【2021 大阪杯】ディープインパクト産駒レイパパレ、重馬場で勝てた要因は?

【2021 大阪杯】ディープインパクト産駒レイパパレ、重馬場で勝てた要因は?

GⅠに昇格して5年目となる大阪杯(阪神・芝2000m)が4月4日に行なわれ、単勝4番人気のレイパパレ(牝4歳/栗東・高野友和厩舎)が重馬場を利し、逃げ切って優勝。デビューから無敗の6連勝でビッグタイトルを手にした。

>>【2021 大阪杯】川田将雅騎乗の無敗馬レイパパレがG1初制覇!

4馬身差の2着には6番人気のモズベッロ(牡5歳/栗東・森田直行厩舎)が追い込み、1番人気のコントレイル(牡4歳/栗東・矢作芳人厩舎)は3着に敗退。注目されたグランアレグリア(牝5歳/美浦・藤沢和雄厩舎)とサリオス(牡4歳/美浦・堀宣行厩舎)は伸びを欠いて、それぞれ4着、5着に終わった。

【川田将雅騎手 レイパパレ 大阪杯2021公式会見】

第6レース頃から降り出した雨は徐々に強さを増し、馬場状態は急激に悪化。メインの大阪杯の前には「重」発表となった。結果として、この馬場悪化が結果を大きく左右することになった。

五分のスタートを切ったレイパパレが無理することなく先頭を奪うと、サリオスとグランアレグリアはやや離れた中団をキープ。コントレイルはゆっくりと後方9番手にポジションをとってレースを進めた。

1000mの通過ラップは59秒8と、重馬場というコンディションを考えればかなりのハイペースとなったが、レイパパレは気分よく馬群を引き連れて先頭を駆けていく。

動きが出たのは3コーナーすぎ。コントレイルが外から位置を押し上げると、それに連れてグランアレグリアも仕掛けて出る。4コーナーを回ったときには、上位人気馬がまとまって遅いかかる態勢をとった。

しかし、ここからがレイパパレの真骨頂だった。直線へ向いて馬場状態がいい外へと進路をとると、一気に後続を突き放しにかかる。

インからはサリオス、外からはコントレイル、グランアレグリアとモズベッロが追撃態勢に入るが、馬場に脚をとられてかいつもの伸びは見られない。

その後もレイパパレの逃げ脚はまったく衰えず、モズベッロに4馬身もの差を付けてゴール。見事に無敗でのGⅠ戴冠という快挙を成し遂げた。

【レイパパレの全5戦を振り返る】

レイパパレのデビューは昨年1月の新馬戦(京都・芝1600m)。ここを快勝すると、約5か月の休養に入り、6月の1勝クラス(阪神・芝1600m)、7月の糸魚川特別(新潟・芝1800m)を連勝した。

しかしこのあと、出走登録していた秋華賞(GⅠ、京都・芝2000m)で抽選に外れて除外されたため、やむなく大原ステークス(3勝クラス、京都・芝1800m)に進んだが、これも2馬身差で圧勝する。

そして昨年暮れのチャレンジカップ(GⅢ、芝2000m)では、当時4歳のブラヴァス(牡5歳/栗東・友道康夫厩舎)に1馬身半の差をつけて重賞初制覇を達成。そのあと4か月の休養を挟んで、今季初戦として臨んだ待望のGⅠ戦、大阪杯で大金星を挙げたのである。

レイパパレは雨のもとで行なわれた昨年の1勝クラス戦(馬場状態は「良」)や、稍重の大原ステークスを制してはいたが、ディープインパクト産駒にタフな馬場を不得手とする馬が少なくないことも手伝って、ここまで道悪をうまくこなせると想像したマスコミ関係者は多くなかった(もちろん筆者もそのひとりだ)。加えて、仮に道悪が上手くても、いきなりトップホースたちが揃うGⅠの舞台でその巧者ぶりが通用すると考えるのは難しい。

そこには、手綱をとった川田将雅騎手の好プレーもあった。差し・追い込みが利きづらい馬場を見込んで逃げを選択。ハイペースを刻みながら、後続になし崩しに脚を使わせ、直線ではコンディションがいい外へコースをとった手綱さばきは文句なしのスペシャルさだったと言える。

2着のモズベッロは稍重だった昨年の宝塚記念(GⅠ、阪神・芝2200m)で3着に食い込んでいるように、道悪を苦にしないタイプ。本馬もその適性を活かしつつ、直線で大外へ進路をとった池添謙一騎手のファインプレーも称えるべきだろう。

【高野友和調教師 レイパパレ 大阪杯2021公式会見】

3~5着となった上位人気馬、コントレイル、グランアレグリア、サリオスは逆に道悪に泣かされた。

「馬場が想像以上に悪くなっていた」という福永祐一騎手のコメントに代表されるように、いずれもタフなコンディションに末脚の切れ味を削がれ、最後は流れ込むのみにとどまってしまった。

