アメリカンファラオ産駒フォーウィールドライブがブリーダーズSSで種牡馬入り

アメリカンファラオ産駒フォーウィールドライブがブリーダーズSSで種牡馬入り

19年のBCジュベナイルターフスプリント覇者、フォーウィールドライブ(牡4、父アメリカンファラオ)がブリーダーズスタリオンステーション(北海道日高町)で種牡馬入りすることが26日、わかった。アメリカンファラオの後継種牡馬として、大きな注目を集めることになる。

【種牡馬アメリカンファラオの特徴を整理しよう】

導入を決めたブリーダーズスタリオンステーションの遠藤幹氏は「日本ではアメリカンファラオ産駒が活躍していますし、この馬自身は卓越したスピードを持っている馬です。特徴もはっきりしますし、配合的にも日本の生産者の皆様が種付けしやすい馬だと思います」と期待を寄せている。

同馬は現在米国で出国準備中。2月10日に来日し、検疫を行った後、ブリーダーズスタリオンステーションに移動する。種付け開始は3月中旬になる予定で、種付け料は「受胎確認後支払100万円(出生確認後支払150万円)」となっている。

15年に37年ぶり12頭目の米3冠馬に輝いたアメリカンファラオの初年度産駒で、ノーネイネヴァーを育てたワード厩舎から19年にデビュー。3戦無敗で芝1000メートルのBCジュベナイルターフスプリント(G2)を逃げ切った快速馬だ。昨年5月の条件戦(7着)がラストランで通算成績は4戦3勝。

日本で走るアメリカンファラオ産駒はカフェファラオ(牡4、堀)がユニコーンS、シリウスSを制覇。ダノンファラオ(牡4、矢作)が統一G1ジャパンダートダービーを制した他、2世代目からも芝で2勝を挙げるリフレイム(牝3、黒岩)など、スケールの大きな馬が続々と登場している。

また、米国ではハーベイズリルゴイルがG1クイーンエリザベス2世チャレンジCSを勝利。欧州では仏G1クリテリウムインターナショナルを制したアイルランドのヴァンゴッホが昨年の欧州最優秀2歳牡馬に選ばれており、芝とダートで幅広い適性を見せている。

参照先URL:フォーウィールドライブをブリーダーズSSが導入

名無しさん
4WDってことね
カタカナで書くとダサいな
ウィールって…
名無しさん
そんな大した成績では無いような。
カフェファラオとかが引退までの繋ぎかな?
名無しさん
サザンヘイロー、ウッドマン、ヌレイエフといかにもこっ速そうな名前が母ちゃんの方に並んでる感じ
何となく新潟千直が似合いそう
名無しさん
どんどん新しい種牡馬が入ってきますね
名無しさん
カテゴリーや会社こそ違うけれど、タピザーをあてにしていた生産者の皆さんには血統面ではうってつけではないでしょうか。
名無しさん
ダート短距離向きでしょうね。
洋芝なら結果出るかもしれない。
たた
こういう血統が地方にぎわすのかな
japancup
仕上がり早くてダートも走りそうだから悪くない買い物だと思う
名無しさん
スピードが産駒に受け継がれると面白い。
第二のパイロ、サウスヴィグラスの予感がする。