競馬専門紙のTM・記者が選ぶ、蛯名正義騎手と印象深いコンビ馬といえば?

競馬専門紙のTM・記者が選ぶ、蛯名正義騎手と印象深いコンビ馬といえば?

2月28日の騎乗を最後に、現役を引退する蛯名正義騎手。

1987年のデビュー時からコンスタントに活躍し、1996年に初めてGIを勝ってからは多くの名馬に跨ってきた同騎手だが、競馬専門紙「優馬」と「競友」のTM(トラックマン)、記者らは、どの馬とのコンビが印象に残っているのだろうか。

「蛯名正義騎手とのコンビが印象深い馬といえば?」TM・記者アンケート結果

1位 10票 エルコンドルパサー
2位 5票 マンハッタンカフェ
アパパネ
4位 3票 ステージチャンプ
5位 2票 フェノーメノ
6位 1票 エアジハード
マツリダゴッホ
イスラボニータ

1位 エルコンドルパサー

ジャパンカップで強豪を退けたエルコンドルパサー

文:須藤大和TM(優馬)

デビューから無傷の5連勝でNHKマイルCを制したエルコンドルパサーだが、秋緒戦の毎日王冠では、これまでの主戦・的場均騎手がグラスワンダーを選択。

次の候補に挙がった武豊騎手もサイレンススズカに乗ることが決まっていたため、本馬は蛯名騎手と数奇な出会いを果たすことになる。

コンビとしての初陣はサイレンススズカの2着に敗れたが、続くジャパンCでは、エアグルーヴ、スペシャルウィークといった強豪を封じ優勝した。

翌年は、凱旋門賞を大目標にヨーロッパへの長期遠征を敢行。蛯名騎手もレースの度に現地へ赴き、サンクルー大賞で海外GI制覇を成し遂げる。

凱旋門賞では、直線でモンジューと熾烈なデッドヒート。惜しくも2着に敗れはしたが、現地メディアに「チャンピオンが2頭いた!」と言わしめる程の強烈なインパクトを残した。

海外でも4戦して2勝、2着2回とほぼパーフェクトに近い成績。

ただ個人的には「もし凱旋門賞で逃げていなかったら、いまだ切り拓かれていない日本競馬の歴史は変わっていたのかな…」と思うほど、惜しいレースだったように感じる。

2位タイ マンハッタンカフェ

3歳秋になって本格化したマンハッタンカフェが有馬記念も快勝

文:小島康睦TM(優馬)

マンハッタンカフェは叔父の管理馬だったこともあり、蛯名騎手とのコンビが記憶に残る一頭。20年近く経った今でも、蛯名騎手が口にした数々の言葉が思い出される。

「良くなるのは3歳秋以降でパンとしてきてから」という言葉通り、北海道シリーズの条件戦を、春とは別馬のような走りで連勝したマンハッタンカフェ。

「もっともっと良くなるよ。重賞…いや、GIだって狙えるよ!」と、蛯名騎手は興奮気味に話していた。

セントライト記念は先約があり乗れなかったが、ダービー馬ジャングルポケットらが揃った菊花賞はかなり色気があったようで「距離は延びれば延びる程良いタイプ。折り合いもつくし、どこからでも競馬が出来る。楽しみだよ!」と戦前に語っていた。結果はご存じの通り、快勝である。

返す刀で挑戦した有馬記念では「道中の行きっぷりが半端じゃなかった。4コーナー過ぎで勝てると思ったからね」とGIを連勝。

年明けの日経賞は雨の影響があった馬場に苦戦し敗れたが、春の天皇賞では「体調と馬場さえ良ければ自信はあった。理想通りの競馬が出来たし強かったね。」とコンビでのGI3勝目をあげた。

秋は凱旋門賞に挑戦するも、体調が整わず残念な結果に終わったマンハッタンカフェ。

「とにかくお父さんのサンデーサイレンスに良く似ていたし、種牡馬としてもあれだけ活躍したのも頷ける。競馬史に残る名馬だったと思うよ」と引退後の本馬を振り返っていたのも印象的だった。

