【JRA競馬】ルメール騎手との特別な絆をM.デムーロ騎手が明かす

【JRA競馬】ルメール騎手との特別な絆をM.デムーロ騎手が明かす

5月16日の東京9RでJRA通算1400勝を達成したクリストフ・ルメール騎手。武豊騎手の記録を上回る、史上最速での達成となりました。今週末の宝塚記念ではクロノジェネシスの騎乗を控え、さらなる注目を集めています。

>>【2021 宝塚記念】「うれしいです」ルメール騎手初制覇!クロノジェネシスが連覇

そこで今回、ルメール騎手にゆかりのある競馬関係者3名が登場し、それぞれのテーマからその魅力を証言。

最後に登場するのは、盟友・M.デムーロ騎手です。JRAジョッキーになる前からの、20年来の友人。共にJRAのジョッキーとなり、どんな時も支え合ってきたふたりの絆に迫ります。

>>フランス競馬の後輩、ミカエル・ミシェル騎手に聞く!母国でのルメール騎手とはどんな存在?

◆クリストフの活躍にジェラシーはないです

──クリストフ・ルメール騎手の1400勝達成を記念した今回の特集ですが、最後は盟友であるミルコ騎手だけが知る「クリストフ騎手の素顔」に迫っていきたいと思っています。かれこれ20年近いお付き合いになりますよね。

デムーロ 本当に仲良くなったのは日本で乗るようになってからだけど、僕は若い頃からけっこうフランスに乗りに行っていたので、当時から挨拶はしていました。

フランスでは、外国人ジョッキーはなかなか受け入れられないというか、はっきり言ってけっこう嫌われてました(苦笑)。

なかなか馴染めなくて、すごく大変だった。でも、クリストフは当時からちょっと違ってました。同じ年だったこともあって、すぐに話をするようになって、「この人、フランス人ぽくないな」って思ってた。

──日本にきてからは、どんなお付き合いを?

デムーロ コロナの前は、よくご飯を食べに行ってましたよ。

──確か、踊りに行ったりもしてましたよね。

デムーロ そう! クリストフは踊るのが大好き。「ミルコ、おいでよ!」って、何度も呼び出されました(笑)。

あとは、旅行に行ったり、釣りに行ったり。お正月は毎年のように一緒にいたしね。そうそう、今度一緒にバイク(自転車)で山に登るよ。

──おふたりで?

デムーロ そう、ふたりで。ホントにプライベートでも仲良くしていて、そういうときに僕たちはいろんな話をします。

去年、僕がなかなか結果を出せなかったときは、すごく心配してくれて、たくさんアドバイスをしてくれました。

僕が離婚して子供と会えなくなったときも、「子供と話せてる?」「大丈夫?」ってすごく気にかけてくれて。すごく優しい人です。

──いまや、なんでも話せる存在なんですね。

デムーロ そうです。ライバルなのはレース中だけで、ホントに友達。大事な存在です。今でも困ることがけっこうあるから、そういうときはお互い「どう思う?」とか相談したり。

──愚痴を言い合ったり?

デムーロ はい(笑)。僕はすぐに熱くなるから、競馬のあとも自分の気持ちを出してしまうけど、クリストフは出さない。だから、怒らないイメージがあると思うけど、僕の前ではけっこう気持ちを出すよ。ちゃんと怒ってるし、イライラしてるときもある(笑)。

──心を許している証拠ですね。

デムーロ 彼が上手くいかないときはすごく心配するし、僕が上手くいかないときはすごく心配してくれる。最近は心配されることが多くて悲しいけど(苦笑)。

そういえば、JRAの免許を取って、今週からデビューというときに、クリストフが騎乗停止になったでしょ? Twitterを触ってしまって…。

──いきなり1カ月の騎乗停止でしたね。

デムーロ あのときはすごく落ち込んでいて、とっても心配した。一緒にデビューしたかったから、僕もつらくて悲しくて…。今でもあのときの気持ちは忘れられないね。

──今回、史上最少騎乗回数での1400勝達成となったわけですが、クリストフ騎手の活躍については、どう受け止めていますか?

デムーロ 僕ももっと結果を出したいと思っているけど、クリストフの活躍にジェラシーはないですね。クリストフが勝つと僕もうれしくなるし、もっともっとたくさん勝ってほしいと思う。

>>武豊超え!?ルメール騎手がJRA通算1400勝を史上最少騎乗で達成!

