【地方競馬】無観客開催で売上げ好調も、厳しい”ふところ”事情

【地方競馬】無観客開催で売上げ好調も、厳しい”ふところ”事情

JRAでの入場再開は延期に…

中央競馬でも8月15日の新潟開催から限定した形でファンの入場再開を発表したが、一転取り止めの発表にはちょっと驚いた。“新潟県在住のお客様限定”ということならリスクも低いかと思われるが、「全国規模での新型コロナウイルスの感染拡大傾向が顕著となっていること等を踏まえ……」ということでの措置となった。

【2020年度地方競馬PV】

地方競馬では、ばんえい帯広で7月11日(土)から、岩手競馬で12日(日)から、開催本場への一般客の入場を再開。これはプロ野球やサッカーJリーグでの入場再開とほぼ同時期のことだった。

そしてこれに続くのが南関東だ。浦和競馬では8月12日の開催から、1日最大331名に制限しての入場を再開。この331名というのは、特別観覧席636席の約半数という数字。入場は事前申し込みで抽選となる。

大井競馬場では、9月の開催から一般客への正式オープンに向け、8月中に有料会員等を対象として「招待制」でのプレオープンを実施すると発表された。

また川崎競馬場でも、9月以降の入場再開に向け、8月24日(月)に、事前予約制による来場者数を限定したプレオープンを実施すると発表。正式オープンについては、プレオープンの実施状況を踏まえたうえで、後日あらためてお知らせとなっている。

いよいよ地方競馬では、首都圏の競馬場でも観客を入れての競馬が始まることになりそうだ。とはいえ陽性者・感染者が急激に増えるようなことがあれば中止ということもありえるのだろう。

地方競馬全体の今年度4~6月の馬券の売上げは、前年同期比で127.2%と、無観客にもかかわらずかなりの伸びを見せている。しかもすべての主催者で前年比より増加。もともと分母の大きい南関東では4場の合計で前年比111.0%だが、それ以外の主催者は125~165%という伸び。もっとも増加率が大きいのは相変わらず高知の165.3%で、次いで155.0%で佐賀、さらにばんえい帯広が153.7%というのには驚かされる。

それだけ売上が伸びていれば、無観客ならお客さんを入れるための経費もかからず、主催者は儲かっているようにも思えるが、必ずしもそうとは限らない。

【NAR 地方競馬全国協会 受け継がれるもの】

地方競馬では、JRAの場外発売所(WINS、J-PLACE)として機能している競馬場も少なくなく、それはごく一部を除いてまだ再開されていない。再開されたところでも人が滞留・密集しないように、発売時間や発売レースを限っての発売となっている。

WINSやJ-PLACEとしても機能している地方競馬では、コロナ以前にはあったその手数料収入が途絶えたまま。地方競馬の売上は増えていても、その分の収入がなくなり、経費削減を迫られる主催者もあると聞く。

一方でJRAでは、PATでの地方競馬の馬券発売を続けており、引き続きその手数料収入はあり、しかも地方競馬全体の売上が上がっていることから、JRA-PATでの売上も増加しているものと想像できる。

無観客開催における馬券の売上げは、中央競馬より地方競馬で顕著な増加となっているが、相互発売分の収入も合わせると、むしろ厳しいのはJRAより地方競馬のほうなのかもしれない。

まずは感染拡大予防を最大限図ったうえで、有観客での自場開催。次いで、WINS/J-PLACEでの発売再開。地方競馬の主催者が財政的に昨年度レベルに戻るのは、それが実現してからのようだ。