この3頭は馬場状態が良ければ見直すべきなのは当然で、なかでも距離延長が不安視されたグランアレグリアは、クリストフ・ルメール騎手が「良馬場ならば2000mはもつと思う」とコメントしたことは覚えておいたほうがいいだろう。

参照先URL:【大阪杯】レイパパレが大金星を挙げた要因は?ディープインパクト産駒が重馬場で発揮した底力

名無しさん
クロノジェネシスもそうだけど母父クロフネは道悪に強いのかもしれない
ディープ産駒の道悪得意と苦手の見極めが難しいね
それにしてもここまで強いとは思わなかった
名無しさん
大金星?実力と言うしかない
名無しさん
芝中距離G1を牝馬が席巻する時代がくるとは思わなかった。ただ、馬場の巧拙が顕著になってきたのは進化と捉えていい気がします。
XYZ
グレード制導入以来、無敗で古馬混合G1を制したのはファインモーション、クリソベリル以来でレイパパレが3頭目の快挙ですね。
名無しさん
馬場次第で簡単に着順は変わる。
これくらいの馬場をこなせないと欧州競馬では難しい。
コントレイルは国内か香港くらいまでの馬だったね。
名無しさん
レイパパレは、道悪上手に加えて、川田騎手の好騎乗(4角での外への選択)。
グランアレグリアは、阪神2000mの坂2回のタフなコースによる距離適性と、道悪。
サリオスは、コース選択(レイパパレより後ろだったので外への選択ができず、内しかなかった)と、距離。
コントレイルは、馬体の成長に足の成長がついていってない状態で、重馬場が足にきたような感じ。それと、前が落ちてこなかったことから3角から上がっていって、足が続かなかった感じ。
モズベッロは、道悪特性と、コース選択、2000m以上の距離適性、阪神との相性。それ以上に、(超)一流騎手(意見あるでしょうが)での好成績(池添との相性○)。
阪神2000mは、スタートすぐ坂というのもあり、2000mという距離以上の距離適正が必要とされると思います。(少し前は、春の天皇賞のステップで使われていた。)
名無しさん
真の名馬は道悪だとか荒れ馬場だとか、コースを選ばないものだと思う。コントレイルはまだそこまでの馬ではないということ。
名無しさん
勝った馬が強かった。
そして勝った馬には、
必ずそれなりの理由がある。
私が買った馬にも勝てば勝った理由があったはずだが、負けたから負けた理由がある。
よってこの記事は誰でも書ける。
pis
モズベッロも褒めてあげて〜〜!!!
名無しさん
元々が秋華賞に出れてたらデアリングタクトの三冠は無かったかもまで言われてた馬だから勝つ可能性あるなと思っていた
最近のダービー馬はダービーがピークぐらいの早熟馬が多いからコントレイルの今後は怪しいと見てる
名無しさん
コントレイル もちろん強いけど圧倒的ではなかった 昔のミスターシービーって感じかな?
名無しさん
母型にマルゼンスキーやクロフネが入ってるからデープ産駒だけど重馬場適正があったのと川田が上手く馬場を選んで走ってた
でも自力が無いと出来ないし
素直に強いと思う
えだなのだ!
レイパパレを買った方、こんな小柄な馬をどうして買えたのか教えてもらえませんか?
名無しさん
良馬場でもレイパパレが勝つと思うよ。
有馬記念を勝ったダイワスカーレットを思い出したわ。
mas太一
モズに差されたのはどう言い訳できんの?
名無しさん
好騎乗、これに尽きる
名無しさん
ノーマークでプレッシャー無く逃げれたんが良かったと思う、もちろん馬の力があってこそだけど。
まあでもコントレイルは不甲斐ないね。
それを捻じ伏せてこそだし。
名無しさん
お母さんの時はあまり生きなかったクロフネの血がレイパパレでは生きたのかなと思いました。
名無しさん
ディープ産駒を負かす馬もまたディープ産駒
数年前にG2時代ではあるが同レースで大本命キズナを負かした馬もまたラキシスというディープ産駒だった
明日晴れるかな
重馬場でハイペース、で早仕かけ必須の展開。奥深いレースでした。最後の直線でレイパパレの「ヒョイっ」と外へ出るタイミングも抜群。流石川田さんでした。
名無しさん
ディープ自身も重の宝塚記念を勝ってるし、あの時の末脚は凄かったから稍重、重なら関係ないんじゃないかな。
名無しさん
レイパパレ
母父クロフネ、馬体重が軽く馬場が味方になった。
川田騎手が上手く乗った。
コントレイル動いて3着は強いと思うけど…
馬場が良くても、レイパパレに勝てるか
次は、宝塚記念かな?
楽しみです
名無しさん
〜〜産駒だから、というのは勝手な思い込み。
名無しさん
そもそもディープ産駒が重馬場を苦手にしてるわけじゃない。良でのパフォーマンスが凄いからそれに比べると重の成績がおちるだけ。
名無しさん
