世界6カ国で騎乗した藤井勘一郎騎手が語る、世界での日本種牡馬の活躍

異色の逆輸入ジョッキー藤井勘が世界で見た日本馬の血脈

親から子へ受け継がれていく血のロマンは、競馬の魅力の一つ。競馬は世界各国で行われており、中には現地で種牡馬として活躍する日本馬もいる。

そんな他国の種牡馬事情について、6カ国でレース騎乗経験を持つ藤井勘一郎騎手(36)=栗東・フリー=が経験を基に解説してくれた。

一番長いキャリアを積んだオーストラリアでは、日本からシャトル種牡馬としてけい養されている馬が多いこともあり、なじみの血統を見かけることも多かったそう。

欧州に比べて豪州で日本血統が歓迎される理由を「オーストラリアは、森を開いたところに競馬場があるヨーロッパとは違って、ある程度、日本と同じで“コース”で競馬していますからね」と説明する。

古くはジャングルポケットやフジキセキ、今ではモーリスやミッキーアイルなどが、シャトルけい養されており、2010年、11年に高松宮記念を連覇したキンシャサノキセキは、フジキセキが豪州で残した子だ。

シンガポールでは日本人トレーナーが活躍しているらしく、「高岡(秀行)厩舎といって、もともと道営のリーディングだったところなんです」と教えてくれた。

日本の競馬ファンからすれば、シンガポール競馬はオーストラリア競馬よりもなじみが薄いかもしれないが、06年にはコスモバルクが、07年にはシャドウゲイトがシンガポール・エアラインズ・インターナショナルC(G1)を制している。

また、日本調教馬だけでなく、日本産シンガポール調教馬の活躍も目立っている。「長距離ですごく活躍したエルドラドという馬はステイゴールド産駒の日本生産馬で、ゴールドC(G1)を3勝しました」。引退後にはエルドラドの名を冠したレースが施行されるなど、シンガポール競馬に大きな影響力を与えた様子だ。

他にも「ジョリーズシンジュ(父ジョリーズヘイロー、4歳チャレンジ3冠馬)も日本のセリで買われた馬ですしね。あとは不思議なことに、向こうでディープ(インパクト)産駒にも乗ったことがあります」と懐かしげに振り返る。

JBISで確認すると、ジョリーズシンジュは引退後、オーストラリアで繁殖入り。14年産のフォーマリティー(父ファストネットロック)が重賞4勝を挙げている。

韓国は「種牡馬がアメリカから輸入されるパターンが8割」と話すが、ダートしかないという理由だけではないようだ。

「福岡から韓国まで船で2時間。一見、日本から連れて帰る方が速いと思いますよね。でも、北海道からそこを経由して持ってくるのと、遠いけどアメリカから一気に持ってくるのでは、アメリカからの方が関税とかが安いんです」と説明してくれた。確かに…と納得させられることばかりだ。

そして、その米国から輸入されたのが、「向こうのディープインパクトです」というメニフィー(父ハーラン)だ。昨年に死んでしまったが、産駒が韓国3冠を制覇したり、年度代表馬に複数馬が輝いたり、韓国競馬を象徴するような活躍を見せた。

とはいえ、日本からもビワシンセイキやイングランディーレ、テスタマッタなどが輸入されており、最近ではクリソライトが韓国に渡っている。その中でも「イングランディーレの子でチグミスンガン(コリアンダービーをV)っていうのがいて、強かったです」と舌を巻く。

チグミスンガンは引退後に同国で種牡馬入り。イングランディーレの後継種牡馬となった。異国の地で、日本の血脈が広がりつつある。

意外なことに中国でも騎乗経験を持ち、「芝コースに立派なゲートがあって衝撃的でした」と述懐する。

肝心の馬はというと「オーストラリアで売れ残った馬が一線に行っています」と、意外な返答。白星も挙げられたようで、「血統を見たら豪州産の馬がいて、オーストラリアの時の感覚で乗ったら一つ勝てました。パッと行った地でも血統を見たらそういう乗り方ができますね」と、見知った血統が騎乗の大きなヒントになった様子だ。

「血統は面白いですね」と異色の逆輸入ジョッキーは相好を崩す。「小さい頃にサンデーサイレンス産駒1期生のダンスパートナーらがいて。フジキセキで競馬が好きになりました。オーストラリアに行って、騎手になって、そしたらフジキセキの子がいて…びっくりしました。

