【JRA競馬】騎手の世界は石の上にも「10年」6~10年目の騎手生活が鍵?

騎手は石の上にも10年!6~10年目の騎手の成績が落ち込む理由とは?

現在のJRA最年長騎手は柴田善臣騎手の53歳(1966年7月30日生まれ)、 そしてNAR最年長騎手は「大井の帝王」的場文男騎手の63歳(1956年9月7日生まれ)。 思い起こせば、岡部幸雄騎手が引退したのは56歳の時だった。

定年が無いとはいえ、騎手という職業は命がけである。 「体力、技術、気力」どれが欠けても続けていく事は困難だろう。

今回は現役のJRAジョッキーを2019年のデータを使って、デビュー年ごとに数値化してみた。また、後半では数値から見る「今買える若手騎手」に注目していく。

サラリーマンの世界では 「まずは3年頑張ってみろ」「石の上にも3年」という言葉をかけられる。 私もサラリーマン時代その言葉をよく耳にした。 しかし、なぜ3年なのか明確に答えられる方には最後まで出会わなかった。

騎手の世界はどうだろうか。 重賞勝利数に関してはハッキリと11年以上の経験年数の騎手が成績を出している。 経験年数が10年以下の騎手が全員で重賞14勝なのに対して、

・11~15年(25勝)
・16~20年(36勝)
・21~25年(30勝)
・26年以上(25勝)

と一目瞭然の数字なのである。

また、数字を出してみて気付くことがある。 10年を超えてくると、平均勝利数や重賞勝利数に大きな差が見えなくなる。

若手である1~5年目の騎手達は減量制度の恩恵やホースマンの期待が大きく、 平場を中心に騎乗回数が確保されるが、 6~10年経つと減量の恩恵が与れなくなったり、次の若手世代もガンガン出てくるので、実力がないと厳しくなってくる。なので、逆にこの層だけの数字がガクッと落ちる。

ここで生き残った一流の騎手達が10年以上の各層に集約されてくるから、 この結果は必然なのかも知れない。

アスリートである以上いつの日か引退という時が訪れる。 それは本人にしか分からない領域であり、 その時までは一流のプロでいる事ができるのである。

当コラムの後半は、今注目するべきデビュー10年未満の若手騎手を取り上げたい。

当該騎手のファンの方や、騎手に注目して馬券を購入する方にとっては、 当たり前の存在かもしれないが、改めてこの3人にスポットを当てたい。

経験年数6年~10年(2010年~2014年デビュー)の騎手の中で 2勝以上重賞を制覇している騎手が「松若、菱田、石川」の3人である。

中でも今年に入ってから菱田騎手の好調ぶりが顕著である。

昨年と今年の比較をすると、2月16日に開催終了時点で
勝率6.4%→12.3%、 連対率11.6%→19.2%、 3着内率17.3%→28.8%と全項目で大きく数字を伸ばしている。

特に2月に入ってからの成績は好調で、 33回騎乗し(6-3-3-21)の成績で、 勝率18.1%、 連対率27.3%、 3着内率36.4% とノリに乗っている。

昨年の数値と今年の2月の成績を比較すると、 実に勝率は約3倍。 連対率と3着内率は2倍近くまで数値が上昇しているのだ。所属の岡田稲男厩舎以外からの騎乗馬も数が増えていて、 飛躍が期待できる一人だ。

人気馬だけでなく人気薄での馬券健闘が目立つだけに、気になる馬に騎乗した際には押さえておきたい。

次にデビュー5年以下の騎手に注目する。 ここでは坂井騎手に注目したい。

2016年にデビューしたばかりの坂井騎手だが、 現状矢作厩舎の主戦騎手であり、積極的に海外留学し腕を挙げている。 今後の競馬界を担う騎手と言っても過言ではない。

驚くことにデビュー5年以下の騎手の重賞制覇のうち 半数にあたる3勝を坂井騎手が挙げている。

これは全て2019年の成績で、 ノーワン(フィリーズレビュー)、 ドレッドノータス(京都大賞典)、 サトノガーネット(中日新聞杯) である。

矢作厩舎の所属馬は坂井騎手と中谷雄太騎手が騎乗する事が非常に多いが、坂井騎手の方が成績がいい。 2019年度の坂井騎手は騎乗回数525回で成績は(30-36-45-414)の成績だった。

所属厩舎である矢作厩舎での成績は(15-14-15-123)と約半数の勝ち星を矢作厩舎での馬で挙げていることになる。

率系の数字で見ると、所属外の厩舎の馬に騎乗した場合4.2%の勝率に対し 矢作厩舎所属馬に騎乗した場合の勝率は倍以上の9.0%までに上昇しているのである。

所属厩舎の騎乗馬が増える事は当然なのだが、 坂井騎手の場合、全体に対して自厩舎の方が大きく成績が向上する傾向にある。 ぜひ、坂井騎手×矢作厩舎を見つけた際には注目したい。

