのような馬の需要が高まります。

ダービーを勝てなくても、ダービー馬よりも賞金を稼げるのではないか、また強くなっていけば、秋の天皇賞くらいは一緒に戦えるのではないかと思います」

【ドレフォン】 社台グループ期待の新種牡馬! 芝・ダート兼用のスピード血統!

▼ドレフォン

2013年生まれの米国産馬。父ジオポンティ、母エルティマース、鹿毛。

15年に米国のボブ・バファート厩舎からデビュー。2戦目で9馬身半差をつけて初勝利を飾ると、16年のキングズビショップS(ダート1400メートル)、続くブリーダーズCスプリントまで5連勝。

エクリプス賞チャンピオンスプリンターを受賞し、3歳にして北米スプリント界の頂点に立つ。17年のブリーダーズCスプリントで6着に敗れて引退した。

通算成績は米G13勝を含む9戦6勝。同年末に社台スタリオンステーションに輸入され、18年から供用開始。

社台スタリオンステーションでは、ウォーエンブレム、スウェプトオーヴァーボード以来15年ぶりの米国馬の種牡馬入りだった。

参照先URL:「米スプリント界の頂点に立った馬」「ほれぼれする体形」社台SSのドレフォンにかける大きな期待【競馬の話をしよう】

担々麺
ノーザンテースト、トニービン、ブライアンズタイム、サンデーサイレンス、ディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライ
もうこの大種牡馬達がいなくなってしまい、今の日本には大種牡馬と呼べる馬がいないので、ドレフォンでもシルバーステートでも誰でも良いから誕生してほしいね。
もう種牡馬の墓場と呼ばれた頃の日本には戻りたくない…
名無しさん
父ジオポンティ!
ヴィクトワールピサが勝ったときのドバイWCにいた!
名無しさん
リアルインパクトも新馬戦スタート当初は
驚異の勝ち上がり率とか言われたが後がさっぱりだった
名無しさん
ノーザンダンサーの血統か、何だか懐かしく感じる。
元・地方騎手(貧乏)
ドレフォンは初年度から産駒が高額取引されてましたよね。
ディープインパクトの死をきっかけに各社テコ入れ。
社台SSは世界的名馬ブリックスアンドモルタル(2020種付け頭数178頭)を導入。
カリフォルニアクローム(143頭)ドレフォン(186頭)サンダースノー(152頭)
デクラレーションオブウォー(134頭)マインドユアビスケッツ(141頭)
他社も皆が名前を知るような馬たちが続々導入。
社台SSもロードカナロア そしてシーザリオ系(エピファネイア・サートゥルナーリア)で世界への輸出を狙ってますし 10年後が楽しみです
名無しさん
父サンデーサイレンス系は廃れる道を辿ってるので、ドレフォンいいと思います。
まあまだ現役の種牡馬、競走馬もいるから20年後くらいから一気に勢力図は変わるかな。
日本の父系で血を残せるのはキングマンボとロベルトの血脈だろうし、そこに被らない良い種牡馬を集めるのが今後の目標でしょうね。
ドレフォンにも期待してます!
abcdefg
新しい血が欲しい所ですからね。
産駒も仕上がり早そうだし、後は成長力。
期待してます。
名無しさん
新馬戦なものの1800mで勝てたことは大きなアピールになる。昨年のモーリス産駒が速い上がりが苦手みたいなものが見当たらないので今後が期待できるかもしれません。
名無しさん
ドレフォン産駒は最初歩様が硬いと言われていたのに、見事に覆しましたね。
やっぱり、走ってみないと分からないんですよね。
名無しさん
ディープインパクトが亡き後、次の大種牡の期待が高い中、何が来るのかは興味があります。
内国産馬も素晴らしい血統の馬はゴロゴロいるので、楽しみです。
もちろん、ドレフォン、ブルックスオブモルタル等の新外国種牡馬にも期待です。
本音言うと、サンデーサイレンス系から出てくれたら嬉しいです。
名無しさん
今日のカラフルは楽しみですね
名無しさん
今の日本はサンデーの血が入ってない馬はレアでモーリスやエピファネイアが人気なのもサンデーの3×4が出来るから
これからの日本競馬の事を考えるとこれ以上サンデーの血が濃くならないようにサンデーやミスプロ系以外の種牡馬が必要
