デジタル競走馬が暗号資産の新たなトレンド!?オンライン競馬ゲーム「ZED RUN」

デジタル競走馬が暗号資産の新たなトレンド!?オンライン競馬ゲーム「ZED RUN」

デジタル競走馬のレース、売買、繁殖が、暗号資産の新たなトレンドとなっている。

デジタル競走馬は、NFT技術に基づいており、最高12万5000ドルで取引されている。

暗号資産はバブルであるとの懸念をよそに、デジタル競走馬の人気は高まっている。

暗号資産ブームが巻き起こる中、ブロックチェーン技術に基づいたデジタル競走馬が12万5000ドル(約1350万円)で売れた。

オンライン競馬ゲーム「ZED RUN」では、デジタル競走馬をレースに出場させたり、取引したり、繁殖したりすることができる。

個々の馬は血統が異なるので唯一無二のものであり、プレーヤーは非代替性トークン(NFT:non-fungible token)と同じ方法で馬を購入して所有し、その所有履歴やレース結果は馬のブロックチェーン・コードに登録される。

ZED RUNはイーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン上で動作する。

2019年のサービス開始時には、馬の価格は30ドル(約3200円)程度だったが、今では最高12万5000ドルで取引され、通常でも1万5000ドル(約162万円)を超えるものが多い。

これまでに約1万1000頭の馬が販売され、さらに8000頭の馬がゲーム内で繁殖されている。さまざまな厩舎が血統の配合を考え、名馬を生み出すべく繁殖を行っているのだ。

NFTは急成長中の暗号資産形式で、画像、音声や動画など、交換することのできないユニークなデジタルデータが購入できる。

これらはオンライン上で誰でも見ることができるが、所有できるのは1人だけであることから、コレクターズ・アイテムとして保有されることが多い。

ZED RUNでは、プレーヤーは数ドルから数十ドルの出走料を払い、持ち馬をレースに出走させ、勝つと数百ドルの賞金が得られる。

プレーヤーは、エントリー前にオッズを見ることができないため、自分の馬の特徴やレースの履歴に基づいてレースに参加することになる。

参照先URL:暗号資産ブームは衰え知らず…ブロックチェーン上のデジタル競馬が活況。10万ドル超の名馬も

名無しさん
これ税務署も大変だな
名無しさん
仮装通貨に投資するのは愚か者。賢者は仮装通貨の基幹技術に投資する
と、数年前にアメリカの投資家が言っていました。
マイニング用途で製品が売れまくった某社の株価とか見る限り、そっちの方が堅くて安全に儲かった。昔、ゲームでお世話になったのに軽く見て済まなかった。
名無しさん
こんなものを競馬と同じにされるとなんか腹立つな
名無しさん
人類は信用創造の究極の姿を作り出した。仮想世界で価値ある魔法呪文を作れば億万長者?
名無しさん
このタイミングでローンチできている企業は勝ち組かな。
これから乗ろうとしている企業は総じて負けるでしょう。
名無しさん
>ZEDRUNはイーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン上で動作する。
なのに登録料なり賞金なり名馬の譲渡が法定通貨である米ドル決済なのかよw
名無しさん
1口馬主の方が楽しいと思う。デジタル馬って味気ない。コロナ前はパーティーで騎手や調教師の話を聞けたりしたので良かった。競馬場でのリアルタイムの観戦はとても面白いし、
競馬snsでの交流も楽しい。
名無しさん
「人間」が、アバター化していきませんか?
アツモリを始めとして「人間」の本体は「カプセル」に寝ているだけ、「意識」だけが「凡ゆる望みの体験が出来る」、事故や犯罪や悲しみやイジメに遭遇しない、これこそが「究極のユートピア」、正に「夢の国」だね?
名無しさん
暗号通貨は何時でも、泡のように消える可能性がある
柿※※一
競馬好きからしたら味気ないだろうけど、ムチ打って死ぬまで走らせるよりは良いのかもね。