1400勝もね、僕のほうが日本に乗りにきたのは早かったから、なんで僕のほうが先じゃないの? と思うけど(笑)、彼はすごく上手いからしょうがない。

結果を出せないのは、僕が悪いね。もっと上手くならないと、クリストフのように活躍できない。頑張らなくちゃ! と思わせてくれる存在です。

(文中敬称略)

参照先URL:「ホントに大事な友達」M.デムーロ騎手が明かすルメール騎手との特別な絆

名無しさん
いやいや、嫉妬しまくりですがな。
名無しさん
ルメールは毎回平均点の高い騎乗をし続けてて、
デムーロは平均点はルメールよりかは低いけど、
ここぞで満点以上の騎乗するイメージ
ヤフコメ大好き
離婚の話をミルコ本人の口から出るなんて、再婚した奥さんと産まれたばかりのお子さんのこともあってもう吹っ切れたのかな
また憎たらしいくらいに大舞台で勝ちまくるミルコを見たいよ
gmd
何やかんやで毎年G1勝ってるからな。
数年前はまさか、デムーロがラフィアンで活躍するとは思わんかったな…オークスで某ラフィアン主戦の下手くそに格の違いを見せつけてたし…
名無しさん
騎手は上手い人でも歯車が噛み合わないと成績に繋がらないイメージ。2017年ぐらいにはここまで成績が下がるとは思えなかった。
名無しさん
オッズ動きまくり宝塚記念が面白い
競馬おもろいな
名無しさん
僕はすぐに熱くなるから、競馬のあとも自分の気持ちを出してしまうけど、クリストフは出さない。だから、怒らないイメージがあると思うけど、僕の前ではけっこう気持ちを出すよ。ちゃんと怒ってるし、イライラしてるときもある↓
ミルコは、そこの感情おさえられたらもっと騎乗数増えているのになぁ。もったいない。
名無しさん
ルメール≒武豊
デムーロ≒田原成貴
私の中で2人の騎乗スタイルを日本人騎手に例えたら、ざっくりとこんな感じです
名無しさん
前の奥さんの方が美人やったな
名無しさん
なんでもかんでもいい馬はルメールばっかり!ってバカアンチがほざいてるけど、いい馬乗るのは当たり前やろと思う。断れって言う方がおかしい。文句あるなら馬主と調教師に言え
名無しさん
>フランスでは、外国人ジョッキーはなかなか受け入れられないというか、はっきり言ってけっこう嫌われてました(苦笑)。
フランスやフランス人のイメージってたしかにこんな感じ。なのでルメールはデムーロが言うようにフランス人っぽくないなあと思う
ka
ファン感でやってたルメールがぶちキレるドッキリ。何回見ても面白いw
名無しさん
この写真凄く良い!
外国人しかわからない事情があると思います。
ミルコのルメールの活躍にジェラシーは無いと言う言葉もこの写真からよく伝わってくる。
とぐろターボ
デムーロといえばネオユニヴァースでの外国人ジョッキー初の日本ダービー制覇、東日本大震災後のヴィクトワールピサでのドバイ制覇、天覧競馬でのエイシンフラッシュでの快勝からの陛下への最敬礼等々、とにかくインパクトのある勝ちが多い印象。ここ最近は調子は取り戻しつつあるとはいえ、ルメールとの差が開く一方なので、なんとかこの苦境を乗り越えて、かつての輝きを取り戻して欲しい。
名無しさん
ミルコは情熱的だけど、ルメールはしたたか
良くも悪くもこんな感じがする。
名無しさん
JRAの通年免許取ってから6年。将来、顕彰されるべき2人だと思う。
名無しさん
ジョッキー界のディープ(平均的)かオルフェ(爆発力)みたいな個性…
名無しさん
俺もミルコが自ら離婚したなんて言うのは初めてだと思う。net競馬にはミルコが心を許した記者がいるんだね。
ルメールはミルコの親友で腕も一流だけど俺はミルコがルメールに劣るなんて微塵たりとも思わない。もっともっとルメールに負けたくないって言ってくれよ。
頼むぜイタリアから来た俺のヒーロー
名無しさん
未だにミルコとクリストフを外国人騎手とか疎外視している風潮を見受けるが、とにかく彼等は難易度の高いJRA騎手試験をキッチリパスしているし、長年日本をベースに騎乗しているのだから、そろそろ他のJRA騎手達と同等視すべきだろう。
現時点ではクリストフがコンスタントにリーディング上位争いしているが、ミルコも何だかんだ言っても毎年G1は勝っているし、活躍はしていると思う。
この記事を見てると、本当に二人で常に切磋琢磨してる様子が伺える。
来年のクラシック戦線で二人はどんな馬で勝負するのか、夏競馬での2歳戦にも注目したい。
名無しさん
日本に短期免許で来ていた頃から、勝ちまくっていたねデムーロは。JRA騎手になった頃もデムーロの方が活躍してたし、又手が付けられない程の活躍をして欲しいよ。デムーロの日本愛は本物だしね。
名無しさん
モレイラが合格していれば
