ノーザンファーム吉田俊介副代表が語る『サートゥルナーリア』凄い競走馬になる!

吉田俊介ノーザンファーム副代表

日本の競馬生産界をリードする“巨艦”ノーザンファーム。生産馬は大阪杯からオークスまで現在JRA・G1・7連勝中。

昨年の宝塚記念以降、芝1600メートル以上のG1では無敗を誇る。5連覇が懸かる今年のダービーには8頭がエントリー。

同ファームを率いる吉田俊介副代表(45)に無敗2冠が懸かるサートゥルナーリアの可能性、そしてノーザンファームが目指す今後について聞いた。

――5連覇が懸かる日本ダービー。今年は生産馬8頭がエントリー。中でもサートゥルナーリアは05年ディープインパクト以来の無敗2冠が懸かる。

「母(シーザリオ)が素晴らしい繁殖牝馬ですし、兄2頭(エピファネイア、リオンディーズ)もG1を勝っている。当然期待していました。

生まれた時から馬格があって立派な馬だった。順調に成長し、ここまでは文句のつけようがない成績。凄い競走馬になるんじゃないかなという期待があります」

――皐月賞を振り返って。

「正直、負けるならここかなと思っていました。ホープフルSを勝った時点で、ダービーに一番いいコンディションで臨めるよう、陣営が逆算して決めたローテーション。

道中も外を回して安全運転。レースぶりにも余裕があった。叩き合ったヴェロックスも相当いい馬ですから。改めて強いと思いました」

――ロードカナロア産駒は初年度のアーモンドアイに続いてサートゥルもクラシック制覇と大活躍。

「カナロアは現役時代はスプリンター。産駒も短い距離でマイルまでかなと思っていた。ところが生まれてくる産駒はみんな気性が落ち着いている。それでいて体はしっかりしている。

早期デビューできる割合が高い。体力もあるので調教しやすい。サートゥルは兄2頭に比べて気性が穏やかなのも好成績の要因でしょう」

――サートゥルは中106日で皐月賞V。同じく生産馬のグランアレグリアは中111日で桜花賞V。いずれも最長間隔でのVだった。

「やはり外厩の存在が大きいです。9年前にノーザンファームしがらき、8年前に同天栄を開設。そこから成績が上がってきたと思います。牧場側もデータや経験を蓄積し、こちらから発信や提案をできるようになってきた。

スタッフも競馬に近い馬を日々任されて、試行錯誤して、経験値を高めてきた。今は現場の人間が厩舎と直接やりとりして情報を交換している。厩舎との連携も含め、非常にうまく回っていると思います」

――サートゥルは6月デビュー。早期から活躍する馬が増えている。

「確かに昔と比べてサイクルは早くなった。ただ、牧場側としては準備の整った馬から順番に送り出しているだけ。2歳の早い時期に賞金を稼いでしまえばその後が楽。

成長を促すために休ませる時間も取れるし、目標に向けての逆算もしやすい。若い時期に無理使いしないことは、古馬になってからも生きてくると思います」

――ノーザンファーム生産馬は昨年の宝塚記念以降、芝1600メートル以上のG1で負けていない。

「確かにG1では勝っていますが、他の重賞では取りこぼした馬もいる。負けたことから次にどうフィードバックするかが重要になる。

現にダートや千二では勝てていない。海外遠征もうまくいかないことの方が多い。今は芝の中距離で結果が出ていますが、うちの牧場が弱いカテゴリーでも強い馬を出せるようチャンレンジを続けたい」

――今後の目標は?

「やはり世界に出て大きいレースを狙いたい。凱旋門賞、キングジョージ、メルボルンC、ブリーダーズC、ドバイ。毎年挑戦していかないといけないと思っています」

――サートゥルは凱旋門賞にも登録した。

「今年はサートゥルとブラストワンピース、フィエールマン、リオンリオンと登録された生産馬が4頭いる。世界中のホースマンが勝ちたいと思っているレース。何回か惜しいレースがあったが、ようやく駒がそろってきた感じがします。