名無しさん
血統見たけど、確かにこれは期待をかけたくなるのもわかる。
ミスプロもノーザンダンサーも父系でかなり遠く、ヘイルトゥリーズン非所持。
いま日本に氾濫してるサンデー系繁殖牝馬ならほぼ誰でも行けるような血統構成で、更に現役時代の成績からスピードがあることは確約されてるようなもの。
後はどれだけ自身の力を産駒に伝えられるか、どれだけ質のいい繁殖を集められるかってところだと思う。
名無しさん
アメリカ系、ヨーロッパ系でも、日本の軽い馬場に合いそうな種牡馬を選定しているのだろう。
やはり、純アメリカン血統はダート、短距離、純ヨーロピアン血統は重馬場、長距離など、主戦場が日本のクラシックにマッチしにくい。
バゴ、ハービンジャーは頑張ってるが、日本の血統予想家はあまり高評価ではなかった。
母父サンデーサイレンス系と相性のいい血統を遺伝子工学で探せないのかな?
名前の無いネコ
新馬戦が始まって結構な成績を収めてるからって、後出しジャンケンと同じじゃない。
この記事の書くならドレフォンを導入した時に書かなきゃ。なにせ競馬ファンは予想が好きだからね。盛り上がったかもしれないのに、残念だなぁ。
名無しさん
社台が力を入れている時点で数年は質の良い繁殖牝馬が集まる。最初の2~3年が勝負。
ここでG1勝ち馬を出せれば波に乗れる。
上上下下左右左右BA
社台SSが導入したアメリカの種牡馬は軒並み活躍している。
ドレフォンにも期待。
名無しさん
日本の馬場は軽いから向こうでスプリントしか走らない馬でもマイルとか普通に持っちゃうかも。上手くいけば2000メートルまでは許容範囲かな。
名無しさん
ウォーエンブレムの次に、ドレフォンがジェンダーとか言い出したら社台はひっくり返っただろうね!エンブレムは少ない頭数だったが凄かったと思う。ドレフォンも頑張れ!
名無しさん
ここ数年の芝重賞はディープかキンカメの血が入っている馬が主流だからな。この血を消すことはできない。この血の上に重なって好成績を残すことも大事だと思う。
名無しさん
ノーザン、ミスプロ、ハイペリオンとのインブリードがOKなので社台の繁殖牝馬とバッチリ合いそうな種牡馬。サンデーとミスプロばかりで活力がなくなった牡馬の中でノーザンダンサー系が復活しそう。
名無しさん
今日の新馬戦もいい馬出てるねぇ(^_^)
名無しさん
距離適性がスプリントからマイラーとか新馬戦勝ち上がり多そうだけどクラシックはだめそう
馬券的にはわかりやすそうでええけど
名無しさん
この血を入れるのは今の馬産の状況を考えるとすごくいいことだと思う。
でも日本の馬場はガラパゴス化してしまってるから1代では結果が出ないかもしれない。1頭、どの路線でもいいから強い馬を出して欲しい。
名無しさん
中央ダートにスプリントのG1は無い。
距離が持つ産駒が出ても一部だろうから、ほぼ失敗だろう。
地方を考えての結果なら素晴らしいし、評価に値するが。
名無しさん
JRAの競争体系は芝が中心と思われているが、条件戦はかなりの割合でダートの1200や1400のレースがある。
しかし、何故かGⅠとなると1600以上しかない。
なんか不思議だ。
GelNERV
次世代のサンデーサイレンス、ノーザンテーストになれるかどうか。
日本で生まれたディープインパクトが頑張っているからね。
gmd
つまりディープ、キンカメの2大巨頭が居なくなった今、社台の勢力があまり及んでなかったダート短距離路線にも手を伸ばし始めたということか…
10年後種牡馬の勢力図がどうなってるのか興味ある
名無しさん
自身がスプリンターだからといって、
産駒がそうなるとは限らないよ。
例えばサッカーボーイ自身は
ベストスプリンター&マイラーだったのに、
その仔達は殆ど長丁場が得意だったし。
名無しさん
新馬戦なかなか好調ですよ タイトルを取ると来年種付け料が上がるよね 近年外国から買ってきた種馬あまり良くなかったけどドレフォンは期待できるよ
名無しさん
ドレフォンはスプリンターだけど、父のジオポンティの良いところが出れば2000まではいける
名無しさん
売り込む立場の人にしては慎重、謙虚な言葉で好感が持てました。
