【2020エリザベス女王杯】ルメール騎手ラッキーライラックで2週連続のG1勝利

【2020エリザベス女王杯】ルメール騎手ラッキーライラックで2週連続のG1勝利

競馬のG1エリザベス女王杯(阪神・芝2200メートル)は15日、1番人気ラッキーライラック(牝5、栗東・松永幹)が史上4頭目となる連覇を達成。

⇒コレでイイのか日本競馬!?ラッキーライラックはルメールと新コンビ

鞍上のクリストフ・ルメール騎手は開催2週連続G1制覇を達成し、ネット上のファンからも「ルメールの巧さが光った」「神騎乗」「ルメール上手すぎ」と感服の声が上がっている。

【ルメール騎手(ラッキーライラック) 2020エリザベス女王杯公式会見】

【エリザベス女王杯2020 ルメール騎手レース後インタビュー(ラッキーライラック)】

参照先URL:「ルメール上手すぎ」「神騎乗」 大外枠からラッキーライラック連覇にネット感服

名無しさん
そりゃ横山典なんかよりルメールの方がいいわな
名無しさん
横山の下手差がわかった?
って題名にしろよ
名無しさん
この後も全部のG1
ルメールにいい馬乗せて全部勝てばいいんじゃない️
名無しさん
ノリは作戦じゃなくて持ってかれただけだよな
正義の味方
クソノリごの
名無しさん
もう少し対抗して欲しいものですね?先週何かはルメール祭りと化してたが、関東に遠征して勝利数の上乗せ祭り状態だった。関東勢のジョッキーは地元で何も出来ないし、関東馬の良血馬はルメールが来るのをわざわざ待ってレースをしてる見たいだ!
名無しさん
2Rで予行演習してたからね(*`艸´)
名無しさん
自称競馬通ほど買えない人気馬だったのでは
一番人気のルメールで美味しく頂いた素直な買い方の勝利
名無しさん
しっかりラブズオンリーを外から蓋をする形でマークして、プレッシャーかける形で前がペースアップする前にポジションを上げて直線ですぐに前を向く。
ラブズオンリーとサラキアは差せる力もあっただろうが騎手の差が順位の差になったなぁ
名無しさん
いやー1番人気が勝ち続いてるのに馬券は当たらないわ。秋G1連敗街道まっしぐら。私はどんだけ下手なんだよ。
名無しさん
サラキアは意外やった。
名無しさん
来週もルメール祭り しかし今日の騎乗はルメールだから勝てたと思う 他の騎手なら3着が精一杯 日本人騎手にもっと頑張って欲しいけど
名無しさん
もう皆んなルメールに勝つのを諦めてる。
誰も負かしに行かないし黙って見てるだけ。
栗東は仲良し競馬サークル。
欧州に居場所が無くなった騎手に良いようにされて恥ずかしいと思わんのかね。
名無しさん
オーナーならルメール乗せたいよな何て言っても結果残してるしね
名無しさん
ルメールとは逆に
豊は内に潜れず道中ずっと外を回されたからなぁ
名無しさん
最近はちょっと陰り気味だけど一時期のデムーロやこのルメール
短期免許で来日するモレイラやレーンにスミヨン
確かに日本に来るのは一流ジョッキーがほとんどだけど
日本の騎手にももう少し頑張ってほしい。
地方や海外と違ってJRAは賞金高いから騎手もそこまで
ハングリー精神がないのかなと思ってしまいます。
名無しさん
タイトルは大袈裟で無くそのまま巧いなと感じました。馬の能力は勿論ですがそれを引き出す手腕は凄い。結果はノーザンの一人勝ちでしたが。
名無しさん
ルメール北海道はダメダメだけど中央開催だと勝ちまくる不思議
aloha
マイルCSはルメールは来ないよ。
なぜかって?自分が買うからさ。。。
名無しさん
ほんと日本人ジョッキーってヘタクソ。デムーロも最後はしっかり伸びてるし。
そもそもスタートでなぜあんなにスローで横山が仕方なく出たのか。そこを突っ込むのが大事。皆でスローにして他のジョッキーは連に絡む自信があったの?ないよね?
名無しさん
ノリが単騎で逃げて平均だけど2番手以下は明らかにスロー。スローで誰も動かないからルメールもポジション上げやすい。ほかの騎手は勝つ気があるのかね。
名無しさん
ルメール巧かった
それよりも他の幾ばくかの騎手は行きたいところに群がるばかりで何もせず
勝ちたいのではなく大敗せずまた乗せてもらおうという考えしか見てとれない
賭ける儲かる云々じゃなくてつまらない競馬だったよ
名無しさん
戸崎は来ないと分かってるのになぜか買ってしまう。
ルメールは来ると分かってるのに「さすがに今回は無理だろ」と思って毎回やられてる。
okakaka
今年はこの時期に世界の一流ジョッキーが来れないからルメール無双は続く、と先週のアルゼンチンの後は思った。
今日はこれ以上ないタイミングで動いたあの勝負センスの持ち主だからルメール無双は続く、と思った。
名無しさん
馬が頑張りました
ルメは早仕掛けでした
どどんぱ
ルメールが超一流なのは周知の事実だと思いますが、
一番凄みを感じたのは今年の春の天皇賞のゴール前。
残り数完歩。フィエールマンがまだ届いていない状態で、冷静に右から左に鞭を持ち替えて左鞭2発。
きっちりゴール板で捉えて連覇達成。
常人なら誰もがテンパって冷静になれないハズの場面で、なんてこのジョッキーは冷静なんだと感服しました。
そんな人でも、秋の天皇賞ではあまりのプレッシャーからゴール後に溢れる涙を抑えきれなかったり、
人間臭さも隠さず見せるところがまた憎めない。
そんなプレッシャーを打ち破ったジョッキーには、連覇がかかったG1の大外枠のテン乗りもものかはだったんでしょうね。
おめでとうございます!
名無しさん
本当すげ〜…勝つんだもんな。
名無しさん
ルメールは、勿論、いい馬に乗せて貰ってるから、他の騎手が勝てるかといえば、そうでもない。精神的、技術的に凄いと思うが、日本人騎手は、彼に負けないよう切磋琢磨して頑張れ!
腹立つ親父
これからのG1戦線、ほぼルメール決まりやないの
japancup
外から早めに抜け出して最後差されるのがこの馬の負ける時のパターンなんだけど今回これやって最後まで持ったんだからそりゃ賞賛されるわ