【JRA競馬】来年2月で定年引退する藤沢和雄調教師、今秋米G1制覇へ挑戦

【JRA競馬】来年2月で定年引退する藤沢和雄調教師、今秋米G1制覇へ挑戦

来年2月で定年引退する藤沢和雄師(69)が手掛ける最後の2歳世代4頭が11日、美浦トレセンに入厩した。

中でもフィフティシェビー、ポイズンアロウの米国産2頭は藤沢流調教で今秋の米G1を目指す構え。70歳定年まで残り1年余り。レジェンドトレーナーの元に集った最終世代に注目だ。

みずみずしい張りをたたえた4頭の2歳馬が列をなして近づいてくる。美浦トレセン入厩検疫所から「北の杜地区」厩舎棟まで約2キロの馬道を元気のいい歩様で移動した。

【1995 藤沢 和雄調教師特集】

88年開業から34世代にも及んだ藤沢和厩舎の2歳馬。その最終世代が3月の声を聞いて入厩する他厩舎に先駆けてトレセン入り。

「(70歳定年を迎える)来年2月までしか預かれないが、それまでしっかり調教して、いい状態で別の厩舎に託したい」。出迎えた藤沢和師は語った。

入厩一番乗りを果たした2歳馬4頭は全て牡馬。米ブリーダーズCディスタフを制したストップチャージングマリアを母に持つフィフティシェビーは昨年の米セプテンバー1歳セールで82万5000ドル(約8700万円)。

BCクラシック、ドバイワールドCを制したアロゲートの初年度産駒ポイズンアロウは同75万ドル(約7900万円)の高値がついた良血だ。

「もしコロナが収束すれば、どちらも米国に行きたいと思わせるほどの馬。3月ごろには調教が進んでいるノーザンファームの馬も入ってくる。後れを取らないように進めたい」と師は評価する。

3歳春を待たず転厩となるにもかかわらず預託を引き受けた2歳馬は15頭前後を数える。

この米国産の良血2頭を所有する長谷川祐司オーナーの代理人、竹内啓安レーシングマネジャーは「若馬のしつけにかけて藤沢先生の手腕はズバぬけています。競走馬としての基礎をお願いしたいです」と語った上でこう続けた。

「この米国産馬2頭は藤沢先生に今秋のBCジュベナイル(11月5日、デルマー競馬場)を狙っていただくために購入しました」

オーナーの熱い期待を背負った同師。「まずは1カ月、自分の手で調教してから先を考えたい。そのために2月に入厩させた」とトレセン一番乗りの理由を明かした。

「これから入ってくる2歳馬も含め、私がいるうちにデビューできるのか、あるいは、やめた後のデビューになるのか判断していきたい。もちろん、体力が備われば6月の新馬からいきますよ」。

米G1も視野に入れたレジェンドトレーナー、最後の挑戦が始まる。

参照先URL:藤沢和師 来年2月定年、クラシック戦えないけど2歳4頭来た!今秋米G1制覇へ“最後の挑戦”

名無しさん
なんとも楽しみな面子になりそうで、楽しみです
今年も楽しみにしております
パロパロミーちゃん
いいね
スパークキャンドルを思い出させるね
名無しさん
通算勝利数では今のところ現役ではダントツ凄い成績です
名無しさん
定年制5年くらい延ばしてもいいのではないですかね。優秀な人はなんかもったいないような気もします。
名無しさん
仕上がりの早い馬有利になって悲しいな
旧4歳11月福島未勝利以降の初勝利
からの出世が見たい
名無しさん
外国産馬を数多く育て上げ、規制を緩め今の世界に通じる日本競馬にしてくれた功労者
三冠に縛られず距離適性重視 ダートの価値も上げてくれた
規則だからしょうがないがさみしいなあ
東京芝 サンデー 藤沢買ったら大概勝ったのが懐かしい
政治家も見習って定年制取り入れなよ
D.O.D
「一勝より一生」は名言です。
名無しさん
Mr.青葉賞
名無しさん
藤沢先生も蛯名騎手も引退ですか‥時が経つのは早いですが、定年や引退があるからこそ引き際も輝いて見えますね。
藤沢先生は是非勝っていないG1を勝って欲しいし、蛯名騎手には是非小倉で重賞を勝って欲しい!
名無しさん
シルクレーシングの2歳牝馬ラズール
藤沢先生引退前の阪神JFへ向けて
調教期待しています!