参照元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00010000-spaia-horse&p=1

名無しさん
私は違うと思う外人騎手の勝鞍が偏っているためと思っているるく
Chestnut&squirrel
若手と思っていた絶好調の松山騎手の名前が無いなと思ったらもう12年目でした。
俺も年取るわけだな。
名無しさん
騎乗機会がないと話にならない。
名無しさん
エージェント。
名無しさん
騎手のロジックは賞味期間が特に短い。
そして、こうやって記事に出た時点で、
もう旨味はない。みんな買うので期待値
が激減となる。
名無しさん
私はパソコンでJRA-VANを駆使して競馬を楽しんでいますが菱田騎手の今年の躍進は凄いと思っていました。しかし例えば川須栄彦騎手のように100勝したあと低迷したりするのでホント勝負の世界は厳しいなあと思います。
ミューチャリーがフェブラリーSで大激走
ひとつの目安として芝の1800、2000を逃げた時に終いが切れる馬ならスローに落とせるか、切れない馬なら持続力勝負に持ち込むか
自分が乗ってる馬の特徴を理解しているかが分かる尺度
近年、ルメールは下級条件での逃げが多くなっている
相手のあることだからいつも好走とはならないが
彼が勝てるのは馬の特徴を理解していることだと思う
ハナにいったらとにかくスローに落としている騎手は展開頼みで勝てたらラッキーとしか思っていないと思う
勝ちにいくのと、勝てたらいいなぁ
では全然違う
名無しさん
落ち込む理由?良い馬はリーディングトップ3しか回って来ないからだよ。簡単な話。
いや、別にボインが好きって訳じゃないんで
晩成な騎手は稀。すごいやつは最初から大穴あけて、いい馬が回ってくるようになりしかもそこでもしっかり勝つ。
名無しさん
今はいくら若手が平場で成績残した馬でも特別や重賞になると外人に乗り替わりだから若手が育たないのも仕方ない
育てようとしないんだから
tokyo.yg
減量目当てで騎乗依頼が多くても、減量期間が終わったら一気に有力馬の依頼が無くなるのも原因では?
パルス
競馬は乗り馬の質が9割
吉田一族に気に入られないとどうにもならない世界
どの騎手も同じ馬に乗ったら今とは全く違う騎手成績になる
名無しさん
昨年、武豊騎手が引退について話ていましたね。
「騎乗依頼がある内は現役を続けます」と。
本人の気力・体力は勿論ですが、それらはあっても騎乗依頼が来なくなると必然的に引退となる世界でしょうね。
名無しさん
若松は音無厩舎であるし上手い。
瑠星は来年春には妹分の奈穂がデビューするから今のうちに実績を残さないといけない。
最近、勝ち鞍のせいか瑠星の横断幕が増えましたね。
名無しさん
短期免許ばっかりやから
中年よ大志を抱け
うーん、今の若手が10年後に活躍することなく、外国人騎手に乗っ取られてるような気がする。
名無しさん
個人的には西村淳也は、けっこう穴あけてるイメージで頑張ってほしい騎手の1人
名無しさん
「海外留学し腕を挙げている」
じゃなく、「海外留学し腕を上げている」が正しい。
「海外留学に腕を挙げている」なら、まだ分からなくもない。
名無しさん
矢作厩舎はの主戦騎手は瑠星ではありませんね。
主戦は外人騎手です。
これから腐らず本当の主戦騎手になって欲しいです。
名無しさん
>>そしてNRA最年長騎手は「大井の帝王」的場文男騎手の63歳(1956年9月7日生まれ)。
NARなんだよなぁ
hgats
減量特典とエージェントでしょ。
エージェントは2人+若手1人まで契約できるから、若いうちだけ有力エージェントと契約できる。
名無しさん
6年未満では団野、斎藤、ななこ、あつや、横山武に注目してます。
名無しさん
全ての騎手がルメールが騎乗する馬の馬質に騎乗したら
悪くてもルメールの5~7割は勝てると思う。
結局良い馬は一部の騎手に集中するから他は勝ち星を増やすことが出来ない。ましてや若手の特典の減量が無くなれば中途半端な成績の騎手への依頼は激減する。コネがあったり所属厩舎が強い騎手が残る様なもんだな。
名無しさん
プロは育てるのではなく自ら伸びないとダメ。外人騎手もそうやってチャンスを掴みながら、批判されるところまで来た。みんな母国では武豊、戸崎、岩田みたいな存在なんだから、依頼が集中するのは当たり前。賭け事なんだから下手な騎手乗せて育てろという発想がおかしい。ルメールは日本語まで覚えてる。もし若手乗せるならルメールに2キロくらい逆ハンデつけるしかない。
