【JRA競馬】社台ファーム代表の吉田照哉さんと2人の名騎手

【JRA競馬】社台ファーム代表の吉田照哉さんと2人の名騎手

今年74歳になる社台ファーム代表の吉田照哉さん。ノーザンテーストを探し、サンデーサイレンスの交渉にあたるなど日本競馬への功績は数限りないが、私は2人のジョッキーを育てたことも大きいと思う。その1人が武豊騎手だ。

>>【社台スタリオンステーション】競馬界の勝ち組となった分岐点

武豊騎手がデビューした頃、社台グループが預ける厩舎は今のように多くはなかった。松山吉、松山康、二本柳俊、栗田博、矢野進、小林稔、渡辺栄ら。名門であるが、そこには所属騎手がいて武豊騎手はそれほど縁がなかった。

ところがデビュー8年目の1994年に照哉さんから電話が入る。「武さん、キングジョージに乗らないか」。

同レースで1番人気になったホワイトマズルへの騎乗依頼。フランスのスキーパラダイスにも乗せ、武豊騎手は同馬で初めて海外G1(ムーラン・ド・ロンシャン賞)を制す。

その後、武豊騎手は国内外で社台グループの馬と大レースを勝ちまくるのだ。

【セレクトセール2020 吉田照哉市場長インタビュー】

照哉さんの力を得たもう1人が蛯名正義騎手だ。師匠の矢野進調教師に連れられて、見習いの頃から照哉さんから競馬を学んだ。

95年の天皇賞・春。ステージチャンプでG1にあと一歩まで迫り、96年の天皇賞・秋、バブルガムフェローでのG1初制覇、そして皐月賞馬イスラボニータも馬主は系列の社台レースホースだ。

けっして優しいだけではない。ある時パドックで3人と一緒になった。

照哉さんは「きみは最近、しょっちゅう出遅れるよなぁ」と武豊騎手にピシャリ。武豊騎手がすいませんと去ると、私に「もう一人、スタートが下手な騎手がいるね」とニヤリ。今度は蛯名騎手が謝って去った。