(主戦の)アブレイズの3代母リリオも、池江先生が助手時代にアメリカのセリで買ってもらった馬ですからね」。ドラマ性すら感じる血のストーリーに胸を熱くした。

参照元URL:異色の逆輸入ジョッキー藤井勘が世界で見た日本馬の血脈

名無しさん
ほんと血統は面白い
名無しさん
「シンガポールでは日本人トレーナーが活躍しているらしく、「高岡(秀行)厩舎といって、もともと道営のリーディングだったところなんです」と教えてくれた。」
競馬記者なのにこんなことも知らないのか。知らなくてもこういう取材するなら前情報として入れてくるだろ。
名無しさん
競馬には、三つの楽しみ方があると思っています。
一つ目は、馬券。
二つ目は、厩舎や騎手や馬主、JRA等の馬屋社会の考察。
そして、
三つ目が血統。
どれも、奥が深い。
名無しさん
藤井ジョッキー、面白い経歴ですよね。こんな日本人ジョッキーがもっと出てくると、競馬も面白くなりますよね。若手のジョッキーが、長期間、海外に武者修行に行くことは、意味があるよね。(帰ってきても、居場所が無いリスクはあるけどね。)
名無しさん
もっとマシな騎手を入れてあげて…。
南関東で乗ってたときからボロクソに言われてたじゃん。まぁ下手な騎手も馬券的に使い道はありますが。
名無しさん
藤井、最近G1でよく見かけるようになった。
苦労人だし応援したくなる。
名無しさん
最初に南関に来た時は、そこそこ乗れる騎手だなと思ったがそっから腕は尻すぼみ。
でも、オークスで穴人気するくらいの馬に乗れたんだから騎手としては大成功でしょ
名無しさん
フジキセキの弥生賞は感動したなあ。
たーとも
韓国は「種牡馬がアメリカから輸入されるパターンが8割」と話すが、ダートしかないという理由………〜からの文章がいまいち意味がわからないですm(._.)m
ダート血統だけでなく芝血統の種牡馬も多いってこと?
アメリカ〜の輸入は、日本を経由せずダイレクトで輸入した方がいい?ってこと?
名無しさん
各国との血脈の繋がりを考えると競馬界はほんと強かだなと思う
名無しさん
オークスデーのジュンスターホース藤井騎手が嫌と思いながら買いましたがいつも通りの道中番手を下げる騎乗でホントにヘタだと思いました  忘れた頃また間違いを犯しそうになると思いますが二度と買いません
名無しさん
中国で競馬というのは初めて聞いた
多分書きぶりからして香港では無さそうだけど
本土は賭博禁止ではあるが、広州で馬券を売らない競馬場が最近できたとか聞いたことあるけど、それか
名無しさん
韓国のリーディングサイヤーランキング見て、イングランディーレがトップ10に入ってたのはビックリした。
トルコ競馬でスマートロビンが新種牡馬で頑張ってたり、近い将来、父系や母系に日本の血脈がある馬が外国馬として遠征してくるかも。
名無しさん
藤井ジョッキーは人気薄の馬も上手く乗っている印象です。よく穴をあけるのでこれからも注目していきたいです!
名無しさん
おもしろい。
色々と懐かしい馬名がでてきても興味深く読ませていただきました。
名無しさん
勘一郎君。去年から、買い続けているんだけど。
人気馬に乗って、ガッツリ行ったら、
見事に、ボロ負けもあったけど。
人気薄の馬に乗ったときに、おいしい思いも
させてもらった。
人気薄の時に馬券をこれからも買わせてもらうけん。頼むよ。
名無しさん
日本競馬がこれだけ発展していたら日本馬の血統を欲しがる国は多くなっていくでしょうね。
あの欧州がディープインパクトの血を求めたくらいですからね。
産駒のサクソンウォリアーには期待しています。
名無しさん
コスモバルク、シャドウゲイトが勝利したシンガポール航空国際カップは廃止されてしまったんですよね
習慣テレビ批評
藤井騎手のような日本から世界に出ていき活躍できる騎手が増えてくると本当の意味での国際化が進むと思う。
外国人騎手が来日し大活躍…
それもワールドワイドでおもしろいけれど、日本の競馬だから日本の騎手がいいところを見せてほしいし、返り討ちにするくらいの気迫を見せてほしい。