2位タイ アパパネ

蛯名騎手を背に牝馬三冠を達成したアパパネ

文:西田美佐子TM(優馬)

赤松賞を1分34秒5のレコードで快勝してマイルへの適性を示し、栗東滞在で掴み取った阪神ジュベナイルFと桜花賞。

1番人気に推されたとはいえ、血統や体型から初の2400mを不安視する声もある中、長い写真判定の末、同着というドラマチックな展開で勝ち取ったオークス。

横綱相撲で牝馬クラシック3冠の偉業を成し遂げた秋華賞。早め抜け出しの形からブエナビスタの猛追を退けたヴィクトリアマイル。

いずれをも含め、19戦中18戦で蛯名騎手とコンビを組んだアパパネ。

真面目で全力で走る本馬を冷静な判断でリードしていき、お互いを高め合う様な形で名勝負を紡ぎ出した良きパートナーだったと思います。

名脇役ステージチャンプを推す声も…

蛯名騎手がビッグタイトルに導いた馬がランクインする中、GI勝ちのないステージチャンプが4位に入った。票を投じた優馬・那谷TMのコメントをご紹介する。

■4位 ステージチャンプ

文:那谷明弘TM(優馬)

1995年の天皇賞・春、強烈な追い込みでライスシャワーを外から強襲し、蛯名騎手は差し切ったと思いガッツポーズをしてしまったのはあまりにも有名な話ですが、今なお記憶鮮やかです。

あのガッツポーズは、プロ野球・宇野勝選手のヘディングと並ぶ珍プレーのレガシーだと思います。

当時、蛯名騎手はGI未勝利でしたが、後にエルコンドルパサーやマンハッタンカフェ、アパパネなど歴史的名馬とのコンビで数々のGIを制する名騎手になるとは…、当時の私は思っていませんでした。