ただ乗せるだけでなく言うことは言っていた。

大事に育てた2人のうち、蛯名騎手は引退して調教師になる。いつの日か社台ファーム生産、蛯名正厩舎、武豊騎手でG1に出てほしい。

その馬には3人の30年以上にわたる競馬への情熱が詰まっているはずだ。

参照先URL:2人の名騎手を育てた吉田照哉さんの功績【本城雅人コラム】

名無しさん
武騎手にはまだまだ頑張って貰いたいですね。
幸四郎厩舎、蛯名厩舎、夢があります。
ただケガだけはお気を付けて。
名無しさん
俺も、社台グループ吉田ファミリーに産まれたかった。
名無しさん
照哉さんのデットーリが乗ったら5馬身違う!
って言ってたのが
自分の中で競馬格言として今も心に残ってます。
名無しさん
豊さんには凱旋門賞勝って欲しい。
もちろん日本の馬で!しかも私の好きな
エアグルーヴが血統表に載れば最高だ!
名無しさん
超セレブ
名無しさん
今は社台、ノーザンの独り勝ち。健康寿命5年の今、日本競馬全体の発展に貢献して欲しい。金は持って死ねません。
名無しさん
照哉さん個人名義で蛯名厩舎、武騎手をヨーロッパのウイナーズサークルで見てみたいなぁ
名無しさん
仮に2人が老化で失脚しても、次に支援する騎手を外国人に求めて欲しくなかった、「吉田運動会」は仕方ないけど・・・
ルメールばかりじゃつまらんのよ
名無しさん
武豊騎手や蛯名騎手には記事の通りですが、一方でJRA騎手全体に対して厳しさをもって見られています。2006年ごろの業界紙に地方海外問わずいち早く騎手の門戸開放を訴えておられたのが印象的でした。
gmd
イメージは人情味の兄貴、冷徹な勝負師の弟って感じ。晴哉は知らん
名無しさん
吉田照哉さんと岡田繁幸さんの友情物語も面白いですよ
結果に差は付いたけど、根っこでつながってる
名無しさん
社台の社台による社台のための競馬。
名無しさん
父親が偉大過ぎると、その息子たちは大概ダメになるものだが、照哉さん、勝己さん、晴哉さんの3人は、それぞれが自分のカラーを出し、競いながらグループの規模拡大と日本競馬会全体の底上げに貢献してきた。照哉さんはいつも冷静そうに見えるが、兄弟の中で最も負けず嫌い。一番善哉氏に似ている。勝己さんは最も研究熱心でクレバー。ノーザンファームが勝ちまくっているのは、彼の馬作りへのこだわりがあるからだろう。晴哉さんもG1レーシングで兄2人に追いつこうと頑張っている。お世辞抜きで凄いと思う。
名無しさん
蛯名の出遅れは一部ではESPとか言って伝統芸みたいな扱いしてたな
懐かしい
名無しさん
やっぱり凄いのは父の善哉さん
社台グループのサンデーサイレンス
名無しさん
吉田家の競馬貢献度は本当に凄いと思うが、社台グループのための競馬になっていてつまらない。
種付け五十頭くらいで制限でもしたら、少しは面白くなると思うけどなぁ。やり過ぎちゃったディープのためにも。。。
名無しさん
社台RHが最近パッとしませんので、息子さんの尻も叩いてやってください。
名無しさん
競馬界で巨大なグループに成長してしまい、中距離のG1なんかは社台の運動会など揶揄されて悪者になりがちだけど、お父さんと一緒にSSを導入した功績、影響は計り知れないものがある。
上上下下左右左右BA
巨大すぎて悪し様に言われる事も多い社台グループだけど、経営努力の結果なんだけどね。
むしろ今の競馬界は半分とまではいかなくても、かなり貢献しているのは事実。記事中にもあるがサンデーサイレンスの導入が無ければディープインパクトだって産まれていなかった。
もっと敬意を払われて良い存在だと思う。
名無しさん
照哉はホースマン、勝己はビジネスマン
名無しさん
社台ファームの不振にも突っ込んでくれよ。
princess-aurora
どの業界もそうだけど、
寡占はその世界をつまんなくするというのが私の認識。
だから社台と武豊一色になった頃から、
中央競馬とは距離を置く様になりました。
でも、競馬は好きだから、
馬券購入のほとんどが地方競馬になってしまった私。
そこにも社台の影はあるけど(苦笑)
まぁ、中央で買うのは、
鮫島ブラザースの馬券くらいかな?
これだって佐賀繋がりからの話し。
だったら川田さんは?と言われるだろうけど、
オッズ的にあんまりうま味がないからね川田さんは、
だからほとんど買いません。
なので今週のフェブラリーステークスは
久しぶりに胸踊るG1
エアスピネルと鮫島克駿は来てもおかしくないですよ。
名無しさん
随分中身がないコラムですな。これでお金貰えるとはうらやましい限り。大レースに乗せただけで育てたことにはならないよ。蛯名も武も元々うまい。岡田さんと柴田みたいな関係だったら成り立つコラムだと思うけどね。コラムニストはなんでもこじつけて文章作るからな。文章作るのがうまいだけでその分野の造詣が深いのとは違う話。
