【JRA競馬】東大HCが徹底分析!「海外遠征馬」はどう扱うべきか

リスグラシューやキセキは大丈夫?東大HCが徹底分析!「海外帰り」はどう扱うべきか

今回のコラムのテーマは「海外帰り」。有馬記念に出走するフィエールマンやキセキを始め、海外遠征から帰国して緒戦となる馬は反動を心配されることがしばしばある。実際に海外遠征明けの馬がどのような成績を残しているのか検証する。(期間は2009年12月18日~2019年12月17日)。

条件馬が海外遠征に帯同馬として同行した場合はやや趣旨が異なるので、今回の検証では重賞級の実績があって遠征した馬を想定し、ここでは帰国緒戦が重賞だった馬を対象にした。

帰国緒戦:【17-19-17-99】勝率11.2%/連対率23.7%/複勝率34.9%
GIII:【3-7-6-19】勝率8.6%/連対率28.6%/複勝率45.7%
GII:【9-6-5-37】勝率15.8/連対率26.3%/複勝率35.1%
GI:【5-6-6-43】勝率8.3%/連対率18.3%/複勝率28.3%

勝率11.2%という数字をどう解釈するかは判断が分かれるところだが、海外遠征を敢行するレベルの馬にしてはやや低調な印象もある。単回収率も48%とイマイチで、やはり帰国緒戦の馬は人気に応えるパフォーマンスができていない。ただし、複回収率は84%となかなかの数字で、「海外遠征明けだから消し」と判断するのもまた早計のようだ。

クラス別成績では、GIIIやGIIでは連対率がそれぞれ28.6%、26.3%と好調だが、GIになると18.3%まで下がる。全体で84%あった複回収率はGIIIで156%、GIで48%と落差が大きい。海外でのレース後、余裕をもってGIIIから再始動、というケースでは反動の心配はしなくていい(むしろ人気以上に走る)が、海外で走ったあとに返す刀でGI出走、というケースはイメージ通りにマイナス材料だという結論。有馬記念で帰国緒戦をGIで迎える2頭にとって心配なデータと言えるだろう。

海外遠征後でも走る血統は?

続いて性別や血統に注目していく。まずは牡牝別の成績。

牡馬に比べて精神面でデリケートとされる牝馬だが、データで見ても反動が出やすいのか、全体的に牡馬を下回っている。複勝率はどちらも30%台と大きな開きはないが、複回収率は牡馬93%、牝馬60%と差が大きい。ただし、GIに限れば

牡馬:【3-5-4-32】勝率6.8%/連対率18.2%/複勝率27.3%
牝馬:【2-1-2-11】勝率12.5%/連対率18.8%/複勝率31.3%

と逆転するので、牡牝の質が違うというより牡馬の方がGIIIやGIIで手堅いレース選択をしているのかもしれない。

キングカメハメハ:【3-2-0-5】勝率30.0%/連対率50.0%/複勝率50.0%
ディープインパクト:【2-5-5-21】勝率6.1%/連対率21.2%/複勝率36.4%
ハーツクライ:【2-3-1-9】勝率13.3%/連対率33.3%/複勝率40.0%

種牡馬に注目すると、遠征後でもまるでへっちゃらなのがキングカメハメハ産駒。遠征したのがドゥラメンテやロードカナロアなどスバ抜けた能力を持っていた馬ということもあるが、それにしても連対率50%は超優秀だ。対照的にダメージが出やすいのはディープインパクト産駒。勝率わずか6%と振るわないのみならず、海外遠征後に成績を崩したまま復調できない産駒もちらほらいる。先述したように帰国緒戦がGIだとさらに状況が厳しくなり、ディープインパクト産駒は【0-0-1-12】と大苦戦。馬券になったのは13年宝塚記念のジェンティルドンナ(1番人気3着)だけだ。ディープ産駒のフィエールマンはこのデータを覆せるだろうか。

ハーツクライ産駒は独特な傾向を示していて、先に述べたGI不振のデータが当てはまらない特殊な種牡馬だ。ハーツクライ産駒の帰国緒戦がGIの場合は【2-1-1-3】で単回収率101%、複回収率124%と、反動を危ぶむ声を一蹴している。今回のリスグラシューは自身が2度帰国緒戦で好走しているし、ハーツクライ産駒で牝馬ならGIでむしろ強い。

キセキが該当するルーラーシップ産駒はこれまでキセキとダンビュライトが海外遠征を経験しているが、ともに帰国緒戦は馬券圏外。2例しかないので参考程度とはいえ、推奨はできない。

「故郷に錦」か「内弁慶」か

最後に遠征した海外レースの着順に注目してみたい。

海外で1着:【3-4-1-9】勝率17.6%/連対率41.2%/複勝率47.1%
2・3着:【3-7-6-19】勝率18.8%/連対率31.3%/複勝率37.5%
4~9着:【7-6-5-51】勝率10.1%/連対率18.8%/複勝率26.1%
10着以下:【1-5-8-18】勝率3.1%/連対率18.8%/複勝率43.8%)

海外レースで1着となった馬の帰国緒戦は勝率こそ平凡だが、複勝率は47.1%という高数値。複回収率も119%と、全て買っても黒字。2・3着、4~9着と海外での着順が落ちていくと順当に帰国緒戦の成績も落ちていく傾向にあるが、海外レースで10着以下だった馬がなんと複勝率43.8%という数字を記録している。当然このグループは海外での大敗後なので人気になりづらく、複回収率136%と妙味抜群だ。海外で惜敗した馬よりも、勝って帰国のいわば「故郷に錦」パターンか、海外では清々しいくらいに大敗したけれど、地元で巻き返しの「内弁慶」パターンか、どちらかハッキリしている馬が狙い目になりそうだ。