BCスプリント勝ち馬ってどんなのいたっけ、と調べたら種牡馬として有名なのはガルチとかで他は割と高齢馬や騸馬のスペシャリストが勝っている印象。そこを3歳で勝っているドレフォンは期待できるかもしれないですね。
黒井解
いかにもアメリカのパワフル型短距離馬だが、奥があるのかどうか。
名無しさん
社台グループの寡占化が止まらないね。ノーザンテーストで財をなし(予想家、清水成駿氏がノーザンの馬から買え/無視するなと言っていたね。)、サンデーサイレンスの大成功で独占を確立!分社化してもグループ全体で独占を継続。圧倒的な資金力があるから仕方ないかな。
今年急死したラフィアン代表岡田氏が、「社台に追いつけ」を目標に頑張っていたが、いかんせん資金力が違うからと‥。でもゴールドシップを種牡馬として購入したとき、「ようやくこれだけの名馬を買うことができた、これを足がかりになんとか‥」とおっしゃっていたが、オークスの優勝を見ることができなかった。後は奥さん、弟さん、息子さん達で「社台に追いつけ」を目標に頑張って欲しいな。
どんな社会でも独占はよくない。
名無しさん
ドレフォンのベストパフォーマンスは1400mなのでスプリント特化ではなく、持続力と心肺能力で長い距離へのも対応できる下地もある。
それにバランスのいい体形とあれば母方の能力も引き出せそう。
同じ時期に活躍していたマインドユアビスケッツも社台さんで来年デビューだけど似たような感じ
名無しさん
ダート馬といっても、向こうのダートは本当にダート(土)だから、スピード出るんだよな
サンデーも向こうのダートしか走っていない馬だけど日本の芝で成功したし(ダート馬もいるけど)、ダート(日本のは気候の問題で砂主体)より、芝の短距離マイル見据えてるんじゃない?
……社台の寡占が進むのは嫌だな
名無しさん
欧州馬は日本の高速馬場にはスピードが足りない。アメリカ産馬はダートというイメージだが、スピードがあるので、日本の馬場に合っている馬がいます。日本の競馬には非キンカメ、非サンデイの種牡馬が必要です。
名無しさん
輸入直後から、初年度産駒に出資するのを楽しみにしていた
なんと言っても顔がいい!
でも欲しい馬の抽選にはハズレたわ
名無しさん
社台スタリオンは他スタリオンに稼がれてるダート路線で活路が見えれば良し
芝を走ってくれたら儲けもんぐらいでいるんじゃないかな。
まだ新馬戦や未勝利戦のみだけどドレフォン産駒が芝でこんなに走るとは思わなかった。
名無しさん
日本の競馬にはスピードがないと対応出来ないから、スプリント種牡馬は成功する可能性は高いね
カナロアが成功してるのも、やはりスピード値が高いからだろう
名無しさん
ドレフォンに期待されてるのはリーディング取る事より、この先の社台の血を活性化させることでしょうね。ノーザンテーストが亡くなった頃にジェイドロバリーとかヘクタープロテクターを導入したのと同じ目的でしょう。
名無しさん
はっきり言って血統遺伝子的にはシャンハイボビー、ビーチパトロールの方が期待できると思う。
ただ日本の生産者がそれを活かせないのはヨハネスブルグから大物が出せなかったのを見れば容易に想像がつく。
名無しさん
日本に対応してなら安定のカナロアの方が
有利かな。
名無しさん
産駒は日本だともっとダート寄りでは…という予想をしていたんですが、今のところ新馬戦を勝った3頭は芝1400、ダ1200、芝1800。他を見てもダート寄りとは限らない感じ(ダート馬は馬の成長と番組増加と共にこれから増えていくでしょう)。
先日東京芝1800の新馬で母アロマティコの仔がいい決め脚を見せていておおっと思いました。中距離もいけるのかも?
当然ダートを意識した配合の馬が結構いますし、ダートで大きいところを狙える馬が出るかどうか。
土曜の福島のダート新馬も今のところドレフォンの仔が一番人気です。果たして。
名無しさん
なぜダート馬を入れるのか?ここが血統のおもしろいところで、日本の野芝では軽いダートの米国スピード血統がタイムを底上げしているのだ。
名無しさん
産駒の出来が良くて、去年の夏に急いで複数の一歳達に出資しました。予想を上回る好スタートにほくそ笑んでいます。
名無しさん
ドレミファドン