【2歳馬情報】母は名繁殖牝馬シーザリオ!ルペルカーリア(父モーリス)に注目

【2歳馬情報】母は名繁殖牝馬シーザリオ!ルペルカーリア(父モーリス)に注目

厳選!2歳馬情報局(2020年版)第13回:ルペルカーリア

今年の2歳馬の中で、注目度の高さでは1、2を争う良血馬がついに入厩。デビューに向けて、少しずつピッチを上げて調整されている。

栗東トレセンの友道康夫厩舎に所属するルペルカーリア(牡2歳/父モーリス)である。

同馬の母は、2005年にGIオークス(東京・芝2400m)、さらに海外GIのアメリカンオークス(アメリカ・芝2000m)と、”日米オークス制覇”という快挙を成し遂げたシーザリオ。競馬史にその名を刻む、名牝の一頭だ。

しかも、彼女は繁殖牝馬となってからも、大きな成功を収めている。

2010年に生んだエピファネイア(牡/父シンボリクリスエス)は、GI皐月賞(中山・芝2000m)とGI日本ダービー(東京・芝2400m)では惜しくも2着に終わったものの、GI菊花賞(京都・芝3000m)で5馬身差の大勝。牡馬クラシック最後の一冠を手にした。

古馬になってからも、GIジャパンC(東京・芝2400m)で戴冠。同レースの勝ちっぷりも強烈だった。当時『ロンジンワールドベストレースホースランキング』で1位となったジャスタウェイをはじめ、ジェンティルドンナ、ハープスター、スピルバーグ、イスラボニータ、フェノーメノら豪華メンバー相手に、4馬身差をつける圧勝劇を演じた。

2013年に生んだリオンディーズ(牡/父キングカメハメハ)も、デビュー前から脚光を浴びてGI馬となった。デビュー戦を快勝すると、2戦目で挑んだGI朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)で優勝。4コーナー15番手から、上がり33秒3の末脚を繰り出して、ライバルたちを一蹴した。

そして、記憶に新しいのは、2016年に生んだサートゥルナーリア(牡4歳/父ロードカナロア)だ。「大物」という前評判どおり、デビュー戦から連勝街道を邁進。2歳GIのホープフルS(中山・芝2000m)を無傷の3連勝で制した。

さらにその後、ホープフルSからぶっつけで挑んだ牡馬クラシック初戦のGI皐月賞も勝利。2つ目のタイトルを獲得した。以降、GIでの勝ち星はないものの、その能力の高さからして、今後も栄冠を積み重ねていく可能性が大いになる。

シーザリオは、これだけの活躍馬を出しているのである。ルペルカーリアが早くから注目され、多くのファンが期待するのも当然だろう。

【友道厩舎で指名したいおすすめ5頭】

そんなルペルカーリアは現在、どんな状況にあるのか。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「まだ入厩して日が浅いのですが、友道調教師はデビューの時期について『9月27日か、10月3日の2歳新馬(中京・芝2000m)あたりを予定している』と言及。兄たちは気が強いタイプばかりでしたが、『(ルペルカーリアは)おっとりしていて、距離が持ちそう』とも話していました」

現在の馬体重は「おそらく500kgほどある」とのことで、これから本格的に追い切りを重ねていくそうだ。

また、別のスタッフからは、現時点でも相当前向きな評価が聞かれたという。トラックマンが続ける。

「あるスタッフにルペルカーリアについて聞くと、『いい馬です』と即答。『スピードがありそうで、背中の感触がとてもいい』と言っていました。加えて、『能力はありそう。気性も今のところは素直』と、かなりの手応えを感じている口ぶりでした」

現役時代はもちろん、繁殖牝馬となってからも、すばらしい活躍を見せているシーザリオ。またも新たなスターを世に送り出すのか。ルペルカーリアの初陣に注目である。

参照元URL:名牝シーザリオが送り出す 新スター候補、ルペルカーリアの可能性

3510
父がモーリスだけに兄エピファネイアのように3歳の秋ぐらいから本格化しそうに感じる。
mas太一
この血統でおっとりしてたらダメだろ
名無しさん
ダイワスカーレットやウォッカが今一つ大物を出せない中、シーザリオの繁殖入りしてからの成績が素晴らしい。ウォッカはともかく、ダイワスカーレットは所謂スカーレット一族だけに、この成績は意外。
くるりクルリ
最初の方に産まれた子たちは体質が弱くてまともな活躍ができなかったが
それを何とかしようと体質の強さに定評のあるシンボリクリスエスをつけたら
GⅠ馬エピファネイアが出た。そこまでは分かるが
その後も更に活躍馬を出し続けているのだから
やっぱり不思議な世界だなと思う。
名無しさん
シーザリオは2年おきに走る産駒が出てるみたいなので、順番でいくと今回のモーザリオはイマイチに当てはまりますが、果たして…
名無しさん
凱旋門賞制覇に期待。
Spooner
覇気がない
名無しさん
モーリスだから長い目で見ましょう