【2019 新種牡馬エピファネイアの正体】産駒は早期から短距離戦でも活躍!

【新種牡馬エピファネイアの正体】早期から短距離でも活躍のうれしい誤算

【新種牡馬の正体2019=エピファネイア】25日までの時点で7勝と、初年度産駒が好発進しているエピファネイア。意外なのは1200メートルで4勝を挙げていること。ジャパンC、菊花賞勝ちをはじめ、クラシックディスタンスが主戦場だった本馬と違って、産駒は短距離戦でも活躍している。

「自身はためて切れるというより、ある程度速いペースについて行って、後続に脚を使わせて押し切るスタイルの馬でした。自身のスピードは抜けていますし、産駒も気性が前向きで行きっぷりのいい馬が多いようです。必ずしも短距離がベストのタイプではないですが、そういう意味で、ある程度短い距離でもやれそうだとは思っていました」と、けい養先の社台スタリオンステーションの三輪圭祐氏は分析する。

「ただ、産駒がこんなに早い時期から活躍するとは思っていなかったんです」とも。「同馬の父のシンボリクリスエス産駒は新馬勝ちよりも未勝利勝ちのほうが多いように、使いながら仕上がっていくイメージ。産駒が早い時期からこんなに勝ち上がるとは予想していませんでした」。現時点での活躍は�うれしい誤算�というわけだ。

エピファネイア自身は10月下旬の京都芝外1800メートルで新馬戦を勝ち、京都2歳S、ラジオNIKKEI杯と2歳時に3連勝。翌年のクラシック戦線に駒を進めた。自身の歩んだ戦績と、先の三輪氏の話を踏まえると、エピファネイア自身の適性と合致する中距離の新馬戦が増え、産駒の仕上がり度合いも進んでくる秋以降、さらに勝ち星が伸びると予測できる。その中に自身のようにクラシック戦線で活躍するような�真打ち�も潜んでいる可能性が高い。

「けい養初年度から毎年200頭以上の種付けをこなしているように、馬産地の人気も高いです。普通なら初年度から種付け頭数は徐々に減っていくものなんですが、産駒のデキや育成でも評判がいいようで、種付け頭数を維持できています。集まる肌馬の血統もバリエーションに富んでいますし、産駒はいろいろな条件でマルチな活躍をしてくれると思います」と三輪氏。

血統的には、先般相次いで死んだディープインパクト、キングカメハメハの血を持たず、その両巨頭を父に持つ牝馬に種付け可能なのも大きな魅力。初年度産駒の活躍次第では、種牡馬エピファネイアが今後の日本の馬産界を背負っていく存在になるかもしれない。

参照元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190828-00000074-tospoweb-horse

D.O.D
キングカメハメハ、ディープインパクト(サンデーサイレンス)を持たない種牡馬として、エイシンフラッシュも重宝してあげて。
sss
なるのかも
ではなく
なるのです!
名無しさん
なんとなくやけど、気性が荒いイメージがあったから短距離適性は納得。
名無しさん
今の所、逃げ先行のエピファネイア産駒は強い
名無しさん
ロベルト系にありがちな牝馬が不振というパターンにハマらないかどうか
名無しさん
シンボリクリスエスの血が繋がって欲しいね
名無しさん
これからはキングカメハメハ系が主流になると思いますが、ロベルト系もサンデー系との配合に貴重です
良質な牝馬が集まれば芝でも走ると思います
名無しさん
ディープの血は入ってなくてもサンデーの血が入ってるけどね。
名無しさん
スミヨンはオルフェーヴルより強いと言ってたからな
あれを強引に寄っちゃダメだぁ~
シーザリオみたいに何頭もG1馬出す名牝の産駒は種牡馬としても成功する可能性が高いし、ディープ牝馬に付ければサンデーの3×4、サンデーの血もこれくらい薄まれば選択肢は広がるから。
名無しさん
素人なんだから偉そうに血統の記事載せて語るな。
名無しさん
荒い気性を我慢して貯めたパワーは半端なかった
それが我慢出来なかったのがリオンディーズ
ここまで走る一族だから種牡馬としても繁栄してほしい
名無しさん
サンデーのニックスもあるし、繁殖候補は限りなく多いな
大航海しんちゃん
乗り難しい馬だったんだろうけど、
強かったのは間違いない
岡部騎手が
ディープは武豊じゃなければ
ただの強い逃げ馬になってた
って言ってたのと逆パターンかもね
もっと手の合う騎手となら
もう少し勝てたのかもね
後は産駒に期待です
ルメーロ
2歳リーディングは今のところキズナがトップ
こちらも意外だった
名無しさん
サートゥルナーリアがダービーで負けた時、この馬の弥生賞を思い出した。
あの時も、負けるなんて想像できないくらい強い馬だった。
名無しさん
スペシャルウィークの血がこんな形で残るのは意外だったな