名無しさん
ぜひ社台グループから凱旋門賞をはじめとする欧州ビッグレースを勝つ馬を生産して欲しい。そしてできることならその鞍上は武豊で調教師は蛯名が良いです。
名無しさん
きみは最近、しょっちゅう出遅れるよなぁ>たかが馬術部が偉そうに言うな(仕事の出来る騎手は馬のせいにせずすみませんと謝る)
※※※
そういう割には、社台の馬で大きいところを勝った騎手が
調教師になってもバックアップしないよね。
それより、足しげく社台詣でをする調教師に良血を預ける。
多分、蛯名厩舎にも大した馬は廻ってこない気がするし
四位さんのところも大した馬は預けないと思う。
名無しさん
彼らは2世だけど、
立派なリーダーになりました。
日本競馬の発展に貢献したと思います。
蛯名の凱旋門2着は本当に惜しかった。
正直、いろいろあったにはあったようですが、
このチームで凱旋門にチャレンジしてほしい。
名無しさん
吉田善哉氏が築き上げた社台ファームを、更に大きく飛躍させた吉田3兄弟。
照哉氏が以前テレビでジャパンカップ予想をして、外国の推奨馬が見事に勝ったのをよく覚えています。
近い将来、それぞれが次の代に引き継ぐわけですが、社台グループがどうなって行くか興味津々です。
ディープインパクトとキングカメハメハが居なくなりましたし、これからまた変動期がやってくるのでしょうね。
名無しさん
宮本輝の「優駿」に若い頃の照哉さんがモデルと思われる登場人物が出てくるが、やはり真摯に馬作りに向き合ってましたね。
照哉さん個人というより、吉田家の功績が大きいですね。
名無しさん
たしかに企業努力も素晴らしいしノーザンテーストとサンデーサイレンスを筆頭にリアルシャダイやトニービン等海外の血の導入も積極的に行い今の日本馬の強さに貢献したのはわかる
でも日本古来の血統を簡単に絶滅させ今のサンデーサイレンスの血の飽和を生み出したのも事実
たしかにラムタラの失敗で日高が自滅してしまったのもあるけども企業努力って名の下にサンデーの威光を背景に他牧場を駆逐してしまった
競馬界全体の発展の為と吉田一族はインタビューでも答えているがそれならサンデーの種付けの数をもっと制限してサンデーの後継種牡馬の選定ももっと厳しくするべきだった
そうすればグループ内にいたマックイーンやテイオー等にももっと良質な肌馬を当てれたはずだし
サンデー付けときゃ走るんだし勝ちたいからサンデー付けるわってのもわかるが
競馬ブームに沸いた時代の競走馬の子孫がほぼ残ってないって異常だと思うけどな
名無しさん
一極集中で一部の騎手と枠埋めるその他になった逆の一面も
武全盛から地方組に、そして外人騎手に一掃されたわけで
中央競馬の騎手レベルの「質の低さ」を産み出した責任も小さくはないでしょう
名無しさん
種牡馬に対する目の良さが一番でしょ
返信ご無用でお願いします
閉鎖的だった馬産業をオープンにしたのも社台の功績の一つ。昔は庭先取引も多かったから馬主になりたての人は金を持ってても目当ての馬に巡り合いにくかった。コネが強い時代に海外に負けない馬産を目指してセレクトセールを作り上げた。金さえあればいい馬が手に入ることで馬主になるハードルが下がり、馬産業の活性化にも繋がった。
名無しさん
いまの競馬は社台、とりわけノーザンファームの運動会などと揶揄されたりするが、海外競馬で勝負になる馬が出てくるようになったのは社台グループの努力が見逃せないのは事実。
名無しさん
初めてダイナガリバーで東京優駿を制した時、子供の様に泣きじゃくっていた吉田善哉総帥を、「あんたはこの先日本ダービーを沢山勝つんだから、そんなに泣かないの。」と宥めていたのが、メジロ軍団総帥の北野ミヤ氏だった事は知る人ぞ知る逸話。
本当に善哉総帥はノーザンテーストとサンデーサイレンスと言う一時代を築いた種牡馬を導入した功績は本当に日本競馬界に於いては相当大きかった。
確か照哉氏の話だと、SSを購入出来たのはかなり偶然の賜物だったらしく(詳細は忘れた^^;)、その辺は"持ってる"一族だなと感じた。
何だかんだ言っても、現在の日本競馬を支えている屋台骨が吉田一族である事に変わりは無い。
名無しさん
豊と照哉さん、昔はほんとに蜜月という言葉以外見つからないくらいに仲良かったのにね。
ダンスファンタジアとかいう駄馬のおかげでケンカしたと思うと今となってはバカバカし過ぎる話だわ。
名無しさん
19歳で日本に連れてこられたミルコ・デムーロも、吉田照哉氏が育てた部分がある。
(˘ω˘)
馬で稼いだお金は馬に還元。
どこぞの大金持ちが気まぐれに参入して荒らし回ってるわけじゃないからねえ。
クロスボーン
豊を干した理由を何故書かない。
表向きだけ書いてもね。