まあ、無敗だし大金星かはどうなんかな?
ここから名馬に登りつめる分岐点のレースだったといえるのか、次のレースが楽しみだな。
コントレイルもグランも大阪杯は互いに意識してたからな、標的になったら変わる可能性もあるしな。
名無しさん
勝因はノーマークの単騎逃げだよ
もちろん強いが
次のは難しくなるだろう
名無しさん
川田で先行馬だから抑えよかなと思ったけど、一周回って三強になっちゃったんだよな!
確かに、今までの成績は大事だけど、今のコンディション、今日勝てる馬を探さないとな!
さすがに、ここは勝つだろ、G1はルメール、この考えを改めたいが、G1はルメール買っておけば8割くるだろう!
sanpi…
今のところ大金星扱いだけど、今年が終わる頃には実力的に順当だったなってみんな思ってるかもしれない。
ってか、あの勝ち方が重馬場だったからとかノーマークだったからとか言ってられないほど圧倒的だった。
サニーブライアンのダービーみたいな勝ち方だった。
G1を複数勝つ力はあると思う。
名無しさん
脚を使わせるって言葉はあまり好きじゃない、強くなきゃできないよねそれ
名無しさん
ほんとに強い馬はどんな馬場で走っても勝ちますね。ディープやオルフェは全く関係なかったです。
名無しさん
いままでに何頭ものステークスウイナーを輩出している
名牝スターロッチの系統ですよ!
こういう母系から今の競馬でも活躍馬がでるというのは
競馬ファン冥利につきますよ
名無しさん
「名馬は馬場に泣かない」という格言がある。
本当に強い馬は馬場にもローテにもお構いなしで勝つ。
それで言えばレイパパレは本当に強い馬なのかもしれない。
名無しさん
レイパパレ、素直に強いんじゃないかな。
大阪杯は、早いペースでの先行にゴール前で更に引き離しに無敗の戦歴。
今回は、金星かもしれないけど、年間代表馬や更には歴史に残る名馬の可能性もと感じるレース。
何れにしても次走の結果だろうから、楽しみ。馬場を気にしないなら凱旋門にも挑戦して欲しいと期待もある。
名無しさん
強い馬が強い勝ち方しただけで金星っぽさはないなあ
サイレンススズカの強さ思い出すレースだった
勝ち馬がモズベッロなら金星だったかもしれないけど
名無しさん
懸念されたのは、斤量増でしたが、なんここっちゃって感じでしたね。川田さんの、直線向いてからの、馬場センターへの誘導はさすがでしたね。
名無しさん
レイパパレは素直に強かった!
ただ良馬場で見たかっただけに、秋の天皇賞(2000m)での再戦を期待!
名無しさん
まだ負けてないんだから現時点ではどの馬より強いってこと。
先々はわからないが。
名無しさん
このレースを選んだのは馬主側ではなく、調教師の進言だったそうだ。勝ち負けまでは兎も角、この顔触れでも掲示板以上にやれると確信に近いものがあったのだろう。
名無しさん
コントレイル、グランアレグリア、サリオスとの競馬を良馬場でみてみたいです。本来は直線で切れる脚を使う馬なのに、今回の重馬場での6馬身差は衝撃でした。良馬場で同じような結果なら過去の名馬に並ぶ可能性が高いと思います。
名無しさん
レイパパレの最後の直線で、走る姿がディープインパクトにそっくりだったと思ったのは俺だけ?
dkfeeee
既に結構人気してたしなぁ。
名無しさん
道悪の逃走劇というと
タップダンスシチーのジャパンカップを思い出す。
結果は2着に9馬身差を付けての圧勝。
4番人気だったというのも今回と同じ。
有力馬が牽制し合ってノーマークの一人旅。
往々にして、起こり得るケースなのは確か。
名無しさん
安定感で語るとエルコンが最強だったと思う。馬場適正や距離適正が万能だった。スズカには負けたけど、あの時のスズカは別格だった。名馬中の名馬は後継馬を残せないイメージがある。
名無しさん
ディープというより母父クロフネの力だと思う。重馬場を苦にしないところ。
名無しさん
やはり母方のクロフネなどの血だよね。
若い頃から繋ぎが立ち気味で爪も小さいからどちらかと言うとダート向きでああいう馬場でものめらずに走れる。
そこがディープ産駒らしくなくてずっと微妙に思ってたけど、能力プラスαで逆にそれが今回功を奏した感じ。
名無しさん
小柄なディープ産駒で今が全盛だろうね。秋には下降する可能性も少なく無いだろうから、この春もう一つG1取りたいだろうね。
名無しさん
牝馬がほぼ出走しない天皇賞春以外の古馬G1でディープ産駒の牡馬はもう何年も勝てていない。
名無しさん
次走が試金石と思って、それを次々とクリアしていき、とうとう無敗でG1まで獲った。
大原Sは現地で観戦して強いなぁ。とは思ったが、まさかここまでの能力を秘めていたとは。
もうすでに歴史的名牝になりつつあるくらいの名馬だと思います。