8月9日、キングカメハメハの一周忌を迎え感じる種牡馬界の変化

8月9日、キングカメハメハの一周忌を迎え、感じる種牡馬界の損失感

時が経つのは早いもので、8月9日にキングカメハメハの一周忌を迎えた。同年に天に召されたディープインパクトもさることながら、キングカメハメハも日本競馬史上に残る名馬、名種牡馬だった。

現役時代のキングカメハメハは、3歳春(2004年)にGⅠNHKマイルC(東京/芝1600m)を5馬身差のレースレコードで圧勝すると、続くGⅠ日本ダービー(東京/芝2400m)もコースレコードで完勝。この両レースを制した初の馬となった。その秋に屈腱炎を発症し、わずか8戦7勝のキャリアで引退したが、レースで見せたパフォーマンスは強烈だった。

【21世紀の名馬 キングカメハメハ】

4歳という早い時期から種牡馬入りしたキングカメハメハは、順調に活躍馬を送り出していった。2年目産駒のローズキングダムはGⅠ朝日杯フューチュリティSを、アパパネはGⅠ阪神ジュベナイルフィリーズを勝ち、揃って最優秀2歳牡馬・牝馬のタイトルを獲得。ローズキングダムは3歳時にGⅠジャパンCのタイトルを加え、アパパネはGⅠ桜花賞、GⅠオークス、GⅠ秋華賞も勝って「三冠牝馬」となった。

アパパネが牝馬三冠を制した2010年、2011年に、キングカメハメハはJRAリーディングサイアーを獲得。日本ダービー馬がJRAリーディングサイアーに輝いたのはディープインパクトより先で、史上初の快挙だった。

翌年からはディープインパクトにリーディングサイアーの座を奪われるも、2018年まで7年連続2位と、極めて安定した成績を残した。その間に送り出したロードカナロアは、日本調教馬として初めてGⅠ香港スプリントを勝利し、JRA年度代表馬にも輝いた。名牝エアグルーヴ(GⅠオークス、GⅠ天皇賞・秋)を母に持つルーラーシップも、香港のGⅠクイーンエリザベス2世Cを勝利している。

ダートで一時代を築いた名馬のホッコータルマエは、日本で初めてGⅠ/地方交流GⅠの10勝を達成。そして初のダービー馬となったのが、7世代目産駒のドゥラメンテだ。

ドゥラメンテはエアグルーヴを祖母に持ち、GⅠエリザベス女王杯連覇のアドマイヤグルーヴを母に持つ良血。GⅠ皐月賞も勝って二冠を果たし、GⅠ日本ダービーでは父が出したレースレコードを更新した。そのドゥラメンテの2年後にも、日本ダービー馬レイデオロが誕生。4歳時もGⅠ天皇賞・秋を制するなど息の長い活躍を見せた。

さらに、キングカメハメハのすばらしい功績は、優秀な「後継種牡馬」を輩出している点にある。中でもロードカナロアは、初年度産駒から「牝馬三冠を」含むGⅠ7勝の現役最強馬アーモンドアイ、GⅠマイルチャンピオンシップ勝ち馬のステルヴィオを、2世代目産駒からも皐月賞馬サートゥルナーリアを出した。今年は海外でも、タガロアが豪GⅠMRCブルーダイアモンドSを勝利している。

ロードカナロアはJRAサイアーランキングでも、ディープインパクトに次ぐ2位につけ、次代の首位を伺う存在だ。さらにルーラーシップも産駒として結果を残しており、初年度からGⅠ菊花賞勝ち馬のキセキ、昨年はメールドグラースが豪GⅠMRCコールフィールドCを勝利している。

ディープインパクトの後継種牡馬、リアルインパクトの産駒であるラウダシオンも今年のGⅠNHKマイルCを勝利しているが、キングカメハメハは2頭の種牡馬が海外を含む合計5頭のGⅠ馬を出している。後継種牡馬の争いでは一歩リードしていると言えるだろう。

【亀谷敬正の競馬血統辞典 キングカメハメハ】

日本ではサンデーサイレンス系の発展が目覚ましく、必然的にサンデーサイレンス系の牝馬が多くなっているため、それら牝馬の相手には、血が濃くなり過ぎないように非サンデーサイレンス系の種牡馬の需要が高い。実際に、昨年の日本供用種牡馬の種付け数ランキングを見ても、ロードカナロア245頭、ルーラーシップ225頭と、キングカメハメハ産駒の2頭が上位を占めた。

今年はドゥラメンテの初年度産駒がデビューしているが、8月2日時点のJRA2歳リーディングでトップに立つ幸先のいいスタートを切っており、今後も多くの馬が台頭してきそうだ。今年から種牡馬入りしたレイデオロも、初年度の種付け料が600万円と、破格の金額が設定されるなど大きな期待が集まっている。