たくさんいる中から適した馬を選べるのが理想。日本の速い馬場で結果を出した馬が、必ずしもロンシャンで走れるとは思わない。

何が何でも“この馬”というのではない。今年なら4頭の登録馬の中で、一番条件が合う馬で行くことができれば。もちろん全馬行ければ、それが一番ですが」

――最後に意気込みを。

「サートゥルに関しては、まずはダービー。今はそれしか考えていない。

ただ相手も強い。ヴェロックスも底を見せていないし、ダノンキングリーも強かった。いい結果が出て、今後につながっていけばいいと思っています」

◆吉田 俊介(よしだ・しゅんすけ)

1974年(昭49)4月13日生まれ、北海道出身の45歳。慶大卒。98年ノーザンファーム入社。

ノーザンファーム空港牧場場長を経て、現在は同ファーム副代表。クラブ法人サンデーレーシングの代表取締役も兼務する。

父はノーザンファーム代表の吉田勝己氏。趣味はサッカー観戦。

参照元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00000044-spnannex-horse

名無しさん
日本競馬を凋落させた張本人。
名無しさん
ぶちゃいくな顔だなぁ(-_-;)
rwd*
昔は2歳までが育成牧場の仕事だったのに
生涯育成に変わってしまった。
名無しさん
勝己さんはお飾りと言ったら失礼だけどもう70越えてるし、実質的にはこの人がノーザンを取り仕切ってるんだろうな。
名無しさん
ケイアイファームは何でロードカナロアをノーザンファームに売っちゃったんだろ。産駒の結果を見てからでも良かったのに。
名無しさん
生産会は社台グループの独断場
良い事なのか悪い事なのか
名無しさん
サートゥルナーリアが一枚抜けているのは皐月賞を見ての通り。安藤勝己さんもルメールも皐月賞前から二冠は固いと言っていた。兄エピファネイアがジャパンカップで圧勝したように、サートゥルナーリアも同じ府中の2400…日本ダービーで圧勝すると私は信じてる。
3912
ノーザンファームの力は十分認めます。しかし日本には他に中小牧場も多くあります。それらを含めて日本の競馬界をどのようにしていくべきなのか、その考え方を聞きたいですね。もうそれくらいの立ち位置にいる存在だろうから。
名無しさん
今はいいかも知れんが、10、20、30年と長期目線で見た時にノーザン1強は競馬界では面白みがなくなり衰退すると思う。
独禁法に引っかからないのか??と思ってくる。
1社だけが勝って、競馬は国による税金も投入されてるから
「ノーザンのために税金投入なんてアホらしい」
とそのうち誰かが騒ぎ出しそう。
りーっす
アーモンドの凱旋門賞辞退は、サートゥルはを4歳の時点で凱旋門賞に挑戦させるためなんだよね?
サンデーレーシングはじめ、一口馬主の法人の多くは社台グループだし、買収したシルクの馬に凱旋門賞勝たれるのは嫌だろうしね。
電車運転思キタグニ
世界でも有名なクールモアスタッドがありますよね。ノーザンファームがそれくらい有名になってもいいんじゃないでしょうか。先を見据えてるから独占してしまう事もあるのかもしれない
名無しさん
ノーザンの努力の賜物でしょう。
ただ今後の生産界の事を考えると、素直に祝福出来ないのは自分だけ?
sunjapo
これだけ言っても負けると思ってる玄人ぶってるやつらがいるんだよなあ。
名無しさん
2歳、皐月賞で未完成ながらあれだけのパフォーマンスが出来る馬はいない。秋にはもっと
良くなるよ。ただしダービーは苦しいはず。ゴールまで真面目に走れないだろこの馬!現時点で!
名無しさん
厩舎の馬房が少なくても入れ替えで送り込める分外厩って良いんだろうな
gmd
平場のダートの短距離まで持ってかれたら中小牧場はマジで終わる
モモ
この人にこうまで言われたら逆らえない。
出たよゴツい運子が
競争社会なんでこうなるのは必然!
他の育成牧場も真似るとこは真似たり新しいアイディアで頑張るしかない!
名無しさん
圧倒的資金力と設備と人材で
もう他の企業は太刀打ちできないね
通過点って本人が言ったかと思いきや。
良くないよこういうの
名無しさん
ポテンシャルはレイデオロやワグネリアンより上だからな。最終オッズは一本かぶりになりそう。この際ぶっちぎりで穴党に見せ付けろ。