ルメール無双ではなかったかもね。
ノーザンの勝己、俊介親子は
結果至上主義ですからね。
ルメールも安泰ではないですよね。
名無しさん
同じ時期に合格して活躍していますよね。
他の誰よりも日本人の行動しています。
自分も見習わなくてはと思います。
上上下下左右左右BA
ミルコだってネオユニヴァースの時はJRAにルールを改変させるくらい凄かった。
まだまだいけるよ、応援してます。
名無しさん
二人に技術の差は無いと思う。強い馬を確保出来るエージェントが1番影響しているのかな。性格は仕方ないです。岩田ってもっと悪いのもいるんだし。岡田総帥のお別れ会に行って、何度も苦い水を飲んで、オークスを勝った。今後G1に届きそうなお手馬は、ユーバーとオメガなのでまた30日にも何とか勝って欲しいです。ミルコで毎週損しているけど、止められません。
名無しさん
ルメールもミルコも凄いが、
彼らが今後の日本競馬をしょって立つ存在かどうかは不透明。
どう考えても、ユタカの後を継いで、彼らが騎手会の会長をやる姿は浮かばないし
競馬界の顔としての存在になれるとは思えない。
競馬に興味がない人には、ルメールもミルコも、知名度は皆無。
それは、ユーイチや川田も残念ながら同じ。
あと数年後に迫っているユタカロスに
日本競馬は耐えられるか、ホント心配だよ。
名無しさん
この2人を見ていると親友という言葉がよく似合う
名無しさん
ワイは今年のオークスでのインタビュー観て泣いちまったよ。人生紆余曲折です、いい時もあれば悪い時もある。ミルコ・デムーロ大好きなのでずっと応援してます!
名無しさん
ルメールがイチローだとしたらミルコは松井秀喜。
ホームランは波があるからそのうち当たり出すのでは!
名無しさん
他の人もコメントしているが、
ミルコから離婚のこと話したのは初めてだと思う。
辛かったと以前ミルコがコメントしていたが、
本当に大変だったと思う。
ちなみに、娘さんたちとは今でもテレビ電話でやり取りしているとミルコがコメントしていた。
息子さんも生まれて、今、凄く心が燃えていると思う。
これからも、ミルコマジックで、盛り上げてほしいです。
名無しさん
デムーロが今の状態になったのは、自分自身のせいだと思うが。自分の騎乗ミスを馬のせいにしたりとかじゃないですか?こうなった年の秋GⅠシーズンは、ノーザンファーム系のオーナー、サンデーR・キャロットF・シルクRの勝負服には乗れなかったでしょ。
JRA騎手になった当初は、デムーロ>ルメールでGⅠ勝ちまくってたけど、結構なラフプレーが多かったよ。反面ルメールさんはひたすらフェアプレーで騎乗停止は記憶にないほど制裁は受けてなかったかと。
その積み重ねが、今のルメール>>>デムーロになってると思いますね。
名無しさん
ミルコは若い時から知ってるし馬券もたくさん勝たせて貰った。でもミルコの人柄が何より好きだな。短期免許で日本に来る外国人ジョッキーはとにかく日本を見下してたけど、ミルコだけは違った。日本の競馬は素晴らしいといつも言ってくれていた。俺はミルコは日本人だと思ってる。
名無しさん
宝塚のサトノクラウンとかマイルCSのペルシアンナイトとか、あの頃ほんとG1じゃ神懸かった騎乗連発してたよな。。
また見たいですね!
名無しさん
日本語の上達はミルコの方が早いかな。
一生懸命勉強したんだろうな。
名無しさん
ミルコを応援する私としては、このコメント欄は、涙が出るほど嬉しい。
ミルコ、皆んなが応援してくれとるんじゃけぇしっかり頑張りんさいよ。
名無しさん
仲良いんなら関東はデム、関西はルメって棲み分ければいいのに
西も東もいい馬はみんなルメールが持って行ってしまう
名無しさん
ルメールもいいけど、おれはどっちかというとデムーロの方が好き
名無しさん
『フランスでは、外国人ジョッキーはなかなか受け入れられないというか、はっきり言ってけっこう嫌われてました(苦笑)。』
ミルコが語るこの部分は、フランスという国の特徴を物語ってるな(苦笑)
名無しさん
先日も自転車トレーニングに出掛けてる記事を見たけど、二人ともリラックスしたいい顔だったね。タイプは違うけど二人とも素晴らしいジョッキー
名無しさん
ミルコとルメールに技術的な差はないでしょう!馬のレベルが違うから仕方ない面もあるよね。エージェントの差で馬の確保が決まるからいいエージェントにつけばこれからも前みたいな活躍が出来ると思うけどね。問題は社台グループが仕切ってる競馬のあり方だと思うけどな。
名無しさん
ふたりとも大好きだよ。
特にミルコはほんとに憎めないキャラしてるよな

ふたりが日本に来てくれて日本のジョッキーになってくれて嬉しいよ。
名無しさん
ルメールは好きです。
デムーロはもっと好きです。