【GI初騎乗・初勝利】熊沢重文騎手に続けるか!?フェブラリーS『藤田菜七子』に注目です

熊沢重文騎手

17日に東京競馬場で行われるフェブラリーS(4歳上・GI・ダ1600m)、今年注目されているポイントの1つが、コパノキッキング鞍上の藤田菜七子騎手のGI初騎乗。

そこで今週は「騎手のGI初騎乗」をテーマに、当時の競馬界やレースを振り返ってみる。今回はGI初騎乗で競馬史に残る偉業を達成した熊沢重文騎手。

■当時の最年少GI勝利記録

1986年にデビューし、平地・障害でダブル200勝(合わせて1000勝超え)という唯一無二の“二刀流”で知られる熊沢重文騎手。1991年、単勝万馬券のダイユウサクで制した有馬記念と同様、ファンにとって非常に強い印象を残したのが、その「GI初騎乗」の舞台だった。

【1991年 有馬記念 レース映像】

栗東・松田博資厩舎所属のコスモドリームは、熊沢騎手とのコンビで1988年に明け3歳(現在の馬齢表記)でデビュー、最初の3戦はダート戦だった。

コスモドリームの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

オークスの直前2戦では岡潤一郎騎手が手綱を取ったが、GIに騎乗するための条件である「通算31勝」に満たなかったため、再び熊沢騎手とのコンビでオークスの舞台を迎えた。

チューリップ賞での発走直後の落馬競走中止以来となる2戦振りのコンビを組んだコスモドリームと熊沢騎手は、22頭立ての10番人気という評価。人気となっていたのは桜花賞馬アラホウトク、武豊騎手騎乗のシヨノロマンなど。

出遅れ癖のあったコスモドリームはここでもスタートが良くなく、発走直後はほぼ最後方。そこから向正面で徐々にポジションを押し上げ、外を回って直線では雨の中を堂々と抜け出す。最終的に同じく伏兵11番人気だったマルシゲアトラスに1.1/2馬身差をつけての優勝、人馬ともにGI初挑戦初勝利となった。

【1988年 オークス レース映像】

熊沢騎手の20歳3ヶ月という年齢は、当時の最年少GI勝利記録(その後武豊騎手が菊花賞のスーパークリークで更新)でもあった。

また、このときの熊沢騎手にとってはGI初騎乗であるのみならず、東京競馬場自体がこのレースで初の経験であった。その後、このコンビは夏の高松宮杯で古馬に挑戦しオグリキャップの3着になるなど、オークスがフロックでなかったことを証明していく。

参照元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000008-kiba-horse

サンキョウセッツ事件

優駿牝馬当日のフジテレビスーパー競馬』での中継において、実況アナウンスを務めた堺正幸が、最後の直線でコスモドリームと同枠に入っていたサンキョウセッツとを誤認する事件があった。

堺はコスモドリームが抜け出してきた瞬間「サンキョウセッツが来た」と実況、そのままゴールまで「サンキョウセッツ」と連呼を続け、ゴール後には「(サンキョウセッツに騎乗していた)郷原やっと牝馬のタイトル、牝馬クラシックを取りました」と締め括った。