名無しさん
外国人よりも日本人を積極的に乗せろ!
名無しさん
「昨年の宝塚記念以降、芝1600メートル以上のG1では無敗を誇る。」とか、てきとう。
全レース1頭出しではないだろ。
名無しさん
お願いだから、もう少し日本人騎手を登用して下さい。
tkelove
既に手を打ってるって顔してるな
名無しさん
ノーザンも最初は無名の牧場
ノーザンテーストからここまで来た感じ
ノーザンファームのせいで中小の芽が摘まれるとかは考えすぎだと思う
寡占や独占が進むと種付け料とかが高くなりすぎて中小
が淘汰されてしまうというのは確かにあるのは事実だとは思う
昔のJRAがやっていた抽選馬みたいなのは悪い面も多かったが
そういう意味でよい面もあったのかもしれない
名無しさん
設備投資、競走馬の質、数を揃えるのは相当な苦労があったはず。今後世界を席巻出来るように期待してます。
どの世界も勝つことが正解ですからね
名無しさん
今がピークだろうな。
名無しさん
そろそろ阪神大賞典から春天を連勝するような強豪がほしい
アーモンドアイ最強!とかもて囃されてた割に、今年の春はドバイターフから安田記念とか興醒めだし
名無しさん
おととしはダイワキャグニーを大絶賛してたし、毎年のこと。来年は来年の大絶賛馬がいる
名無しさん
本来生産者である社台グループが、馬主・厩舎・騎手までほぼ全ての権力を握っているのが問題なんやけどなぁ。ファンとしては世界に通用する強いお馬さんが出てくるのは嬉しいけど、やっぱり馬の能力を検討推理し馬券を購入したレースを観戦するのが一番の楽しみ。それが馬の出走ローテーションや作戦などすべてが社台グループの思うがまま。結局、グループ内の競争・運動会で、「馬券を当てる」ということが「社台の思惑を当てる」ということになってしまって、レースを見たあと???と思うようなレースが多くなってしまい、競馬に興味がなくなってきた。
名無しさん
タイトルに通過点って書いてあるけどインタビューには通過点って言葉が出てない。
嘘を書くなよ。
名無しさん
社台グループの強大化は、海外のオーナーブリーダー(ゴドルフィン、クールモア等)を見ていると必然だったのかとも思う。日本競馬発展のための設備投資や海外人材の登用も、極めて合理的だし。
だからこそ、社台グループには海外競馬に積極的に遠征してほしい。日本は賞金が高いのもあって社台は海外に行きたがらないけど、このままだと日本人ホースマンの育成に繋がらない。社台が海外で日の丸を背負って戦えば、純粋に応援できるし、きっと日本競馬の価値を高めてくれると信じている。
名無しさん
吉田一族は馬産地を潰すつもりなのだろうか。
もはや中小の牧場には太刀打ち出来ない。
名無しさん
無敗を誇るっていっぱい負けてる馬いるだろw
※※※
俺の予想。今後、社台グループはディープインパクト牝馬の輸出で一儲けすると見た。世界がディープインパクトの血を欲してるはず。
しかし、なんかこいつ嫌い。
69
先を見てると、足元すくわれる。
jaguar
こいつも息子
こいつら一族ほんま丸儲けやなww
名無しさん
「まずはダービーしか考えていない」って発言してるんですが。
こんなことやってたらインタビューされる側の信用も失って今後応じてくれなくなるんじゃないの。
名無しさん
こういうスタイルを最初に始めたのはシンボリなんだけど、今じゃ見る影無いな
名無しさん
単純な疑問で、外厩は「厩舎」なのか「牧場」なのか?
さらに言うなら外厩関係者は馬の状態を十分に把握できていたり、コントトールできるわけで、吉田さんも
>スタッフも競馬に近い馬を日々任されて、試行錯誤して、経験値を高めてきた。今は現場の人間が厩舎と直接やりとりして情報を交換している。
と記事に書かれている。
これって、公正競争としてどういう取り扱いなんだろう。
外厩関係者は馬券が買えないのかな?
反社会勢力から圧力とかないのかな?
名無しさん
もし、ダノンが勝ったら何て言うのかな?
でも、当日の馬場は、JRAが忖度してサートゥル用に仕上げちゃうんだよな…
名無しさん
ファンが離れても気にしない気にしない笑笑
名無しさん
マネーの虎の家具職人かと思った!