ごめんなさい、蛯名先生。調教師としても、これから数々の名馬を育て上げ、成功することを祈っています。

以上がTM、記者らの投票結果だったが、読者の方が思う“蛯名騎手とのコンビが印象深い馬”は? コメント欄にて、ぜひともその意見を教えていただきたい。

参照先URL:蛯名騎手とのコンビが印象深い馬は? 1位は世界と戦った名馬 GI未勝利ステージチャンプもランクイン

名無しさん
ディーマジェスティも入れてほしかった
名無しさん
どー考えても、フジヤマケンザンだけど……
時代は変わったね
名無しさん
異議なし。私もステージチャンプは印象深いので取り上げてくださり共感します。あと、フェノーメノのダービーも。
名無しさん
スプリングSのクリールサイクロン。あの時単勝に大きく勝負しようと逡巡の末、買わずに後悔。単勝27倍だった。後の強豪エアジハードを退け見事1着。
名無しさん
僕もマツリダゴッホは印象的かな〜。
中山マイスターって言う馬の個性も合わせて、いいコンビでしたね。
コンビが印象的ってわけではありませんが、ウメノファイバーのオークスもよかったですよね!
名無しさん
>続くジャパンCでは、エアグルーヴ、スペシャルウィークといった並み居る古馬を封じ優勝した
スペシャルウィークは同世代でジャパンカップ当時古馬じゃねーよボケ
名無しさん
ドゥラメンテが勝ったダービーのタンタアレグリアが地味に記憶に残ってます。
直線半ばで伸びてないのに何故かフジの青嶋アナがタンタアレグリア!蛯名!って突然絶叫したのが未だに忘れられません
名無しさん
ピンク帽子のマリアライトが最近だと一番しっくる!
大日本国万歳!!
エルコンドルパサーの名を挙げると必ず「毎日王冠」のサイレンススズカを思い出すよ。先頭を走るサイレンススズカの影さえも踏めなかったエルコンドルとスペシャルウィーク、、グラスワンダーも出てたとは、、、恐るべし「サイレンススズカ」
名無しさん
個人的にはホッカイルソーだなぁ、
馬なりで直線向いていざ追い出すとゴール前わざと止まってるんじゃないかって馬だった。
名無しさん
エルコンドルパサーかな
ただ、毎日王冠の前までは的場だったんだよね
グラスワンダー、サイレンススズカとの夢の対決で的場がグラスワンダーを選んで蛯名に乗り替わった
4歳時の長期遠征はワクワクしたし、チャンピオンディスタンスで勝負できる馬がついに、と夢見させてもらった
今でも最も世界に近づいた馬はこの馬だと思ってる
名無しさん
青葉賞を好タイムで勝ち、ダービーでキンカメを負かしにいったハイアーゲームが印象に残っています。
名無しさん
マジで語ると文字数足りない。個人的にはイスラボニータで、フジキセキ産駒待望のクラシック制覇をフジキセキのデビュー戦に乗った蛯名で勝てたのはドラマだった。
蛯名のダービーはそのボニータとフェノーメノが惜しかったけど、ハイアーゲームも忘れられない。キンカメに真っ向勝負挑んだ直線は熱かった。
ばんはん
マリアライトだな。宝塚でドゥラメンテやキタサン相手に完勝したのは見事だった。
有馬で2年連続して大外に入ったという偉業も成し遂げている。
後はあのガッツポーズだけど、気にする事は無いだろう。勝ってもいないのに2回もウイニングランをした騎手もいる
名無しさん
エルコンが逃げなかったら勝ってたかもとか言ったら、オルフェが内ラチにささらなければ確実に優勝してたよ。
結果論なんで負けたのは仕方ない。
名無しさん
お疲れ様でした。これからは調教師として頑張ってください。応援してます。
名無しさん
サイレンススズカが毎日王冠に出走しなかったら、
ユタカとエルコンドルパサーのコンビがありえたのか。
このコンビも見たかったな。
というか、もし毎日王冠でユタカがエルコンドルパサーに騎乗していたら
秋天はどうなっていたんだろうか。
名無しさん
やはり!エルコンドルパサー
凱旋門賞で逃げなかったら…って逃げてなかったらモンジューにもっと差をつけられていたかもしれないです。(番外)シルフィードも逃げましたし…
名無しさん
やはり名馬が多いですが、
3歳馬初天皇賞馬のバブルガムフェローも当時は若かった蛯名騎手を信じて見事な騎乗に感動したレース。
最近ではマリアライトは地味ながらとても印象的。
まだ勝てなかった条件時代からずっと乗り続け、厩舎と蛯名騎手とで共に試行錯誤しながらG1馬にまで仕立て上げた馬。
あのドゥラメンテとキタサンブラックを破った宝塚記念は3コーナーからずっと追い通しで、レース後コメントでも疲れたと言っていたくらいの蛯名騎手だからこその渾身の騎乗は凄かった。
名無しさん
若き日に大損させられたダイナフランカーを
個人的には忘れるわけにはいかない。
名無しさん
香港カップ、日本馬初勝利フジヤマケンザンだね。タフでゴツい馬だった。
返信ご無用でお願いします