参照元URL:売り上げ好調の地方競馬が有観客開催に取り組む背景とは/斎藤修コラム

名無しさん
PATは100円単位で入金できるし、仕事中でもかるーく遊び感覚でやってる人も多いから、チリも積もればで売り上げ貢献してる。
名無しさん
嬉しいニュース。大井競馬場は年1回東京大賞典で行くくらいだけど、有観客始めてくれるなら応援の意味も込めてぜひ行きたい。
JRAも府中開催くらいからは入れて欲しいなー。
JCや有馬は歓声の中で見たいよ。
名無しさん
南関東は自前の投票システム持ってるからいいけどそれ以外は代行サイトに手数料払わないといけないからいくら売上が伸びてても大変な側面があるだろうね
名無しさん
競艇に比べて動きがおそすぎる
o(º*º)。
JBCが入場出来るなら今すぐ飛行機予約したい気分なんだけど、関東の感染者数を鑑みれば田舎の職場に帰るには土産(リスク)が大きすぎるからな。
当然入場制限もあるだろうし全く意識出来なくもある。
名無しさん
大井は的場文男騎手が引退する前に、また生で見たい。コロナの着地点がある程度見えてきたら平等にお客さんを入れてほしい。いま、場内の予想屋さんたちは、どうやって食い繋いでいるのだろうか…
名無しさん
浦和競馬場のマグロカツ売店のオバチャンは生きてますか?
名無しさん
馬券のみでの売上を見た場合は好調かもしれないが、本来通常開催で営業しているスタンド内の飲食店やイベント等の関連会社や従業員スタッフの雇用関係の補填も含めた場合、競馬場内全体の収支は実際どうなのだろう?
個人的にはやはり実際に競馬場へ赴いて現地の雰囲気を味わいながら競馬観戦をしたいと思っているので、一日もはやく新型コロナの終息を願っています。
はやく川崎のタンメンが食べたい、浦和の黄色いカレーが食べたい、船橋のあんかけ焼きそばが食べたい、大井のもつ煮込みが食べたい!
名無しさん
岩手は、単年度の黒字確保が存廃の条件だけに、自場開催発売での売り上げが減少して、赤字を出してしまうと存廃ルールによって、廃止の議論がテーブルに乗ってしまうので、お客様を入れたうえでの開催に積極的になるのも当然のこと・・。
コロナウイルスの感染者数が全国で最も少ないことも、大きな後押しの要因になっていると思う。
岩手は、近年禁止薬物の検出によって開催を取りやめるといった事案があったが、これが現況下では最も怖いのでは・・。
騎手・調教師他競馬関係者から、ウイルスの感染者や濃厚接触者にあたるという事で、開催中止や取り止めといったこともなく開催が続けられたという事であれば、コストカット(賞金や手当の減額)で、収支均衡に持って行って乗り切った過去もあるので、まずは無事に開催が続けられるように願うところです。
名無しさん
岩手は本場・場外の売上がないと単純計算で単年度赤字になるという試算が5月に出てましたね。
他場主催者からの広域受託協力金というのがばかにならないようで。なかなか難しいですね。
名無しさん
JRAは自分の事しか考えてない。場内の飲食店、そこに関わる人(勤務している人、納入業者)、警備員のおっちゃん、発券売場のおばちゃん、競馬グッズを作ってるメーカー等々JRAが直接関係無い人達はJRAも余計なお金払わなくて済む上に、PAT売上あるからこれで良いと思ってる。お客さんの歓声より銭儲け。今回の慎重さで改めてわかったわ。別にかまへんけど、コロナがまた増えてるから新潟客入れ中止したって言わんとこのままの方が儲かるからって言ったらいいのに。人の楽しみなんかどうでもええねん。今年いっぱいはもう客入れせんな。来年から指定席チョロチョロでしゃあなしで客入れやろな。コロナ便乗商法
名無しさん
こんな些末な事より競馬評論家なんだから
八百長をなくす取り組みとかに触れてほしい
なんの為にこの仕事してるんだ?
競馬村の書く記事はつまらん
taro
中央競馬は売上に胡座をかいてコロナを口実に無観客継続しているように見える。
新潟の入場再開すら1ヶ月遅いと思ったくらいだが、それを中止するとは呆れる。
自粛一辺倒のコロナ対策はもはや時代遅れ。