競走馬の引退後はどうなるの?人のために働く馬の残酷な現実

「馬は使い捨て?」人のために働く馬の残酷な現実に

昨年8月3日、日本における軽種馬の長寿記録を持つシャルロット(セン)が、40歳2か月20日で亡くなった。競走馬名はアローハマキヨ。競走馬を引退した後は乗馬として長年、多くの人々を背中に乗せてきた。その間、幾度かの命の危機を乗り越え、最後の女性オーナーのR.Oさんが2003年に引き取ってからおよそ16年、シャルロットはその命を輝かせて生を全うしたのだった。

16年間という長きに渡って愛情を注ぎつづけてきたシャルロットを失ったR.Oさんは、まだ心の整理がついていないと話す。そのような状況の中、人のために働きながらも使い捨てにされる馬たちの現状を、より多くの方々に伝えたいということで、今回取材に応じて頂いた。シャルロットを含めてこれまで看取ってきた馬たち7頭のエピソードを中心に、R.Oさんの切なる思いをお届けしたい。

シャルロットは、1979年5月14日に北海道静内町(現・新ひだか町)の岡田猛さんの牧場で生を受けた。父アローエクスプレス、母はフランス生まれのサローングII、母の父はトラフィックという血統だ。

アローエクスプレスを父に持つシャルロットは、塩浜攻仁さんの所有馬となってアローハマキヨと名付けられた。所属は大井競馬場の久保杉利明厩舎で、1981年~1985年までの間に61戦して2勝、2着5回、3着5回という記録が残っている。

6歳で競走馬生活を終えたシャルロットには、乗馬としての第二の馬生が待っていた。

シャルロットの最後のオーナーとなったR.Oさんが、体験乗馬をきっかけに関東圏にある乗馬クラブに入会したのは1989年のことだった。

「大学時代、キャンパス内に馬術部の馬場があって、馬が間近にいる環境だったんですね。ただ馬術というと敷居が高く感じましたので、自分が馬に乗るというのはまるで考えていなくて、素敵だなと思って遠くから馬を眺めていました」

元々が動物好きだったのに加え、この時キャンパスで目にした馬術部の光景が、R.Oさんを乗馬クラブへと誘った伏線になっていたと想像できる。

乗馬クラブで馬と接するうちに、その独特の可愛さにどんどん嵌っていった。一方で馬たちの残酷な現実を知ることになっていく。

現在、競馬を引退した馬たちの支援が広がりつつあるが、競走生活を終えて乗馬になれればそれで良しではない。乗馬としても大切にされている馬もいるが、練習馬として不特定多数の会員やビジターを乗せる馬たちは、酷使されているケースもあると聞く。特に大人しくて乗りやすい練習馬は、休む間もなくレッスンへと駆り出される。R.Oさんはそんな馬たちの姿に胸が痛み、合間を見ては少しずつでも手入れをしたり、可能な範囲で世話をするようになった。

酷使されれば故障も出てくる。酷使され過ぎて、反抗的になる馬もいる。それが理由でレッスンに出られなくなれば、そのような馬が経営を圧迫するため、やがてクラブから出されることとなる。すべてではないが、出された先は食肉関係の業者という場合も多い。また高齢となって乗馬としての働きが十分できなくなっても、同じ道を辿ることになる。練習馬としてクラブに貢献してきた高齢馬を、乗馬を引退した後に絶対に引き取る。残酷な現実を見続けるうちに、R.Oさんはそう決意した。

最初に引き取ったのは、1974年5月27日生まれのファーストワンダーという馬だった。ファーストワンダー(同名の競走馬が存在していたが同馬とは別の馬)は、アングロアラブ種で競走馬だったかは不明だが、健康手帳(正式名称:馬の検査、注射、薬浴、投薬証明手帳)の履歴からは、どうやら開校したばかりのJRAの競馬学校(1982年開校)にも籍を置いていた記録が残っていた。その後は大学の馬術部を経て、1987年頃にR.Oさんが通っていた乗馬クラブの練習馬となった。R.Oさんが入会する約2年前のことだ。

「脚腰が強くなくて、休んでは使い、使っては休むを繰り返していました。引退したら引き取りたいとクラブにも話をしてあったのですが、ある日突然、出されてしまいました」

R.Oさんはクラブと掛け合い、北関東にある馬の仲介や斡旋をする家畜商(馬喰とも呼ばれる)も生業の1つになっている牧場に行ったことを突き止め、そこを訪ねて引き取りたい旨を伝えた。