深い衝撃
騎手の世界もサラブレッドと同じく厳しい淘汰の世界ですよね。
そこへもってきて、近年続々と海外の超一流ジョッキーが来日するのでさらに厳しい不遇の状況になっていますよね。
日本馬のレベルも上がり海外で勝てるようになった今、騎手もどんどん海外に出て技術を磨き、日本競馬のさらなるレベルアップに貢献していただきたい。
名無しさん
昔、人事部の人から3年間頑張れと言われて理由を聞いたら、入社3年で3割が退職し、残った人の離職率はかなり低くなるという事だった。
関東のベテランにもっと頑張って欲しい。共同通信杯が善臣先生だけなのは寂し過ぎる。
ヲタックスプロ
菱田の良さは、コース取りのうまさ。松若石川は馬を動かす技術。
同じように注目したいのは小崎、鮫島といったところ。がんばってほしいね。
名無しさん
昔気質の馬主と調教師が居なくなったからでは?
名無しさん
小倉の菱田は買える。坂井瑠星は今は低調。でもいずれ飛躍の時を迎えるはず。
名無しさん
菱田騎手は
ラストインパクトの天皇賞や有馬記念でやらかしてから
応援する気になれない
名無しさん
田辺裕信騎手が10年目に飛躍的に勝ち鞍を増やした1人。7年目まではほぼ10勝台、8・9年目に30勝台、10年目で88勝。この10年目の年は福島県出身の田辺騎手にとっては心中期するものがあったろう。
ビブリオテカ
オイシン・マーフィーや、今度南アフリカから来る騎手は、20歳代前半。
結局日本人若手騎手は、ハングリー精神が欠如してるんだと思うよ。少し勝つとそこそこ実入りが良くなって、休日はゴルフ、飲酒、他のギャンブルにうつつを抜かすようになるからね。三浦騎手なんていい例。
喉が痛い
最近思うことあります。
ミナリク、シュタルケ、フォーリーにでも有力馬がまわってきます。
たまにはよい騎乗もありますが、正直日本人の中堅どころと変わらないのでは?と
カタカナ騎手なら誰でもよいと思われてるの?
半分ジョークにしても
若手もカタカナに登録名変えれば乗鞍増えるのかしら?と
名無しさん
中谷騎手に重賞を勝ってもらいたい。
名無しさん
藤田奈々子騎手も落馬手術とか危険な仕事ですね
文字道理体を張っての職業だと思う
騎手の落馬事故はだけは無い様に願いたいね
見てて悲惨!!!!
名無しさん
新人があまり世間に認められない世界だけど
去年の新人は結構レベル高いと思うよ
いい馬に乗れず目立たない亀田もこれまで何度穴をあけてきた事かわからない
ショーン
先週の菱田はかなりすごかった!なので、確率も上がってると思う。
石川はどうだろうか。前ほど持ってこれなくなった。確かに重賞は勝ってるのだろうが、この記事に出てくる比較対象が中谷。これはいけない。
若手だと団野、たけし、菊沢、7個辺りがいいと思う。7個は先週残念なことになって、今後に影響しなければと思う。体よりも精神的に。
今年は田辺や大野がパッとしないから若手にもチャンスがあるとみている
名無しさん
松若や石川は実力付けてきているけど、まだ所属厩舎の恩恵の方が大きいかなと思う
菱田はとにかくスプリント戦が上手い
こう言う一点に特化した武器があれば生き残れると思う
desukara
ミシェル騎手がフランスでは騎手だけで食べれるのは
上位騎手だけって言われていましたね。
減量騎手の時に馬券で何度かお世話になっていた騎手が
JRAのリーディング情報で乗鞍が少ない状況を見ると
騎手という職業の厳しさがわかります。
名無しさん
松山、坂井関東だと武藤、横山武史あたりの若手は健闘してるが誰とは言わないが天狗になる若手はすぐに干されるのが常
名無しさん
期待の若手ナンバーワンは、私が選ぶならばマーフィーだな。もうすぐJRA騎手になるかも。
(笑)
真面目に言うと、坂井に期待している。まだまだだけど、伸び代はいっぱいかな。
名無しさん
騎手の能力が同じと仮定した場合、勝利数に差のつく要因と言えばいいエージェントと契約するかだろうね
あとは馬主の信頼があれば簡単に勝利数は伸びる
でもこのエージェント制度って良いものなのかね
名無しさん
菱田と石川は若手じゃかなり上手いと思う。
あと武藤雅と西村も結構上手いし、地味に評価されてないけど、上手いのが国分兄弟。
かたや坂井は矢作の贔屓目と親父のコネで中谷より有力馬になってるだけで全然上手くない…
減量の恩恵もなくなり、化けの皮が剥がれるのも時間の問題。
あと坂井同様、究極に下手なのに親父の恩恵を受けてるのが鮫島克駿!この二人の勝ちパターンは逃げ切りか大外ぶん回しのみ