このように、現在、日本の生産界が求めているのはサンデーサイレンス系よりキングカメハメハ系とも言える。種牡馬界の移り変わりは激しく、かつて”大種牡馬”と呼ばれたノーザンテーストも父系は絶滅寸前で、サンデーサイレンス系が同じように勢力を失っていっても不思議ではない。10年後、20年後、キングカメハメハ系がサンデーサイレンス系のような「一大父系」を築いているかもしれない。

種牡馬の戦いは、その後継種牡馬によって続いていく。キングカメハメハ系がどのように発展していくか、楽しみに見守りたい。

参照元URL:キングカメハメハの種牡馬界での存在感は ディープインパクトを上回る

プリンは飲み物
金子オーナーの馬をみる眼、改めて凄いと思う。記事の見出しの2頭しかり、アパパネも所有馬だっただからね
ikoma_irane
キンカメもディープも凄いけど
ハーツも凄いよね
S-wall-ows
ダビスタでサンデーサイレンスまでは知っていたが、ここ最近の種牡馬の流れが分かってとても楽しめました。
名無しさん
金子オーナーが当たりを引けてたのは初期だけで、ここ10年のセレクトセールでは走らない馬を高値で買いまくって何十億も損してる。
見る目があるならこんなに外ればかりひくことはない。
見る目というより財力と運だよ。
名無しさん
繁殖の質を考えたらステイゴールドもヤバい。リーディング上位は種付け数が多すぎる。年100前後に制限すべき。ビジネスにしても300に迫る種付けはやりすぎ。
名無しさん
SS系に種付けできないディープインパクトと相手を選ばないキングカメハメハ。
種付けしやすいのはキンカメかな
名無しさん
サンデー系は最終的にディープ系、ハーツ系、ステイゴールド系、ゴールドアリュールの4系統になってしまいそうだね。
現役の馬(コントレイル、サリオス、クリソベリルなど)が繁殖にあがることを考えれば各系統に複数の種牡馬がいるのは強み。
ステイゴールド系はちょっと心配だが…
それに対しキンカメ系はサートゥルがカナロア系を残しキセキがルーラー系、ドゥラメンテ、リオンディーズの活躍次第では系統を残しそう。
ただ、カナロアもルーラーも種牡馬になりそうなのは今現在上記の各1頭ずつ。
系統を繋ぐラインが細いので未来が安泰とはまだ言えなそう。
名無しさん
サンデー→ディープ→???
???は何になるのか分からんが少なからず現役種牡馬は皆この2頭には遠く及ばんからなぁ
流れ的にも競走成績的にも期待値的にもコントレイルがサンデーディープ位の歴史的大種牡馬になってくれないと困る
名無しさん
厳しくなってくるかもしれないけど、生産者の皆さんにはディープインパクトの血が残っていくように頑張ってほしい。
名無しさん
キンカメの強みはやはりサンデーを持ってないからサンデー系牝馬に付けやすいからでしたよね
それ以外のリーディング上位種牡馬はサンデー系が多数でしたし
デアリングタクトみたいにサンデーのクロスを持った馬が増えてきたのでそれらの馬にはドゥラメンテみたくサンデー入ってる馬は付けにくいでしょうね、カナロアやルーラーシップはその心配がないのがいいですけど
とはいえそろそろサンデーを全く持たない大物種牡馬の登場が待たれますね
アメリカンファラオとか買ってきてくれないかな(笑)
$$
サトノクラウンはいいよな。ビッグアーサ~頑張れ
shinbunmawashiyomi
>日本ダービー馬がJRAリーディングサイアーに輝いたのはディープインパクトより先で、史上初の快挙だった。
クモハタは違うの?
名無しさん
カナロアがいるのでキンカメ系は一応安泰。ディープの後継は能力的に今のところサトノダイヤモンドに期待だが、正直半信半疑。やはりコントレイルがまず、競走馬として能力的に父に迫る馬であって欲しい。
名無しさん
ディープの父であるサンデーが偉大すぎた事が結果として大きい。サンデーも代を経てきてはいるがまだまだクロスがきつくなる傾向。かたはキンカメ系はノンサンデーであれば配合にこまらない。
田中
キンカメ産も古馬になると2400以上のG1勝てなくなる
本質的には1600~2000の馬だったんだろうな
後継はカナロアがそこそこの活躍してるけど、安定してクラシックに送り込めないのがネック
ドゥラメンテがルーラー超えれるのかが見物やな
あとラブリーデイの期待の2歳馬が昨日あっけなく負けたのが残念