「その牧場にそのまま預託をしてくれたら、売っても良いと言われました」

どうしても引き取りたいという強い思いがあっただけに、牧場側には逆に脚元を見られたのかもしれないとR.Oさんは話していたが、相手も商売だし仕方ない部分もあるだろう。だが馬の世界は闇が多いとも感じる。自分の時もそうだったが、ひとたび家畜商など業者に渡ってしまうと、探し出すのにまず苦労する。見つかればまだ良い方で、時には別の馬が送られてきたり、相場より高い値段がつくと聞いたこともある。

さらに競馬の世界でも乗馬の世界でも、引退した馬のその後を追われるのを極端に嫌う傾向が散見される。それは馬を処分するということに対する後ろめたさが、理由の1つにあると思われるが、それが馬の行方探しにおいて大きな壁になっていることは間違いない。

競馬では人のために走り、乗馬になればなったで身を削って人を乗せる。そして役目が終わればそのほとんどが処分の道を辿る。R.Oさんは、その現実が信じられなかったし、耐えられなかった。馬たちにも生きる権利があるはずだ。この強い気持ちに突き動かされたR.Oさんは、馬の命を繋ぐために、牧場の言い分を呑んで、ファーストワンダーを買い取った。

参照元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-00000021-kiba-horse

名無しさん
私はねぇ、本当に楽しませてもらっていますよ。
お馬さんには感謝しかありません。
いくら賭けていようと、毎レース全頭無事に走りきることが最優先です。
名無しさん
売り上げとか馬主から少しずつ引退馬のためにお金を…ってできんのかな。
名無しさん
JRAさん、払い戻しの小数点単位は馬の余生として差し引いてもらってもいいですよ!
774
角居先生がやっているような引退馬事業は本来なら馬主会なりJRA・NRAが積極的にやるべきでは
名無しさん
人間ていうやつは、自己中絶無の人たちは、ほんのひとつまみ!
mm
今日もインスタでダイタクヤマトの残念なニュースを見ました。ダイタクヤマトはたくさん稼いだのになんとかならなかったのかと残念でなりません。
名無しさん
R.Oさんは馬を大切にした功徳で、観音様の補陀落浄土に往生出来ると思う。
legend
我々の馬券代からいくらか使うことはできないんですか!?
効果に疑問符がつく下らないCMやタレントに毎年大金を使うくらいなら、馬のために使ってくれ!
名無しさん
賞金から一割まわせ!
名無しさん
ただ人がいなければ彼ら彼女ら競走馬は産まれてもいないという事実もまた確かだが。
名無しさん
自分は競馬歴30年以上、乗馬歴も10年以上あります。
もっと多くの競馬ファンの方に、乗馬にも親しんで欲しいと思ってますが、乗馬仲間に競馬ファンは少ないのが現状です。
乗馬愛好者が増えてくれると、救われる馬の命も少しは増えると思うのですが…
名無しさん
25%の控除率なら、その中から1%でも馬の余生に充てればいいのにと思ってるが、全然そんな話は出ませんね。
控除率の中から畜産振興等に充ててるのは知っているが、漠然としてよく分からないし、その前に自分のとこの資金出してる競走馬の面倒みろよ。
名無しさん
プレミアムで5%程度上乗せしてもそんなに大きく変わる印象がないので、控除率を5%上げて、その分を引退馬に使ってほしい。
名無しさん
競争馬の余生が厳しいことを知って欲しいよね。厩務員は乗馬クラブに行かせたくないから、ずっと競馬使っていたのに、悪口言う競馬ファンはいっぱいいたもの。馬主が引退させよう。って言っても引退させなかったし。(笑)
10歳過ぎてからの賞金はこの馬の余生に使ってよ!って馬主さんにお願いしていたし、結局は馬主さんの努力で一応種牡馬にしてもらったし、死ぬまで面倒見てもらったし、悪くない馬生だったように思う。
ああいう馬生を送れた馬は幸運だけど、ほとんどの馬は厳しい現実が待っている。馬券の売上が農林水産省の役人のために使われるのではなく、わずかでも馬の余生に使って欲しいと思います。
名無しさん
受け皿をJRAや馬主が作れば良い。結局は金儲けの道具でしょ。助けるのは馬だけじゃなくて殺処分の動物全て。これが可能になるスキームを作れば良い。私服を肥やせなくなるけど。
名無しさん
引退したサラブレッドが種牡馬になれるのは
素晴らしい素質と、同等の実績と、運が必要。
牝馬は(淘汰されてきた良血を親に持つから)
肌馬になれるかもしれないが、牡馬は厳しい。
で、乗馬にならなれるのかと言えば、んな訳ない。
