【育成牧場】外厩の雄!関東馬の躍進支える『ノーザンファーム天栄』

ノーザンファーム天栄

アーモンドアイ、レイデオロ、ブラストワンピース…。昨年G1で大活躍を見せた関東馬。その多くが美浦トレセン以外の時間を過ごすのが、福島県天栄村にある育成牧場「ノーザンファーム天栄」だ。

11年10月から運用がスタートした同施設。7厩舎、255馬房を抱える大牧場の躍進の秘密を、15年から場長を務める木實谷(きみや)雄太氏(38)に聞いた。

年々、外厩の重要性が増している中央競馬。中でも昨年、大活躍だったのがG19勝を挙げたノーザンファーム天栄だ。

場長の木實谷氏は「馬の素質が大前提。それだけ素晴らしい馬を預かっているということ」と謙遜しながらも「生産牧場との連係も含めて、馬の素質を最大限に引き出せるようにしている」とテーマを口にする。

18年年度代表馬のアーモンドアイ、有馬記念を制したブラストワンピースも同牧場を利用。

たとえばアーモンドアイは昨年、美浦トレセンで123日しか過ごしていないのに対し、同牧場には倍以上となる251日も滞在した。

同様にブラストワンピースも美浦165日、天栄212日。それ故、放牧をリフレッシュだけに充てるという概念は薄れつつある。

木實谷氏は「これまで牧場のいろいろな部分を変えてきたが、中でも成績に直結したのは坂路の改修。坂路の傾斜をきつくしたことが、最も成績につながる改修だったのではと感じています」と話す。

その言葉通り、同牧場最大の目玉は周回コースから独立して存在する坂路コース。17年4月に改修された坂路の高低差は約36メートルを誇り、同18メートルの美浦、32メートルの栗東をしのぐ。

デビュー前の馬はもちろん、放牧中の一流馬たちもさらなるパワーアップを遂げて美浦に帰厩することになる。現4歳のアーモンドアイ、ブラストワンピースもデビュー前からこの坂路で鍛錬した。

多くの有力馬を抱えることによって蓄積されたデータも強みになる。

昨年、アーモンドアイがシンザン記念→桜花賞、ブラストワンピースは新潟記念→菊花賞という異例のローテを選択。

「最近は好調ぶりに注目していただいていますが、もちろんたくさん負けているんです。失敗の経験を蓄積し、多くのノウハウを持っているかが大切。過去の経験から各馬にあったローテを見極めるようにしている」。

また「素晴らしい素質馬に負けないような人を育てるのも重要」と、乗馬練習や講習会などで人材の育成にも力を入れている。

日々進化するノーザンファーム天栄。その快進撃は止まりそうにない。

参照元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00000010-spnannex-horse

名無しさん
平成も終わるのに昭和の施設を使っているトレセンと、最新設備に加え坂路の改修等を行う柔軟性を備えた外厩。
賞金を確保したノーザンの馬がトライアルや叩き台を使わず狙ったレースに直行する理由がわかる。しがらきや天栄で調整していた方がいいに決まっている。
名無しさん
これだけの育成施設があるのだから、我々の目には「休養中」でも馬には相当の負荷がかかっている。アーモンドやブラストが間隔を空けてトライアルも使わないローテになるのも当然なのよね。
しかし天栄の隆盛と共に山元の社台ファームは蚊帳の外に・・同じ社台系でも明暗くっきりだな。
名無しさん
施設はもちろんだけど、人材がいいんだよね。
ノーザンのものになる前は、うまく活用されてなかったからね。
名無しさん
故、戸山為夫調教師は正しかったということかな?鍛えて最強馬を作るを信条に誰も見向きもしなかった坂路調教に力を入れて、安くても強い馬をたくさん作った。それを今は素質がある高い馬でやられたらこうなるよね。最近の競馬では外厩情報が欠かせない。ある意味世知辛いね。格差が広がるばかり。
名無しさん
昔は競馬新聞を必ず買ってました。月8日分。
今はスマホで見るだけ。
競馬新聞等に外厩情報が無く一部の人間だけが予想に活用している。
競馬新聞で掲載したら間違いなく買います。
名無しさん
長らく低迷していた美浦を救ったのは結局、
美浦以外で鍛えることだったという、悲しい現実。
でもその設備の不利を今まで工夫を重ねて補って来た
美浦の技術は高いと思うし
天栄の坂路でその差が無くなれば、今後も期待できるだろうな
名無しさん
外厩で何をしたかも公表してくれないと予想できないよ
1年ぶりの出走でも勝たせる調整力があるんだから
トレセンなんて最終調整の場でしかない
名無しさん
元々は早田牧場が作った施設でしたね。
名無しさん
西高東低と長く言われていたが、最近関東馬が強くなったのは、ここのおかげなんだろう。
馬券的には、わざわざ関東に遠征してきた関西馬から買えば何となく当たっていたが、もうこれも通用しなくなるかな。
名無しさん
短期放牧も増え入厩→出走の期間が短いからトレセンの調整より外厩の調教内容の方が重要なんじゃねの 一般ファンには解らんから馬券は馬主・同関係者が有利だろ
打点王
JRA厩務員の試験の年齢が緩和される。俊介さんのノーザンファーム後輩が続々JRA入る。ノーザンファーム1強が一層強くなる。調教師はノーザンで経験積んで来た人居るし。
n_m.cs
天栄だけでなく、他の外厩で中間調整されている馬が多い今の状況。
ここでの仕上がり具合、そもそも外厩でどう調整されているかを知ることも予想ファクターの1つだと思います。
名無しさん
照哉さんのところもがんばってほしい。このままノーザンファームの独走では興ざめする。
河内弁
早田牧場最大の遺産かもな。
名無しさん
ノーザンが資金力とともに他の面でも強すぎるんだよな
名無しさん
調教師は
調子だけ整える感じになるのかな?
名無しさん
社台に唯一の対抗勢力だった早田牧場が作った、天栄ホースパーク。
今やシルクホースクラブも社台グループとは……
上上下下左右左右BA
一年の2/3を外厩で過ごしてると、調教師の仕事って何なん?と思ってしまった。
名無しさん
関東の調教師という仕事、要らなくない?
名無しさん
中央競馬はノーザンファーム一色ですな。
名無しさん
アーモンドアイやブラストも
G1直行といってもレース1ヶ月後には
既に天栄のキツイ坂路で乗り込んでる
休み明けといっても休んでるわけじゃない。
名無しさん
東北新幹線、新白河⇄郡山間で一部少しだけ見えるよ