やがて誤りに気付き、解説を務めていた大川慶次郎との確認後に訂正したが、堺はこの事件がきっかけでしばらく競馬中継の実況から離れることになった。

引用:コスモドリーム-Wikipedia

名無しさん
◆通算1、000勝を達成し、JRAから特別賞が授与されたときとても嬉しかったです。
ちゃんと見てくれている人がいるんだと
気がつけば50歳を過ぎ、乗り馬も多くないかもしれませんが、これからも注目して応援し続けたいと思います。
名無しさん
豊、ノリ、蛯名に比べると地味かもしれないが、二刀流で頑張る熊沢騎手。
これからも頑張ってください。
名無しさん
昔、スプリンターズSでエイシンワシントンがフラワーパークに2㎝差で負けた時、運のなさを感じたが、まだまだ頑張っている。大きいところを取ってもらいたい騎手だ。
名無しさん
熊沢騎手鞍上のステイゴールドは、G1レースで2、3着に来ていたが、全てが人気薄だったような気がする。武騎手に乗り替わって勝てるようになったけど、馬券を買うファンにとっては熊沢騎手の功績も大きい。
名無しさん
江田照もそうだが、驚かせるタイプだよね。
熊沢天皇はステイゴールドの印象が強いな。
コスモドリームのオークスも馬券以外でも伝説だし
名無しさん
年末の中山大障害と有馬記念を両方勝っている唯一の騎手ですからね。個人的にはまた平地でG1をとってほしいです。
名無しさん
ドリームも見事だったが、
やはり、熊沢騎手はダイユウサク。
マックイーンが差されるとは、
寒い中山で呆然としてしまった。
名無しさん
オークスには色々と縁があるが
なぜかダービーは騎乗すらない。
ka
熊沢と江田のその後を見ると、菜七子は勝たない方がいいのかな?
もっといい騎手になって欲しい
名無しさん
マツパクさんの初G1でもありました。しかし熊沢騎手にはその後は依頼してませんねあまり。
名無しさん
初コースに初G1で勝つってすごいな。
ゴールデンくん(=^・^=)
あと東京障害重賞だけなので、年2回あるし。全6場障害重賞制覇の方も達成して欲しいです
名無しさん
熊沢騎手は初めての府中で、競馬場入りの日に道に迷ったらしい
名無しさん
熊沢さんには、是非ダービーに騎乗してもらいたい。
名無しさん
平地でもこの時代の熊沢さんは信頼できた。基本穴屋でしたが。
当時は二刀流とは知らずに買っていた。
名無しさん
熊ちゃん最近乗り鞍が少ないけど出てると買ってしまう♪穴あけそうでね。ついつい。
名無しさん
ちなみに熊沢騎手、有馬記念と中山大障害勝利という達成者がほとんどいない記録の持ち主。
名無しさん
若々しく
素晴らしい
勝利だった
その手は桑名の焼き蛤🦉
重賞勝ち前のステイゴールドの主戦を務めていた。
平地と障害の二刀流をモットーとしていて「有馬記念と中山大障害をたくさん勝てる騎手になりたい」と言っていました。
名無しさん
やった熊沢〜
ってあった気がする
名無しさん
うれしい熊沢JのGI初勝利なのに、競馬ファンは「サンキョウセッツ事件のオークス」で記憶に。
名無しさん
熊ちゃんがたまに乗る平地は不気味で買ってしまう。
名無しさん
GI初騎乗初勝利は熊澤と江田照のみ
名無しさん
凄い競馬のセンスを感じる。近年の外国人ジョッキーとは違う…なんというかロマン派ですから。
名無しさん
熊沢といえばステイゴールドだな
名無しさん
エリ女のテイエムプリキュアではお世話になりました。大好きな騎手です。
名無しさん
確か安田富男氏のグリーングラス…1976年菊花賞も八大競走初騎乗初勝利だったはず。
名無しさん
コスモドリームは岡が乗ってたんですよね…。
合掌。
名無しさん
熊沢は今年トラストでどこまで行けるか、もう一花咲かして欲しいな
名無しさん
サンキョウセッツの勝ったオークス!
名無しさん
と同時に郷原初の牝馬のタイトル!!
名無しさん
なのになぜか評価が低いよね
ほんと穴馬しばしば持ってきてたのに
名無しさん
サンキョウセッツ
名無しさん
コスモドリーム、ダイユウサク、テイエムプリキュア、人馬とも渋いな。
名無しさん
熊沢といえばステイゴールド。
随分稼がせてもらったな。
名無しさん
当時ゾロ目なら4-4しかないと豪語しておきながら、当日やめたら来ちゃった。信じたツレに奢ってもらう情けない年末を思い出した…
名無しさん
最近熊沢障害逃げてばっかりです。
sttkhs
ステイゴールドもこいつがずっと乗り続けてたら
オルフェーヴルやゴールドシップも誕生してなかったかもしれんよな
名無しさん
オークス勝って高松宮記念3着て…なかなかエグい馬ですね笑
名無しさん
熊ちゃんは、渋いよね。穴にもってこいだよ。
名無しさん
熊沢重文と言えば何と言っても有馬記念のダイユウサク。
「内からダイユウサク!」の実況。
大本命のメジロマックイーンを破った伝説の有馬記念。
名無しさん
熊沢が競馬場行くまでに道に迷うと大駆けするという使いようのないジンクス