最後におまけとして、「ヨーロッパの極悪馬場を走った疲れ」というワードについても軽く調べてみた。前走でヨーロッパの芝レース、重・不良馬場に出走した馬の帰国緒戦は【2-2-2-2】とむしろ好成績だった。しかも10年ジャパンC8番人気3着のヴィクトワールピサ、18年金鯱賞8番人気2着のサトノノブレスがおり、複回収率も191%と非常に高い。個人的にもこのフレーズで凱旋門賞帰りの馬を嫌いがちなのだが、データ的には問題ないようだ。

参照元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-00010000-spaia-horse&p=1

名無しさん
栗とリスグラシュー
名無しさん
凱旋門賞のレース終わった後の陣営のコメントが今まで見たこともないくらいの疲労度だとコメントしていたので帰国緒戦のG1で少し厳しいように思う
追い切りではキセキの動きがタイムは出てるけど体の使い方が好走してた時の動きでは無いように見えた
名無しさん
言いたい事がよくわからないですね。
有馬記念はそこまでの過程より実力を見極めるべきですよ。
アーモンドとリスグラが叩き合う結果になります。
フィエーマンはコーナー6つのコースは伸びてこないです。
名無しさん
同じ海外帰りでも欧州やアメリカから帰ってきたのと香港やオーストラリアから帰ってきたのでは随分違うので、一括りに海外帰りで纏めてもあんまり意味ないような気がするんですけどね。
名無しさん
意外とためになる記事だった
名無しさん
公営ギャンブルに学歴ブランドは全く関係ない。
名無しさん
ちなみにオルフェは、1着、タップダンスは、2着
あくまでもデータですが!
yasu
キセキは過去の中山実績や展開面から考えてもいらないと思う。けど、フィエールマンは過去の成績から考えても、この位の距離なら日本馬の中では屈指の存在だと思うが。
名無しさん
簡単な統計学じゃないか。こんなのわざわざ天下の東大生が研究するような内容ではないな。アルゴリズムを活用したなんたらかんたらみたいなの期待してたのに。
名無しさん
キセキとフィは要らないが、リスは要る
以上
GGG
今年は令和
レイワ
レイデオロ
ワールドプレミア
なんてこじつけ
名無しさん
ディープが凱旋門賞から帰国しJCを勝った様に能力がある競走馬は勝てるまでの状態は保ってるのではないのか!
名無しさん
ディープ産駒は遠征しなくても古馬になってからは苦戦してるだろ
名無しさん
ディープ産駒は期待値が高い。ちょっと活躍しただけで海外に行くわけで、全く参考にならん
名無しさん
ただでさえ難解なのに、海外帰りまで頭に入れて予想したらワケわかんなくなる。俺は、気にしない。
名無しさん
前々から思ってたんだが、欧州に遠征して現地で調整してレースに望むって本当に日本の馬に欧州の調整場が合っているのか疑問に思う。
多分味わった事がない負担じゃないのか?
怪物級なら関係無いかもしれないけど、海外レースそのものより環境や調教の方が原因な気がしてます。
名無しさん
データは毎年更新される。参考程度ですね。
スマートボン
マカヒキの時、欧州遠征で変な筋肉付いたとか言ってたからな
身体が柔らかく切れ味鋭いディープ産が欧州遠征すれば、重い馬場での調整で、別の所に筋肉付いて身体が硬くなるんじゃね?
ダートでの成績が悪いから余計に、パワーには向いてない身体構造なんだろう
筋肉質のキズナは帰ってきても普通に走れてるけど
キンカメ産はダートでも一流出してるし、パワーが付いても問題ないんだろ
名無しさん
海外に行った強い馬はほとんどが以前の走りができていないように思う
名無しさん
普通に要らないだろ。リスグラシューの太鼓持ち記事だな。要は間隔の問題。検閲、輸送疲れが、一番デリケートな事。東大か(笑)須田のおっさんより当たるのかなぁ(笑)
名無しさん
ハーツクライと言えばヴェロックス(父父がハーツクライ)も気になる。
名無しさん
初戦やろ
緒戦って
投稿するまえに見直せ
名無しさん
黙ってアーモンドアイ。
名無しさん
いやぁ、世相馬券を特定するのに難儀してるよー。
名無しさん
結局…何が言いたいんだこの人…
名無しさん
父と子は違ってたりするからな。
何とも言えない。
調教やケアの技術は日進月歩!
データは過去の数字。くつがえることもあるからな。
買ってみて来なかったらしょうがないと思うしかない。
名無しさん
東大出るより、競馬当ててずっとプラスでいられる方が難しい、水上先生見てても分かります。
名無しさん
鍵になるのは遠征期間の長さと距離だろう。香港と欧州じゃ距離も違うし滞在期間も変わるから海外遠征と一くくりにしない方がいいのでは。
名無しさん
この東大メンバーの中に若原がいたら信用ガタ落ちだけどね笑笑
名無しさん
凱旋門から帰ってきて有馬勝ったのってディープインパクトとオルフェーヴルだけじゃない?
そのくらいのレベルに達している馬かというとフィエールマンとキセキはどうなのか