【2020凱旋門賞】英ブックメーカーでの人気は、英2冠牝馬ラブ

【2020凱旋門賞】英ブックメーカーでの人気は、英2冠牝馬ラブ

【パリ13日】GI凱旋門賞(10月4日)の重要前哨戦が本番と同じパリロンシャン競馬場の芝2400メートルを舞台に3レース行われた。

7月14日に組まれていたGIパリ大賞(3歳、セン馬不可)がコロナ禍でGIIニエル賞に替わってこの日、10頭で争われ、中団を進んだP・ブドー騎乗のモーグル(英国産、愛=A・オブライエン、牡、父ガリレオ)が内から伸びて優勝した。タイム2分24秒76(良)。昨年の全兄ジャパンに次ぐ兄弟制覇で、GIは初勝利だった。

3歳以上牝馬によるGIヴェルメイユ賞は10頭立てで行われ、C・スミヨン騎乗のタルナワ(愛国産、愛=D・ウェルド、4、父シャマーダル)が後方から伸び、2分26秒42(良)でGI初制覇を飾った。

残る1レース、6頭で争われた4歳以上によるGIIフォワ賞は、M・バルザローナ騎乗のアンソニーヴァンダイク(愛国産、愛=A・オブライエン、牡4、父ガリレオ)が2分33秒27(良)で逃げ切り、昨年の英ダービー以来の勝利をマークした。

凱旋門賞の主要ステップレースは全て終了。この日の出走馬の評価はそれほど高くなく、英ブックメーカー・ウィリアムヒル社のオッズでは英2冠牝馬ラブ(愛=A・オブライエン、牝3)が2・5倍、2017、18年の覇者エネイブル(英=J・ゴスデン、牝6)が3倍で一騎打ちムードになっている。

参照元URL:凱旋門賞はラブvsエネイブル一騎打ちムード

マイネルデスポット
古馬になってからはシーオブクラスに辛勝とヴァルトガイストに負けた2戦か。
クールモアが今度こそ潰しにくるやろな。
名無しさん
アーモンドアイとエネイブルのロンシャンでの対決
夢の凱旋門賞は夢のままだったなぁ
名無しさん
このレースの結果に関係無く
歴史的名馬である事は間違いない。
それ以上でもそれ以下でもない。
名無しさん
凱旋門賞は負担重量が重過ぎます。動物虐待で廃止
名無しさん
ラブに期待したい。
名無しさん
今年も凱旋門の売上は凄そうだね。
名無しさん
アーモンドが強いのならば、最後はここだろう
名無しさん
馬主の勝手だが、さすがにこの2頭に現状のディアドラで挑もうとするのは無理ゲーすぎる。日本で最後エリザベス女王杯とか出走した方がまだ可能性ある。
about
伊良部が好きだったのでラブ買います!
sanpi…
それにしても欧州はガリレオだらけだな。
まあ日本もそんな感じだが。
名無しさん
牝馬の時代だなあ
名無しさん
これに仏馬追加であたるよ 頭はラヴ固定で エネイブルが勝てる相手じゃないから
名無しさん
ガイヤースの人気が急落。
馬券的にはこの馬が妙味かと。
前走はため逃げしちゃったし。
名無しさん
ラブだろうね勝つのは!
安本丹のkurよ、不憫な倅を頼んだぞww
同じ日に行われた同距離の3レースで、これほどまでにタイムに開きがあるなんて信じられないね。
名無しさん
昨年も完全に勝負付け済んでるはずの馬が勝っちゃったからな。
ホント何が起こるかわからない。面白い。
名無しさん
凱旋門は古馬に対する斤量の見直しが
必須だと思う。時期的にも3歳馬の成長が
追いついてきて、3キロ差はデカすぎ!
せめて古馬の重量を1キロ減。3歳牝馬
1キロ増。でなきゃハンデ戦。