偉大なるサンデーサイレンスの系譜

国内のGIを勝ったサンデーサイレンス産駒の種牡馬一覧

日本競馬の種牡馬界で一大巨頭となっているのがサンデーサイレンス系。

中央競馬の専門紙で入社2年目から20年近く血統を担当させていただいたのだが、当時はノーザンテーストが不動のリーディングサイアーとして君臨。その後、サンデーサイレンス、そしてディープインパクトと時代が移っていった。

ノーザンテースト時代より前、1970年代はテスコボーイやネヴァービート、そしてアローエクスプレスらNasrullah系の種牡馬が大活躍していた。

しかし、Nasrullah系の種牡馬は活躍馬こそ多数出したが、自身の後継種牡馬がリーディングサイアーとなることはなかった。

それはノーザンテーストとも同じ。それどころか、サンデーサイレンスが現れる前は、後継種牡馬がリーディングを取ったのは1950年代のクモハタまでさかのぼらなければいけない(注:アローエクスプレスは中央総合リーディングは取っていないが、1980~1981年に中央+地方の総合リーディングを獲得している)。

そう考えると、後継種牡馬が3頭もリーディングサイアーとなっているサンデーサイレンスがいかに凄い種牡馬だったかがよく分かる。

サンデーサイレンスの初年度産駒がデビューしたのは1994年だが、翌年に早くもリーディングを獲得。わずか2世代で頂点に立ったことになる。ちなみに、ノーザンテーストが初めてリーディングを取ったのは4年目。ディープインパクトやキングカメハメハでも3年かかっている。

サンデーサイレンスの出現により、割を食った種牡馬も当然ながら存在する。まずはトニービン。ノーザンテースト政権が崩壊した翌年の1994年に初のリーディングサイアーを獲得。

「さあ、これから長期政権を築くか」と思った矢先、サンデーサイレンスが凄い勢いで抜き去っていった。1998年から5年連続で2位。「たられば」になるが、サンデーサイレンスがいなければもっとリーディングを積み重ねていただろう。

とはいえ、サンデーサイレンスとトニービンは同じ社台グループの種牡馬。さらに父系が違うことにより、サンデー産駒の肌に付けやすかっただけ恵まれていたかもしれない。

サンデーサイレンスより1年早く種牡馬デビューしたブライアンズタイムは、最も影響を受けた種牡馬かもしれない。この馬も2世代でリーディング4位まで押し上げたスーパー種牡馬なのだが、リーディング争いではサンデーサイレンスに全く歯が立たず。

種付け頭数がサンデーより少なかったし、繁殖牝馬の質も違う。ヘイルトゥリーズン系の同型配合ということで、サンデーの肌に付けづらかったのもあるだろう。12年連続で3位以内だったが、結局一度もリーディングを取ることはなかった。

ちなみに、ノーザンテーストが最後にリーディングを獲得した1992年、トップ10に入った後継種牡馬はアンバーシャダイの1頭だけ。しかし、サンデーサイレンスはリーディング最終年にアグネスタキオン(2位)、ダンスインザダーク(3位)、フジキセキ(5位)、スペシャルウィーク(8位)、そしてアドマイヤベガ(10位)の5頭がランクイン。この時点で「サンデーサイレンス系」は確立されていた。

その「サンデーサイレンス系」だが、後継種牡馬は優に100頭を超えている。その中からGIを勝ち、なおかつ日本で繁殖入りした種牡馬をリストアップ。これらを年代順に並べ、次回以降は見ていく。

