【横山典弘×デットーリ】日英の名騎手対決が待ち遠しい

横山典×デットーリ 日英の名騎手対決が待ち遠しい

【競馬人生劇場・平松さとし】先月はほぼ1カ月イギリスにいた。その際、L・デットーリ騎手に時間を割いていただき、インタビューをさせてもらった。

帰国後の今週半ばには美浦トレセンで横山典弘騎手に久しぶりに長い時間をとっていただき、話をした。横山典騎手は先週、トロワゼトワルに騎乗して京成杯AH(G3)を見事に優勝。以前、差して勝ったことのあるこの馬で、前半の半マイルのうち3ハロンにわたり10秒台のラップを刻む逃げ。普通に考えれば相当の速いペースで、事実、2番手以下の馬たちは誰も追いかけて来なかった。他を突き放しての逃走劇となったわけだ。

【2019年 京成杯AH レース映像】

外野からは最後まで持つのか?と見えたレースぶりだったが、バテるどころかセーフティーリードを保ったまま1分30秒3のレコードタイムで逃げ切った。

「普通に考えたら速いのかもしれないけど、馬と会話をしながら感性で乗りました」

たびたび我々ファンをアッと言わせる好騎乗を見せる大ベテランはそう語った。“さすが”である。

そんな横山典騎手が現在楽しみにしているのが、デットーリ騎手の久々の来日だ。そこでデットーリ騎手のインタビューやその騎乗ぶりを思い起こすと、2人の言動や手綱さばきに共通する点が多々あることに気付かされる。

凱旋門賞3連覇を目指すエネイブル。現在世界最強と目されるこの牝馬をデットーリ騎手は前走では逃がして、前々走では追い込ませて、いずれも勝利に導いている。

競馬の世界ではよく馬7騎手3などといわれるが、彼らの手綱さばきを見ていると、時にはその割合が真逆になるのでは!?と感じさせる。デットーリ騎手が来日するのは11月あたりになりそうだが、早くも日英の名手の対決が待ち切れない。2人から話を聞いてそう思った次第である。

参照元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00000028-spnannex-horse

名無しさん
デットーリ来るのか
楽しみだな!
名無しさん
今年の秋の東京は楽しみ。
それまで少し休もうかな。
名無しさん
横典をヘタとは言わないが、世界のデットーリと同列に語るんじゃないよ。
天と地、月とスッポン、東京スカイツリーと二階建てアパート、くらいの差があるから。
名無しさん
前方ポツン後方ポツンがあるから馬券を買いづらい騎手の代表格
名無しさん
ノリちゃんとフランキーの対決かあ。
楽しみです。
あと日本の若手ジョッキー、フランキーやムーア等の騎乗が生で見れるんだ。勉強して将来の為に頑張って欲しいです。
正義の味方
ノリちゃんには競馬ファンみんな翻弄されまくり
名無しさん
その肝心な2人の共通点が抜けている。
名無しさん
デットーリジャンプを見れるのか。楽しみだな。
名無しさん
本当の名手デットーリと比べるのはあまりに失礼
横山はたしかにヤル気出した時は上手い騎手やけど
スタートから全く何もせずにゴールなんてのがよくある
重賞しか見ない人間にはわからんと思うけどな
名無しさん
これは完全にやり過ぎ記事だろ。今の横典の騎乗をみて比べるのはちょっとな。そりゃたまにハマるレースなどどの騎手でもある。今の横典はただのベテラン。
名無しさん
平場レースも買ってると「横典なんでぶっ飛ばすんや」とイラッとさせられることもある。ただ、こういう好騎乗を見せてくれるから楽しい騎手なんだよね。
ちょいちょいポツンやったり、追わなかったりして不可解なレースをする騎手ではあるが、好騎乗をした時のインパクトがあまりにも強烈だから名手のイメージが鮮烈に刻まれる。
ただ、馬券を買う時はルメールさんのように安定感のある騎手から買わないと損しちゃう(笑)
名無しさん
とりあえず今年これから短期でくる騎手まとめてほしい 超楽しみ
名無しさん
ノリはJRAの方針に従ってエージェントをやめてから、なかなか馬には恵まれない。
分かってない奴から、やる気がないとか叩かれているが、勝ち負けできるレベルの馬に乗った時のノリの騎乗は他の騎手とはレベルが違う。
エージェントのお陰で勝ってる奴らよりも、ノリが馬に恵まれて欲しいね。
名無しさん
豊さんは馬の気持ちなんかわかるわけない
横典さんは馬と会話しながら走る
ベテラン2人でここまで両極端なのも面白い
しかも2人とも結果を残してる
名無しさん
ノリさんの
前ポツンはかなり怖い!
名無しさん
横典VSデッドリーって
降り方だけマネしてるだけじゃん
tak
ノリね〜。確かに差し追い込みの馬を逃げ先行して奇襲が成功することもありますけどね。イメージ的には極端な追い込み騎乗と、勝つ時の割合は圧倒的に逃げ先行が多いイメージですね。ましてや中段から勝つイメージがほんとに少ないです。僕的には技術は「?」です。それに本気を出した時はうまいって聞かれますけど、一生懸命、陣営が調整してきてるのに、本気も何もないと思いますけどね。常に全力でないと失礼だと思います。
名無しさん
ホントベガが無事だったら、もっと凄い騎手になっていたんじゃないかな。
馬が嫌なら無理なことしないし、繊細な人なんだと思う。
名無しさん
ノリとデットーリで記事書くならフライングディスマウントに触れないと
名無しさん
JRA及び藤田菜七子騎手所属プロダクション御中
こういう名勝負が生まれそうな場に菜七子を押し込んで来るのは止めて頂きたいと思います 興ざめしますby往年の競馬ファン一同
中央に寄り過ぎ
???「和製デットーリことヨットーリは横山君じゃなくてオレ。」
名無しさん
ノリは理論ではなく、感性で乗る騎手なので、素人には理解できない部分はあり得る。
名無しさん
平場も重賞も横山典を本命で買わない
名無しさん
昔アンチャンの身で「この馬が一番強い」とスポーツ紙にデカデカと出ていた頃が懐かしい。いい馬にコンスタントに乗れればリーディング上位常連。重賞も常に人気。関西馬が隆盛を誇った90年から00年台、豊騎手とがっぷり四つで渡り合い関東に横山あり、と。
今でいうルメール騎手や川田騎手と同様の有力馬での騎乗機会。連対率、複勝率は凄かった。
腕で言えば、ナリブーを差しきったローレルの春天やトロットのマイチャンなど枚挙にいとまない。何よりダービー2回取っている騎手。
ヤングジョッキーでデッドーリと一緒に乗ってお互い親交を深め、デッドーリのジャンプアウトを横山騎手もインスパイヤされて、大きな舞台の勝利では必ず決めるエンターティナーな面もある。
他方、メジロ牧場展を東京競馬場博物館で企画するなど昔の馬主への感謝も忘れない人。
騎乗は少なくなったが先週のような鋭い騎乗観で私達をいつまでも楽しませて欲しい。
名無しさん
個人的には横典はもっと評価されていい騎手だと思ってます。
特にセイウンスカイの菊花賞、あの美しいラップにはただただ素晴らしいとしか。