印象に残る名馬が多いですね。しかしマンハッタンカフェの写真すごいな(笑)
名無しさん
バブルガムフェロー!
名無しさん
分かってくれる人いるかな?
自分の中では、マイスタージンガーです。
新潟の条件戦から蛯名騎手に乗り替わって、重賞連勝し、一気にマイルCSまで駒をすすめた上がり馬。
マイスタージンガー同様、蛯名騎手もトップジョッキーに登っていった気がします。
名無しさん
トロットスターやファストフレンドもいたねぇ。
名無しさん
主戦ではなかったけど、やっぱりバブルガムフェローですね。
秋天で古馬相手に横綱相撲の叩き合いを制しましたから。
勝利ジョッキーインタビューで岡部騎手からは、癖がないから変な小細工なしで相手すれば良いと思うと言われたって語ってたのも印象的です。
それで古馬相手に本当に勝たせるとはと。
ブレイヴハート
普通に選べばエルコンで間違いないんだろうけど、個人的にはフジヤマケンザンとの香港遠征が凄く印象的。
テンポイントゆかりの血統が海外で花開いた瞬間は感無量だった。
エビショー、本当にお疲れ様でした。
今週末怪我なく、元気な笑顔でレースを終えてください。
名無しさん
シャコーグレイドですよ
名無しさん
凱旋門の扉を開きかけたエルコン。
観客の盛大な拍手、忘れられない
名無しさん
えびな~調教師やっとだな~ダービー勝とうな
名無しさん
馬券を無視すれば、アパパネ。
馬券的には、ステップレースの内容と当日の馬場状態から連覇を信じてもうけさせてもらったフェノーメノ。
名無しさん
やっぱりステージチャンプだろう。自分はライスシャワー推しだったので、勝手にガッツポーズなんぞしやがった蛯名に対して、凄い反感を抱いたものである。
名無しさん
ナカヤマフェスタですね
この馬で凱旋門は無謀だと思いました
蓋を開けたら大善戦どころか勝ち負けでした
改めて蛯名騎手の凄さを知りました
名無しさん
僕は若武者時代に騎乗したフジヤマケンザンですね!
名無しさん
ナカヤマフェスタをお忘れでは
エルコンドルパサーと同じく凱旋門2着️
名無しさん
俺の中では間違いなくエアジハードだな。
あのグラスワンダーを打ち砕いた安田記念は間違いなく自分の中でナンバーワンのレースだった。
蛯名さん、長い間お疲れさまでした。ダービートレーナーになれる日を心待ちにしています。
名無しさん
タンタアレグリアだろ
マイネルデスポット
フェノーメノ、イスラボニータの2着続きでディーマジェスティが1枠1番引いたときは、遂にダービー獲れるかと思ったんだけどなぁ。あのレースは蛯名ー!!って何度絶叫したかわからない。
名無しさん
色々頭に浮かびますがマンハッタンカフェですかね。
フェノーメノのダービーが一番惜しかったかな。
ダービー獲ってもらいたかったです。
ずっと武豊をライバルにしていた騎手の一人。
エビショウ、調教師でダービー制覇目指して下さい。
応援しています。
名無しさん
見始めた年補正が効いてマンハッタンカフェだなぁ。
だからレディパステルも少し推したい(オークスはデザーモだったけどさ)。
名無しさん
あんまり書かれてないからナカヤマフェスタで。別々の馬で凱旋門賞二度の連対は偉業。
エルコンの逃げに関して記事に書かれているが、周りの騎手の日本なんかに勝たせない雰囲気を察知したエビショーが内に包まれないようにスタートから出して行ったファインプレーだと思う。
トレーナーとして、騎手時代には僅かに届かなかったダービー&凱旋門賞の制覇を期待しております。
Gggggmmmm
蛯名騎手の馬券、よく買いました。
此処に上がってない馬ならウメノファイバー、マツリダゴッホ。
特に長距離は信頼していました。
名無しさん
的場がグラスワンダー選択したからエルコンドルパサー乗ったんだけど、後年グラスワンダーにも乗ったんだよね。不思議な縁ですね。
個人的にはビッグサンデーのスプリングステークスです。中尾正、伊藤雄など関西厩舎との相性良かった。G1は何故か関東馬ばかりでしたが。
名無しさん
トウカイポイントのマイルCSもあるよ。前走の富士Sでは前が詰まって5着だったけど、エイシンプレストン以下を退けた豪脚は
凄かった。他のトウカイとのコンビもよかったね。
名無しさん
自分はシャコーグレイドですね
名無しさん
蛯名さんと言えばステージチャンプですね。
あの天皇賞春ライスシャワーと並んでガッツポーズ現地で観ました。
それとステイヤーステークスでステージチャンプで勝ってすぐ飛行機に乗り香港に行きフジヤマケンザンで国際レースを勝ち土日重賞勝ちした事かなぁ。
名無しさん
ビッグバイアモン!
デビュー2戦目でプリンシパルS3着に逃げ粘ったのには驚いたなあ。
その後のダービーを制したのはデビュー3戦目のフサイチコンコルド。
もしダービーに出られていたら、かなり面白い結果になっていたかも。