名無しさん
ビワシンセイキ懐かしいな。
名無しさん
下手
名無しさん
競馬学校出のジョッキーばかりではなくて、こういう異色の経歴を持つ騎手がもう少しいると面白い。
名無しさん
韓国競馬のレベルは凄い勢いで上がってきているみたいですが・・・
「スタートしてから100メートルは進路変更してはいけない」という「謎ルール」があるので・・・
そこを改善しないと「世界基準の競馬」にはなれないかもしれない。
名無しさん
オークスはアブレイズから買いました!
馬場入りから頭を上げていて
その時点で今年のオークスは終わりました…
名無しさん
あばれる君かと思ったわ
名無しさん
すごく面白いし、ためになる。
こういう記事、もっともっと読みたい!
名無しさん
着々と日本でも数字が良くなってきてる気がする。騎手が移動出来ないのもあるかもしれないけど。
ten
ドラゴンズの岩瀬投手かと思いました。
名無しさん
イングランディーレの春の天皇賞は目の前で見たなあ。幻の三冠馬と言われたフジキセキとかも懐かしい名前。
名無しさん
同い年で同じ奈良出身。応援してるよ。唯一の奈良出身騎手だからね。
名無しさん
この人、下手ではないよね
名無しさん
かつては輸入種牡馬偏重で、あのシンザンですら「スピード不足」と言われて、種牡馬入りしても最初はなかなか繁殖牝馬が集まらなかったそうだけど、それから考えると日本産馬が世界中で種牡馬として活躍しているのは、まさに時代が変わったという感じ。
名無しさん
JRA試験に受かってどんな騎乗するのかと思いきや、ガッカリしたなぁ。期待も高く、デビュー当初は人気馬に多く乗ってたけど、飛ばしまくり、デビューから1ヶ月も経たない内に酷い斜行かまして和田と太宰を落馬させる事故もあった。
今年は酷かった勝率も見れるくらいには改善して、重賞勝ちもしたけど、あんまり好きな騎手ではないなぁ
名無しさん
日本で走らせた日本の種牡馬で繁殖頭数が揃わない種牡馬も輸出で出したら活躍する馬を出すかもしんない。
名無しさん
父ステイゴールドのエルドラドがゴールドCを3勝。
金づくしやぁ。
名無しさん
へ~、最近よく見る藤井ジョッキーは、こういう人だったのね、30年振りに真面目に競馬してるから、知識不足です
mat
勘一郎もJRAに慣れてきて重賞でも上位に顔を出すことも見かけるし、G1でも騎乗することが増えてきた。
やっぱり国によってレースも体系も大きく違う中で様々な国で騎乗経験があり、引き出しがたくさんあるのは大きな強みですね。
電車運転思キタグニ
去年はバカにしてたけど、今年のフジカンは持ってる!ガンバレ
EDうぃん
アブレイズ持ってきてよぅ
名無しさん
バイアリーターク系は顔がイケメン!トウカイテイオーとか。
名無しさん
フジカンはオーストラリアで騎手になった異色の経歴。
彼の様に、JRCを介さずとも騎手になれる方法もある。騎手予備軍よ、もっともっと外にも目を向けて行って欲しい。
名無しさん
将来の江田照はお前だ!
期待してるぞー
名無しさん
表舞台に立てるジョッキー志望者は、氷山の一角。その中で大舞台に立てるのは、ほんの一握り。オーストラリアからJRAに入った日本人ジョッキーは初めてでしょう。
本当に頑張って貰いたい!
名無しさん
レース見てて、姿勢とか乗り方汚いな〜、誰これ??と思って騎手名みたらフジカンだったりする。この馬いいな、と思ってもフジカンだと軸にしづらいし買いづらい。そして馬券にならないパターンが多すぎる。海外競馬に出てたとはいえ、騎乗センスまるでない。
逆に言えば日本で騎手になれなくてオーストラリアに行って出戻ってきたんよな。幸さんとか和田さんくらい乗れてたら
こんなの書かないけど、競馬はプロセスじゃなくて、結果だから!!と彼に言いたい。
名無しさん
この騎手、経歴は異色だけどかなり下手だよ。営業力は一流、腕は三流。
名無しさん
アブレイズ3着固定でぶっこんでたんです(´;ω;`)
名無しさん
藤井は仕掛けがめちゃ早い