一体日本全国に乗馬クラブっていくつあるのか、
各クラブが何頭繋養できるのか? 乗馬人口を
数えるまでもなく、微々たる数ってことは、
ド素人でも分かる話。
ただ馬主も、調教師や騎手を含めた競馬サークルも、
余剰馬は全部「屠殺場」と言うのは世間体が悪すぎる。
なので一旦は乗馬クラブにおろし、クラブはその後
こっそりと食肉業者に売り払うって流れだ。
悲しい運命をたどる馬たちを少しでも減らしたければ、
控除率20%を超え、儲かる筈もない馬券を買い続ける
バカな競馬ファンがひとりでも少なくなる事が必須。
馬が好きならば、馬券なんて買うな。そうすれば
不幸な馬がだいぶ減るよ。
名無しさん
もっと乗馬が身近に成れば良いと思う。JRAさんはWINS等で馬事公苑のような乗馬施設を設けて見ても良いと思う。緑地公園等を平日利用する人も居ますし、体験やクラブ等、低料金なら気軽に利用する人は多いと思う。引退競走馬と直に触れ合えるのは、ファンにとっては至福ですし、引退競走馬の活躍できる場が増えるし、新しい雇用にもなります。
将来的には引退牧場等も考えて欲しい。払戻金の数%から運営に充てて頂ければ、1ファンとしては本望です。
名無しさん
別の記事にもコメントをしたが、サラブレッドは経済動物、淘汰され優秀な血が生き残る世界。それが可哀想だというなら、競馬を競走馬が全て最後まで管理できるまで縮小しなければならない。そうすると競馬に関わる人の大半が失業し、また日本競馬の発展はそこで止まる。
そういうことを両論併記して、さあどうしていきましょうかと考えるのが妥当だと思います。
競馬の世界は闇が多いと感じるて、個人が感じることを記事にして書くて、それがほんとにそうなのかなんて、人それぞれだろうが。毎日、真面目に競馬に関わる人達に大変失礼だ。
ほんとに闇があると記者が思うなら、きちんと取材をしたことを書けよ。個人のブログレベルなら許されるけどね
名無しさん
人気種牡馬は種付けしすぎでしょう。
毎年200頭?
まずは半分くらいに減らそう。
競走馬が多すぎ問題。
名無しさん
さくら肉にされるよりましだ。
名無しさん
ある意味、人も使い捨てされてるけど。
名無しさん
悲しいかな
金持ちの道楽の為の動物
名無しさん
あんまり書きたくないんですが、私熊本に住んでおりまして、おそらく日本最大規模の屠殺場が近所にあるんですよ。それで厩舎の間を車でたまに通るんですが凄いですよ。。馬達の顔。馬が好きで競馬場や牧場に行った事あるんですが目が、もう可哀想。運命わかってる目。
熊本県民は馬刺が大好きなのですか、これを言ったらキリが無いし博愛主義でもないのですが食べれません。
理想を語るのは簡単ですが、全ての馬達が幸せであって欲しい。馬達は、ほとんどが食用や配合飼料になるために生まれてきたわけじゃないから、人間の都合で不要と見なされ屠殺場に送りこまれいたたまれません。
名無しさん
最近はこういった記事が多いですね。私は競馬愛好家です。一頭でも多くの馬が救われればいいという思いがある一方、どんなに頑張てもこの問題に解決策はないという冷めた考えも、持ち合わせている。日本で生まれるサラブレッドは競走馬・競馬・ギャンブルを前提に、いわば生産されている。裏の言葉で言うと、使い捨て。生き物に対する言葉ではないが、目的に対するプロセスが変わらない以上、結果は変えようがないと思う。競馬にロマンはあるがスポーツではないと思っている。どこまでいってもギャンブル。馬の生産で生計を立てる小さな牧場もあるだろう。安易に生産頭数を制限すれば良いなんて言えない。せめて、こういった現状を多くの人、いろんな分野の人に知って欲しいと思う。ちがう分野から新しい良い考えが発案され、少しでも心を痛める比率が緩和されればと・・・
gmd
スーパーホーネットやダイタクヤマトですら処分されるんだからな…残酷な世界やで
……
乗馬クラブにもいたことがある競馬関係者です。
自分自身なるだけ多くの馬を助けたい、所在不明にしたくないと思っていたが、実際は産まれた頭数と同数程度いなくならないとバランスはとれない。
だから今すぐには無理でも、馬の魅力がもっと色んな人に知られ、乗馬の更なる普及であるとか新たな活用であるとかに繋がることを願っている。
その時の為に競馬関係者は今まで以上に『人馬の距離感』を意識した扱いをしなければいけないと思うし、乗馬クラブは勿論商売なのである程度仕方ないが『馬の魅力を伝える』という前提で運営してもらいたい。
競馬ファンの方々でもパドックでは近くで見たことがあるけど触れたり跨ったりしたことがない人は大勢いると思う。
