【2020天皇賞・秋】ルメール・ファミリーも応援!アーモンドアイ8冠奪取へ

【2020天皇賞・秋】ルメール・ファミリーも応援!アーモンドアイ8冠奪取へ

歴史的名牝はルメール騎手の家族にも溶け込んでいる。夫人のバーバラさん、長男ルカ君(15)、長女アンドレアさん(13)との4人家族。

3年連続のリーディングジョッキーも馬上を離れれば、良きパパだ。極力、馬のことを考えず、家族との時間を大切にする。ただ1頭、アーモンドアイを除いては。

家族全員が7冠牝馬のファンだ。ルメール騎手は「普段からあまり競馬の話はしないけど、アーモンドアイは違う。子どもたちが一番覚えてくれている馬になると思う」と言う。

コロナ禍で入場制限が始まる前まで、どのレースにも家族が駆けつけた。子ども2人が着るのは水色地に赤の水玉模様が入ったTシャツ。かっこいいパパと同じ勝負服柄の服に袖を通して、声をからしてきた。

そんな相棒はキャリアを代表する1頭になった。騎手人生で思い入れのある馬には、母国フランスで10戦9勝(G1・5勝)のディヴァインプロポーションズと7冠牝馬の名前を挙げる。

だが、「僕がフランスで乗っていた頃の馬たちは、彼らが小さかったから」。“ルメール騎手=アーモンドアイ”。日本競馬界のベストコンビは、ルメール家での共通認識でもある。

8冠奪取への最終調整は無事に終えた。これ以上ない手応えで連覇に臨める。「もう5歳だし、まだ成長していたら月まで行っちゃう。ずっとハイレベルで、いいパフォーマンスを続けてきた。世界でも珍しい。

バーバラと子どもたちはテレビの前でうるさいかも。スタートするまでは心配しているだろうけどね」。画面越しの声援も、新記録へ背中を押してくれる。(つづく)

参照先URL:ルメール妻子にも特別な1頭アーモンドアイ/天皇賞

競馬好きのはんしんふぁん
使い分けや有力馬ルメール一本被りやら色々思うとこはあるけど、日本に来て日本語覚えて、日本に骨を埋めようと言わんばかりの彼の事はどうやっても嫌いになられない。
名無しさん
ミルコも頑張って欲しい。
ここ一番での爆発力はルメールより上だと思うのですが
安定感ではルメールなんでしょうね。
名無しさん
息子そっくり!
名無しさん
ルメール騎手も日本語覚えてインタビューもちゃんと答えてくれているのを見ると、大変な努力をして日本で乗っていると思います。家族も仲が良くて、良い写真ですね。
個人的にはデムーロ騎手の方が好きなので、頑張ってほしい…。彼も親日家でとても頑張ってくれているし、凄く腕の良い騎手だと思っているので…。
名無しさん
菊花賞で、やっぱりうまいなー。と思った。
マイネルデスポット
サトノダイヤモンド、レイデオロ、アリストテレス。負けたあとすぐに勝った騎手と健闘を称え合うよう拳を合わせたり背中を叩いたりするのがスポーツマン精神に溢れてて凄く好きです。
名無しさん
すげージョッキーです!
いろんな事言われたりしてますが
心の底から尊敬します!
日本に来てくれてありがとう!
でも勝つのはクロノジェネシス!
名無しさん
娘ちゃん、可愛らしいね(。>∀<。)
名無しさん
一本被りだなんだって言うけど、ちょっとした差で何千万も賞金が違ったり、種牡馬になれなかったりすることもあるんだから、誰だってルメール乗せたいでしょ。圧倒的に他の騎手より上手いだから。
名無しさん
ルメールJr.ルカ君は
かなり身長が高いので
跡継ぎは無理かなあ。
減量たいへんやしなあ。
武幸四郎さんも長身で苦労したしなあ。
中央に寄り過ぎ
嫁さんの方が太っててルメールは少し複雑だったりするんかな?