参照元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00010000-spaia-horse

名無しさん
100頭も後継種牡馬がいるなら、一頭ぐらい故郷のアメリカに戻してあげてもいいじゃん。
どうせ、日本では血が濃い過ぎてとっかで、行き詰まるんだし。
名無しさん
一時代を築いて栄華を誇ったノーザンテースト系は直系種牡馬がいないんだよな
名無しさん
ノーザンテースト時代といっても、圧倒的な印象は無かった。それはノーザンテースト産駒のG1ホースの数を見れば分かる。ダービー馬はダイナガリバー一頭だけ、オークス馬はシャダイアイバーとダイナカール、天皇賞春アンバーシャダイだけのはず。今の社台系が競馬界を席巻している状況とはかなり違っている。
名無しさん
忘れられてるダイワメジャー産駒・・・
カレンブラックヒル(NHKマイル)
コパノリチャード(高松宮記念)
アドマイヤマーズ(朝日杯、NHKマイル、香港マイル)
D.Harry
サンデーサイレンス、トニービン、ブライアンズタイムが席巻してた中、ラムタラを日本に連れてきたときは日本競馬がどう変わっていくのか楽しみでしかたなかった
まさかあそこまで活躍できないとは…
名無しさん
日本の競走馬の血統表が全てカタカナになる日が近いな。
名無しさん
ダビスタ世代だと、リアルシャダイは?って思ってしまう。
名無しさん
ノーザンテーストは後継はいないけど母の父としては、めちゃめちゃ優秀だよね
傾向的にディープもそうなりそう。。
名無しさん
僕の中では2004年のダービーと同じく種牡馬でもキンカメとハーツのワンツーですね。
名無しさん
サンデーサイレンスは凄かった。
肌の長所を生かすので日本の馬場に合ったし、
欧州ならその国の肌を生かして程度の差はあれ同じように成功したと思う。
でも孫の世代は馬場を合うように弄ってるから成績の通りには評価出来ないし、ジリ貧だよね現状。
仕事やる気ない
サンデーまでは、日本では一つの系統が長く続くことはあまりなかった。
逆に、サンデーは日本の競馬にベストマッチだった。
特にディープ系やハーツ系。
今はキズナのように孫が活躍し始めた。
サンデー系がどこまでいけるか。
まだまだいけるだろう。
ステイ系にも頑張ってほしいね。
名無しさん
サンデーサイレンス以上の凄い種馬を探してくるんだろうな。
名無しさん
過去のリーディングサイアーは、直仔種牡馬がリーディングサイアーになるどころか、サイアーラインすら残っていない。
それを考えると、サンデーサイレンスは稀有な馬だったと思う。
名無しさん
カナロアも307とか種付けした年あったし短命なんだろうな
名無しさん
今も何頭かは出てるだろうが、今後サンデーのクロスが当たり前のような時代が来るのだろうか。
LOW
ダビスタでいろんな事知った。
新作出て欲しい。
名無しさん
ウォーエンブレムをサンデーの後継として、かなり期待して導入したのをテレビで見た。
名無しさん
ノーザンダンサーの入っていないネオユニヴァースをもっと大事に扱って欲しかった。
ヴィクトワールピサなんか名も売れてますし、サドラー王国のヨーロッパに持っていったら良質牝馬に付け放題だと思うのですが、需要がありませんかね。
名無しさん
サンデー産駒の種牡馬は多くなおかつ世界に通用するレベルだが、問題となるのはその後。まだサンデー直仔が勢力として強く、孫世代の種牡馬(オルフェーヴルやヴィクトワールピサなど)が陰に潜んでいる。
ひき逃げ事故の被害者(後遺症有り
ディープの牡馬の早熟ぶりを見ると、サイレンススズカ産駒がいればなと思ってしまう。
晩成型の種牡馬はハーツクライがいるけど、ノーザンダンサーの入っていない彼には更なる可能性があったと感じる。
スピードの持続力、逃げ馬としては唯一の瞬発力は他に類を見ない。
名無しさん
凄いね
血統コメントが熱いわ
名無しさん
フジキセキ産駒って穴開けまくったイメージ
名無しさん
リアルシャダイも忘れちゃいけない。ライスシャワー、ステージチャンプ、ハギノリアルキング、オースミシャダイ、ムッシュシェクルと名ステイヤーが生まれた。
名無しさん
サンデーにトニービン、産まれた当初は期待されていない馬だったのに凄い下剋上だ。
名無しさん
トニービンは早死にしてしまったから、健在だったり今のサンデーばっかりは多少薄まったと思う…
名無しさん
ダンシングブレーブ~キングへイローの流れで後継馬が出来ていたらLYPHARD系の確立でサンデー系にもつけれてニックスもあるから面白かったと思う。キタサンミカヅキに期待するしかないかな。