【JRA競馬】馬にもマスクが大流行!?『コンプレッションフード』知ってますか?

【競馬】メンコの下に謎のマスク 好走の秘密は“ツボ”にあり!

それは2019年の秋競馬が始まった頃だっただろうか……。毎週末競馬場で取材をするようになり、ゴール前の撮影はもちろんのこと、暇を見つけてはパドックでも積極的に撮影するようにしていた。そんな時にメンコの下にウェットスーツのようにピッタリとしたマスクを着けている馬を見つけた。

当時は「変わってるなあ」というくらいで気にとめなかったが、今では毎週多くの馬が着用するなど“今流行りの馬具”となっている。そんな謎のマスクについてご紹介する。

そのマスクは「コンプレッションフード」と呼ばれている。いくつかのメーカーで製造されているようだが、最も有名なのはHIDEZという海外のメーカーだ。馬の顔の3分の2を覆うこのコンプレッションフードは、騎乗中に緊張しやすい馬や馬房で落ち着きのない馬に効果的だと言われている。

ではなぜコンプレッションフードは馬に落ち着きを与えることができるのだろうか。その秘密は東洋医学に基づいた仕組みにあった。私たちが普段“ツボ”と呼んでいる経穴は、刺激を与えることで体調を整えたり、諸症状を改善させることができるポイントだ。

馬にも同様にツボがあり、このコンプレッションフードは顔にあるツボを圧迫することで、馬の心拍が下がる。その結果、馬に安心感を与え、落ち着きが出るという効果がある。実際に競走馬を担当する厩務員さんからは「ゲートの出が良くなった」という意見も出ているという。

実際に重賞戦線で活躍する馬の中でも、スワンSを勝利したダイアトニック、メーカーは違うものの、ダイヤモンドSで重賞初制覇を果たしたミライヘノツバサ、マーチSを勝利したスワーヴアラミスなどがレースでもコンプレッションフードを着用して活躍を見せている。

ダイアトニックは、以前はゲートに課題があり、スタート後にバランスを崩すこともあった。しかし、映像を見て調べた結果、スワンSで初めて使用して以降の近5走ではスムーズにバランスよくスタートを切ることができており、先日の高松宮記念で抜群のスタートを決めたのは記憶に新しい。

現在はコロナウイルスの感染拡大予防するため、実際にパドックで間近に確認することは難しい。しかし、パドックを周回している映像を良く見ていれば、装着しているかを見極めることもできなくはない。入れ込み対策の馬具=ブリンカー、チークピーシーズというイメージが強いが、これからはコンプレッションフードの時代が来るのかもしれないので、覚えておいて損はないだろう。

参照元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200422-00010000-spaia-horse

名無しさん
人間も首とか頭のツボを刺激するマスクをつければ効果あるんだろうか?
名無しさん
ミライヘノツバサも前走の好走にはそんな理由があったのか。
春天の好走も期待したくなるが…
難しいかな。
名無しさん
ブリンカー、チークピーシズいずれも入れ込み対策の馬具ではありません。
名無しさん
前には、メンコを2枚着けている馬もいましたね。
パドックでは、観客とかの声を下げる為に耳付きのメンコを使用して、ゲート入りの時耳付きのメンコを外すと下に耳なしのメンコをしている事がありました。
名無しさん
スポーツ新聞や競馬専門誌にも装着を是非とも記載してほしい!
現状ブリンカーしか記載ないけど、チークピーシズも一緒に記載してほしい。
ブリンカー装着して最初のレースなんか本当に一変する事が多々あるし、大事な要素になる!
元・地方騎手(底辺)
某地方競馬なら厩務員さんがパドックから本馬場に向かう裏路地(馬主席からしか見えないところ)でメンコを取ると「今日は勝負するから」のサインでした。
名無しさん
海外には体全体覆うスウェットスーツもあるみたいですね!
競馬では使えないきまりになっていると聞きました。
ado
ギャーギャーうるさいヤツに
コンプレッションフード