現状なかなか厳しいと思いますが関係者が傍にいるなど機会に恵まれた時は是非触れてみてください。
馬券だけじゃない馬の魅力に惹き込まれてください…馬っていいもんですよ(笑)
フロイス
知ってるよ。馬主の決算書には除去と記載されているが、経費がかかるから殺すんだ。競馬なんか悪辣なギャンブルだよ。馬主には日本産場の賞金には三割程度加算されかなり身入りがある。彼らは実際には殺さないから馬喰より悪い。全ての人間が動物の苦痛に向き合う時代が来たらいいのにね。
名無しさん
預託場の相場は大体1ヶ月1頭10万円。装蹄の費用もあるし、獣医代もかなり掛かるし、何より馬を放牧できる敷地が必要。毎日ワラを入れ替えて馬房を掃除して馬体の手入れして。蹄には油を塗り、寝る前は脚が浮腫まないよう肢巻を巻き、冬は馬着を着せて、水は決してきらさず、飼い葉は絶対カビないように管理。馬を飼うってとんでも無く大変です。それを16年も続けたなんてすごい。
名無しさん
乗馬クラブなどはちょと乗るだけで結構なお金を取る。もう少し安ければ頻繁に行けるのにって思うが採算あわんのかな
名無しさん
JRAさんそろそろ馬の使い捨てはやめてください。   競馬が人気になり、若い人たちも大勢競馬場に来場してくれています。その人たちの中にも、今の引退馬の行く末に胸を痛めている人たちがたくさんいます。TCCや引退馬協会さんの会員になられてる方がいらっしゃいます。馬事学院さんも、引退馬のその後に積極的に取り組まれています。 普通の方が少しづつお金を出し合い引退馬の余生を支えています。  なら、馬がいなくてはならないお仕事のJRAは何かができると思います。しなければならないと思います。  馬は人間のために働いてくれてます。なら、次は人が馬のために…、。
名無しさん
セイウンスカイの父シェリフブスターもセイウンスカイが出たあと探されたけど「行方不明」だった。当時北海道には野良馬がおるんかい!とツッコミたくなった。福島競馬場の近くには馬専門の食肉加工場があると聞く。かつて3歳未勝利の最終番組が福島だったからだと聞いた。確かに家畜だから仕方ない面もあるのかもしれないが、やはりファンとしてはゆっくり余生を過ごせるような仕組みを考えてほしいとせつに願う。
名無しさん
ちょっと、馬には申し訳ないが、所詮は【ギャンブルの道具】。競馬関係者やバクチ打ちは殺処分程度で感傷的になんかなってられない。引退しても筋肉の塊だから、馬肉には向かないし、飼料になるのが大多数じゃないの?
名無しさん
アローエクスプレス産駒が令和まで生きてた事に驚愕!
名無しさん
他に役に立つ事がなければ屠殺されて役に立つ。難しい問題。畜産の一環でもあるわけで。
個人的には
せめてレースに出た馬のその後は屠殺無しにして欲しいとか甘い事思うのだけど。予後不良の馬を活用するのはいいと思うが。
まあ晩年は牧場で飼い殺しというのが動物愛護ってことになるんだろうか。
どのみち生産馬の屠殺が然程減るわけでもないだろうしレース観戦ファンの気休め発想。
他の動物の命や尊厳を重んじる、大事なことだが限界はある。正解なんてないところでどこかにその時代の線引きはあっていい。
鞭の回数、酷使の限度、虐待、屠殺など。人間の自己満かもしれないが線引きを作る姿勢はとても大事。
名無しさん
こういう事も少しはテレビが伝えなきゃいけない事だと思う。
JRAなんかに忖度せずに、そしてJRA側もこういう現実に向き合う活動をするべき。
なんの為にテレビにCMがあるんだかが分からない。
名無しさん
馬業界も縮小していて、そもそも世話をする人がいないんです…
もっと馬業界が盛んになってもらいたいです。
名無しさん
現場の人達は大事にしてるだろうけどね。引退した馬の世話をするにも餌代やら世話する人の給料やら経費はすごくかかるし難しい。残酷だからといって乗馬や競馬を縮小したら馬の数自体が減る。おそらく食べられることを前提に育てられることになる。
人の血肉になるなら残酷じゃないとは言えない。
名無しさん
人間の娯楽のために産み出され、そのほとんどに平穏な生き方が存在しないと言うことか。
何とも残酷な話だ。
三食団子
毎週レースがあって8着までは手当てで評価され
現役で丈夫なら、かせぎ放題ですよ
あとは、その厩舎の価値観もありそう
名無しさん
普通のサラリーマンでも、身銭を切って引退後の競走馬を支援する活動を行ってる人もいる。
金持ちなオーナーが馬を買い、JRAは馬券で多額の収益を上げながら、引退後の面倒を見るのは、その馬と何の関係もない一般の人々。
これはいかんでしょ。