カナダ競馬で活躍する木村和士騎手、BCジュベナイルターフ騎乗なるか

カナダ競馬で活躍する木村和士騎手、BCジュベナイルターフ騎乗なるか

※競馬学校入学式当時、右端が木村和士(15年4月7日撮影)

カナダを拠点に活躍中の木村和士騎手(21)が騎乗したグレツキーザグレート(牡2)がサマーS(G1、芝1600メートル、カナダ・ウッドバイン)に勝って、BCジュベナイルターフ(G1、芝1600メートル、11月6日=キーンランド)の出走権を獲得しました。

カナダ産の同馬はこれで4戦3勝。木村騎手とのコンビで7月の芝1000メートルでデビュー(2着)し、2戦目で初勝利。4戦目となった2歳G1挑戦は1番人気に応えて2着に3馬身1/4差をつける完勝でした。

⇒【カナダ競馬|サマーステークス】日本人騎手、木村和士がG1初制覇

同騎手は1月に北米の年度代表表彰にあたるエクリプス賞で最優秀見習騎手賞を受賞。12日にカナダ版ダービー、クイーンズプレートを制した福元大輔騎手(22)と並び、今やカナダ競馬に欠かせない日本人騎手のツートップです。

グレツキーザグレートの父ナイキストは、デビューから8連勝で16年ケンタッキーダービーを制した名馬で今年の新種牡馬。アイスホッケー界のレジェンド、W・グレツキーをたたえた馬名は同じくNHLで活躍中のG・ナイキストから連想されたものです。

オーナーのG・バーバー氏は日本でもヒットした映画「シービスケット」や「SAYURI」などを制作したハリウッドの大物プロデューサーで、趣味の競馬ではウォーオブウィルが昨年のプリークネスSを優勝しています。

管理するM・キャシー調教師はカナダ競馬の第一人者で今年は米国競馬の殿堂入りを果たすなど、こちらも北米を代表するホースマン。木村騎手の手腕はこれら大物からも多大なる信頼を得ているようです。

米国の芝2歳のチャンピオンを決めるBCジュベナイルターフは、アイルランドのG2ウイナーで優先出走権を持つキャデラックが本命視されていてグレツキーザグレートは現在2、3番手の評価。コロナ禍の影響で木村騎手の米国での騎乗は不透明ですが、日本人騎手のBC初優勝があれば、その1番手は木村騎手で間違いなさそうです。

参照元URL:木村和士に出走権 日本人初のBC勝利騎手誕生か

名無しさん
日本競馬界もJRA騎手でなく
海外にいって、カナダで育てられた
日本人騎手がBC制覇されたら
複雑だし、ガッカリだろな。
でも、日本は賞金も高く年間一桁勝利でも
一般的には高給取りだからな。
そりゃ海外行ってゼロから始まり
死に物狂いで這い上がった子は違うよ。
それにしても世界の頂きが見えてきたな
名前はありません
出走権獲得したのは『馬』
名無しさん
私みたいなじじいになると、きむらかずしと聞くとフリーキックの名手で元日本代表を思い出してしまう、、、
名無しさん
人間性の問題で競馬学校退学したんだろうから、どうなのかな?
名無しさん
福元大輔騎手(22)と並び、今やカナダ競馬に欠かせない日本人騎手のツートップです
これホント?
もし本当ならJRAはなにしてんの????
競馬学校の在り方を見直す必要ないか?
二人とも応援してますよ
名無しさん
今年のブリーダーズカップどこでやるか知らないけどそんなに評価高いなら現地のトップジョッキー乗せるんじゃないかな。カナダの2歳重賞なんて大したことないからね。
名無しさん
ノーザンのお抱え騎手じゃないといい馬に乗せてもらえない日本よりも、海外の方が活躍できる可能性があるということか。
ノーザンの独り勝ちはもちろん企業努力の賜物だし、それ自体を批判するつもりはないけど、日本競馬の今の状況を変えないと、これからは海外でデビューする若手の騎手が増えるんじゃないか?
名無しさん
それだけ既得権益だからね
海外で自由に頑張って
JRAのハナを明かしてくれ
えどが
グレートワンですよ
木村Jもそうなってください
大変です。データが壊れています。
昨季も148勝してカナダリーディング3位に
なったり、日本人騎手で初めてエリザベス女王の所有馬に乗ったり、かなりの躍進中
競馬学校を中退して、どうなったのかと思ったらカナダにいたとは驚き。
名無しさん
カナダのG1を勝ってもどのぐらいの価値あるかわからないから、BCを優勝したら素直に強いって思えるね
名無しさん
身ひとつで、海外に渡り、次々と階段をのぼってるね。
たいしたもんです。